日別: 2013年9月9日
【TAROの日記】

2013/09/09(月) 08:28

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブをビルボードライブ東京で見る。
おそらく最後になるであろうオマーラのボーカルを見るためである。

実は、1998年にキューバに行った時にもブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブを見た。
体育館のような場所で食事をしながら見た。
食事は、肉を筆頭にどうにも食えない料理が出され、酒だけ飲んでいたと記憶する。
あのオリジナルメンバーで出演したのは一人だけで、後は全体的に若いメンバーで、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブも観光の一つになっていると理解した。

そのキューバで見た若いブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブとは別物が目の前にいた。
リズムがまったく違う。
何なのだ、この何とも言えないアフタービートは・・。
オリジナルメンバーも数人いたように思う。

そこに、オマーラが現れた。
83歳。
彼女がステージに現れただけで、場ができる。
もの凄い存在感。
そして、変わらぬ声。
会場は興奮の坩堝と化していく。
もちろん演奏も乗ってくる。

円熟・・・などという言葉を、私は使える立場にないが、こんな風に熟れたい・・と思った。
最後は、存在感だけでいいのだ。

そんなことを考えていると、ペラペラしゃべるのが馬鹿らしくなってくる。
いれば、それでいい・・・ってのでないと人間はダメである。
しかし、そんなことを考えている男が本を書いている。
ペラペラと語っている。どうにも薄っぺらいではないか!

「目覚めよ、パリ!」
『ポンヌフの恋人』のラストシーンで、レオス・カラックスが叫ぶ。
アレックスたちは、老人の船に乗り、ポンヌフから旅立つ。
若者も年寄りも旅立つ。
終わりはないのだ。
老人夫婦と若者たちを乗せたボートは、どこへ向かうのか?
オマーラは、そんな船に乗せてくれたような気がする。
いつものやり方を続けていてはいけない。
形式美などクソ食らえ、である。

自分をさらに世界に投げてみようと思った。
ハイデガーが言ったのは、おそらく、自分を投げろ!と言ったのではないと思う。
世界の企てを投げろ!と言ったのだ。
でぇ、世界の企てなどクソ食らえであるけれど、自分を投げなきゃ始まらない。
自分を投げることは、世界の企てを投げるということなのだ。

世界よ勝手にしろ!オレも勝手にする。
パンタの「さよなら世界夫人」が頭のなかで鳴っている。

2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページトップヘ