月別: 2014年6月
【苦しめTAROお仕事LIVE】

2014/06/10(火) 08:31

飲み会で

会社の飲み会で、スタッフに言われる。
「今回の本は、難しいですよー」

そうかな~?と思う。
あれ以上易しくしちゃうなんて、ありえんな~とつぶやきつつ、10年前を思い出した。

10年前の処女作は、読者の想定をかなり落として書いた。
今回の本では、読者の想定をどこに置くかで一日ほど考えた。
一応処女作の改定も狙っているから、あまり離れた読者像で書くのはうまくないかな?と思ったからだ。

それで、処女作を開いて見た。
書いてから初めて開いたと思う。
そして、思った。
「あまりにも読者をバカにしていないか・・・」

こんなに読者の想定を落とすのはあり得ないことだ。
時代の雰囲気もあって、これを選んだけれど、当時もだいぶ悩んだことを思い出した。

「わかりやすさ」ということが言われる。
ある程度は正しいと思う。
しかし、落としすぎるのは違うだろう・・・と思う。

ニーチェは、「これ全然わからないだろー」という気分で本を書いた。
彼の狙いは、価値転換。すごい挑戦だと思う。

読者の想定はあっていいが、合わせてしまったらおしまいだと思う。
4度の連続で音程が上がっていく流行歌みたいに見た目だけを追いかけても仕方がない。

そんなわけで、スタッフに言った。
「別に、本など書く必要もないのだから、これ以上に品質を落とすくらいなら、本など書かんでいい」
「俺は、書くより、先哲の智慧を拝ませていただくほうが好きだ」

一応、今回は、私なりの分子分母論を狙ったのはそこら辺の気分がある・・。

【TAROの日記】

2014/06/09(月) 08:33

言語化

疲れがとれない・・ということに気分がフォーカスしていることが多くなってきた。

一週間の出張から帰ってくると、もう何もする気がしなくて、ウダウダしながら原稿を書いている・・という休日がけっこう続いているような気がする。
そういう日は、あまりアクティブでないから気分も晴れない。
そして、そんな気分だと、好きなことをしていても、あまり乗らない。

そんな2日間を過ごした後の平日、最初の出勤は何か気分がいい。
こういうのがメリハリというものだろうか・・・・・・。

会社の机の上は相変わらず混沌としていて、今の私の頭の中をよく表している。
ここ数日、言語化できない気分の言語化をしようと必死だったけれど、もう間に合わない。来週は『VIPミーティグ』だ。仕方がないので、これから言語化できるところまででコンテンツを作る。

言語化できていないことは、実際に起きてしまうと、説明ができるようになってしまう。
でも、その前の、なんとも言えない気分の時に、少しでも言語化できないかといつも悩む。
今は、それが頂点になっていて、机も頭も混沌で、しょせん、言語化できることなんて限られているのだ・・と諦めるのだった。

未来は、しょせん、何も言語化ができない。それは日常でもそう。それが唯一の真なんだろうなー

【TAROの日記】

2014/06/02(月) 08:29

犬がおかしくなった

週末は、妻がいなかった。
普段、そういう場合には、犬を近所のショップに預けている。

しかし、何を思ったか、息子が「おれが面倒見るよ」と言ったので、犬2匹と男2人の2日ばかりの生活となった。

結果、一匹は、超センシティブになり、
一匹は、凶暴になった。

まるで、行動心理学の実験みたいだ。

妻は帰ってきたけど、犬の調子はすぐには戻らないらしい。
一匹は、キュンキュンとうるさく声を出してウロウロを続け、一匹は孤高を守っている。

二度と男二人に犬を任せないと妻は固く誓ったようだ。
一回だけ、ランニングのお供に連れて行った私としては心外だが、結果を見ると何も言えない・・。

今日から1週間出張だ。
何の懸念もなく仕事に出られるのはありがたいことだ。

2014年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページトップヘ