【ビジネス万有引力の法則】

2004/03/02(火) 04:56

「ちょっと考えてみた・・」

私は基本的にボーっとしている。
興味のあることも根本的なことの方に興味が強くて、あまり世の中の流れに詳しい方ではない。
世の中の流れに乗ることに、どこか罪悪感がある。

これを言うと、神田昌典先生のパートナーだったり、本を出している様子から矛盾しているように見えるだろうけど、基本的にはそうである。
仲間に
「次はこういうことやってデカくなろう!」
なんて言われても、
「それは、あなたやりなさい。ボクはやらない」
などと言っている。
世の中の流れに乗ることにも、大きくなることにも興味がない。

「じゃーなんで仕事してるの?」
と聞かれたら、
「本音のところは、恐怖感からかな?」
と答えるだろう。
「おもしろいからじゃないの?」
とさらに聞かれたら、
「確かに、おもしろいと思うことしかしない。これは、ボクの絶対曲げない方針だけど。
でも、底辺には恐怖感がある。」
もし、本当に面白いことをやるのなら、毎日、山に入って山菜でも採ってるはず。
やっぱり、仕事とはそんなに単純なものではない。

(さらに…)

【TAROの日記】

2004/03/02(火) 01:02

警察から電話

「警察から電話です」
頭からサーと血が引いた。

ところが・・。
警察 「講演をお願いしたいんですよ」
私  「?」
警察 「秋の交通・・・」

話は断った。
でも、前日、?kmキープで高速を走っていたためでなくて良かった・・。
絶対にそれしか考えられなかったので、ホッとした・・。

【TAROの日記】

2004/03/01(月) 08:51

レゴ

突然、レゴにはまる。
こんなにおもしろかったんだぁー。
仕事なんかしてる場合じゃない。
大量にレゴ作りたいシンドローム。

昨日は、2時間半かけて、エピソード1の最初で出てくるドロイド(あのクルクル回ってくる奴)を作った。
今日は、飛行機作るつもり。これは、5時間くらいかかりそうだぁ。

ヤバイ。
こんなことしている場合じゃない・・。
でも、もう戻れない。

性格的に耐久消費財にはまったく興味がなくて、お金を使うのはソフト系ばかり。
でも、ソフト系は案外お金がかからない。
大物はギターくらいだから・・。
でも、レゴは強敵。
これは、はまると地獄の底までのような・・。

どこかで、冷静になって、プラモデルへ移行しよう。
でも、手頃でおもしろいんだよな・・。

【TAROの日記】

2004/02/27(金) 01:04

マネするマーケティング

おかげさまで、2冊目「マネするマーケティング」もアマゾンで1位を獲得。
浜松町の「ブックストア談」では、1冊目が2位、2冊目が10位という快挙。

何で、ボクなんかの本がベスト10に2冊とも入るのか?
本当に不思議・・。
でも、本当にありがたい。
毎度言ってますが、買ってくださった方々全員に「ありがとう!」と手を握って叫びたいところ・・。

アマゾンでは24時間1位に居座った後、業田良家さんの本に抜かれる。
マンガ家と一瞬でもニアミスできたのはうれしい。それも業田さんだもんね。
でも、業田さんの新著は今は買わない。できたら、もう一度抜きたいので・・(まぁ、それは夢で終わると思うけど・・)

追記
おかげさまで「マネするマーケティング」は3刷が決まりました。

後で知ったけど、この業田さんのマンガは名作と言われているらしい&新作ではないそうで・・。
失礼しました。落ち着いたら買おうっと!

【未分類】

2004/02/27(金) 10:03

2冊目キャンペーン お礼

「本当にありがとうございました。」

25日の朝 山梨

4時半起床。なぜか、Sさんの家で朝を迎える。
Sさんの書斎は別棟。その書斎に泊めてもらった。
書斎なのでスグに仕事ができる。

でも、自分の本が気になる。
アマゾンに入ると5位。
しかし1時間ごとにランキングが上がっていく。
1位の「13歳のハローワーク」を抜くのに少し手間取っただけで、あっさり1位。

何か「大きな力」を見たような気がした。
確かに「大きな力」を見た。
イメージとしては、奈良の大仏の大きな手がグイグイと何かを押しているような感じ。
その大きな力がボクの2作目を1位に上げてくれた。
そして、翌日のお昼頃まで、白地にピンクの文字が一番上で輝いていた。

「何て、大きな力に助けられているんだろー」
そう思った。
間違いなく25日の朝から26日の正午にかけて、「大きな力」は肉眼で見えた。

目には見えないものが見えるときがある。
本当にそれは不思議な感覚だ。
自分一人では何もできない。
きっと、いつも何かの力に助けられている。
そういうことだと思った。

そして、時にはその力が大きくなるときがある。
でも、自分にできることは、「ただある」ことだけ。
表面的に語ることも、行動することもできない。

多くの人からもらった力の前では、謙虚しかない。
でも、謙虚さえも表面的だと思った。

「ただ、ある」
それだけだと思った。

みなさん、本当にありがとうございました。
アマゾンの1位の価値は、そんなに大きなものではありません。
単なる1ネット書店のランキングで本が売れるほど甘くはありません。
でも、みなさんお一人お一人からいただいた力には、表面的なものを越えた
大きな価値があります。
この大きな価値の前で、「ありがとう」としか言えない自分をお許しください。

「我々は“言葉”にて語り得るものを語り尽くしたとき、
“言葉”にて語り得ないものを、知ることがあるだろう」
               
                    (ヴィトゲンシュタイン)

                                岡本 吏郎 拝

2018年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページトップヘ