月別: 2006年1月
【TAROの日記】

2006/01/19(木) 10:57

恒例、「年頭に頭を使う会

山の中で、総勢41名。
日常から離れて、根本から仕事を考える会。

昨年の計画は全て実現したという剛の人をはじめとして、みなさま、未来の見方が板についてきたみたい。
意識と無意識。無意識と意識。世界は、両者を区別しないで流れる。
プラスとマイナス。マイナスとプラス。世界は、両者を同時に発生させる。
なんだか、ジェダイの修業のようだけど、ここがわかっているとわかっていないでは大きな差。

大きく動くために、止まってみる。
人によっては、一度後ろに下がる人もいるだろう。
でも、その方が間違いなく、勢いがつく。

かならず、「体を大事にね!」と言って明日分かれることになるだろうけど、今は参加者全員が頭に汗をかきかき、もがいている最中。

んーーーーー、今年も良い年になりそうです。

【TAROの日記】

2006/01/18(水) 01:32

ライブドアショック

いやースゴイですね~。
昨日午前は強めだったけど、マネックスの担保証券はずしの通知から一転まっさかさま!!!

おかげでおいしい価格になってきたものもあれば、「おいおい!どこまで落ちるねん」というのも出てきました。
こんなこと言ったら不謹慎ですが、楽しいですね~。

さて、このジェットコスターにどうやってついていきましょうか?
あまりに情報が多すぎて、さらに錯綜して頭がこんがらがってしまいますが、仕事の合間をみてついていきましょう。

と言いながら、これからモバイルできない場所に行くんだよな・・。
んーーーーーーー、ドクロ・・。

【TAROの日記】

2006/01/17(火) 08:45

何だか似た臭い

ライブドアに強制捜査。
なんだか、またスケープゴートちっくなお話。

でも、景色はどんどんアメリカっぽくなっている。
昔、ボウスキーの本を読んで、感銘を受けていた少年には、ドレクセルの事件はびっくりものだった。
今、ホリエモン信者の気分は、当時のボクと同じかな・・・?

さて、今日の相場はどうなるか?
最近、システムダウンのような本来相場をぶっ壊すような事件でも感応度は低かったけど、今回はどうか?

まぁ、新興市場はあまり好きじゃないボクにはどうでも良いことだけど、つられて相場全体が落ちたらありがたい!!(でも、どうも強うそうな・・・・)

【TAROの日記】

2006/01/13(金) 12:28

理屈通りにはいかんのだ

日経新聞朝刊に「今年期待の新興企業」という連載がある。
この間、ぼーっとこの記事を見て、「ここに出たらウリだな」となんとなく考えていた。

そしたら、翌日・・・・・・・・・・・・掲載されてしまった。

「んーーー、底値で買ったから持っていても・・・・」
なんて思ってしまう自分。

これだから、株は好きだけどウリ・カイは嫌いなのだ・・・・・・・。

【TAROの日記】

2006/01/12(木) 09:16

フラッと『オペラ座』

汐留周辺をフラフラしてたら、劇団四季の劇場発見。
どんなところかと覗いてみたら、「当日チケット S 8枚・・・・・」なんて書いてあるものだから衝動買い。
仕事を終えてから、タラタラと見に行く。

一昨年、ロンドンで爆睡した『オペラ座の怪人』。
英語が分からないので、たっぷり寝てしまったからリベンジだぁーー。

と思ったのだけど、んーーーーーーーー、ロンドン版と何も変わらない。
役者がロンドン版とそっくりなのも驚き。イギリス人と日本人だというのに、なんでマンマなの?
セットは当然おーーーーんなじ。

結論。
英語がわからず、ほとんど寝ていたけど、どうも十分理解していた(らしい)。
日本版だからといって、新たにわかったことなんてチョット。
それほど緻密な脚本ではなく、話も単純だから、別に、言葉が分からず、寝ながらでもほとんど理解できていたのね・・・・・。大発見!!

ところで感想ですが、ほとんど熟睡して見たイギリス版とちゃんと見た(つもりの)日本語版では明らかにイギリス版の勝ち。
悪いけど、役者の力量が違います・・・と私は思ってしまった。

技とか力量という世界には、言葉のごまかしは聞かないのだねー。

海外のミュージカルをどんどん輸入し、あまり有名でない役者を使って、大量動員。そして大儲け。
と非難されることが多い劇団四季。
わかったような気がします。

まぁ、問題は、それが受けているところにあるのかもしれないけど・・。

2006年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップヘ