月別: 2008年4月
【TAROの日記】

2008/04/15(火) 05:37

飛行船(2)

どうもレッドツェッペリンは再結成ツアーを敢行する模様。
それとはまったく関係ないけれど、乗った飛行船の名はツッペリンNT号。

何も過去に落ちた飛行船の名前をつける必要はないのでは?と持ったけれど、”日本丸”とか”21世紀号”なんてのではどうかと思うし、”クリスタル・エア号”とか”ワンダフルライフ号”なんてのでも困るので、これでいいんでしょう。

ネーミングは素直が○です。

【TAROの日記】

2008/04/14(月) 05:36

飛行船(1)

今年の『ワイガヤセミナー』は飛行船の上で挙行!!

大阪上空を12名乗りの風船で飛ぶというのは贅沢。
一人あたりの乗船額は軽く海外旅行に行ける金額。

それをニュースレター投稿者6名にプレゼント(1名欠席)。

よーくわかったことは、飛行船に乗るということはちょいとしたセラピーだってこと。

それを予測して課題をみなさまに与えたのだけど、想像以上にそうでした。

【TAROの日記】

2008/04/11(金) 05:50

境界線(5)

「ひきこもり」になったことがないので、よくわからないけれど、あれは「自分」という病気の保存本能なのかな?

境界線があやふやになるのって怖いから、一生懸命ひきこもって自己保存しているのかもしれない。

でも、境界線があやふやで、動くと自分がばらけてしまいそうだから、じっとしているのかもしれない。

まぁ、そのどっちもなのだろう。

では、個人的には、前者よりも後者が好き。
境界線があやふやで、それがあやふや過ぎちゃうので、じっとしているというのには可能性を感じる。

ところが、あやふやになるのが怖くて、じっと安定を保っているとすれば、その先には滅びしかない。

ひきこもっていなくても、そんな感じの人はたくさんいる。

・・・・・・・・と「自分」という境界線のあやふや感を感じたら、思ったのだった。

田舎は、これからが桜の時期。
桜の花が織りなす境界線のあやふやは、酒の肴に良い。形を守ったら終わりなのだ。

自分に起こるあやふや感は怖い。でも、これが生きるということなんだね。

【TAROの日記】

2008/04/10(木) 05:49

境界線(4)

私という病気のことを考えていたら、会社も病気のような気がしてきた。

そう考えると、トヨタという病気はなんか凄みがある。
もし、あれをみんなが病気と認知したら、ゴジラみたいなものだな。

会社にも境界がある。
経済学では、会社の境界というのは重要な概念だ。

しかし、この境界もあやふやだ。
と言うか、境界があやふやな会社の方が業績が良いときたもんだ。

そういえば、昔、ヘドラという怪獣がいたよな。あれは、境界があやふやな怪獣で、1971年にゴジラと戦ったオタマジャクシだった。

きっと、トヨタというゴジラと戦うのはヘドラのような会社だ。
まぁ、映画ではヘドラは負けちゃったけどね・・・・・・。

【TAROの日記】

2008/04/09(水) 05:41

境界線(3)

「自分」という境界線のあやふやが極端になる病気に統合失調症というのがある。

その病の中で安定すると、チャネラーやらイタコやら教祖様になってしまう場合もある(教祖様たちの全部が病気だと言っているわけではありませんからね)。

しかし、そうした病が本当に病なのかどうかはわからない。

芸術家の創作は、こうした境界線の危うさから生まれる。

「自分」が、ガチンと確立していると創造性は生まれない。

だから、安定している方が病の可能性がある。

私とは、きっと病気なのだ(あらら、中村うさぎじゃないか!)。

2008年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページトップヘ