【ビジネス万有引力の法則】

2004/03/09(火) 05:08

2代前にさかのぼれ

横浜国立大学の堀之内先生は臨床心理の専門家。
その堀之内先生から言われたことがある。
「岡本さん、そろそろ”おじいさん”の生き方を調べた方がいいね」

心理学の世界でどういう理屈があるのかは知らないが、これは大変参考になる言葉だ。
平岡正明さんも「子供が父親を乗り越えて進むには、じいさんの生き方や考え方が参考になる」と言っている。

この言葉をもう少し普遍的に表現したら「2代前のものが参考になる」ということになる。
これはファッションの世界では当たり前のこと。
私の友人でファッション関係の仕事をしている男も、ファッションの流行周期は2代前のモノが次に来ると言っている。
ヘーゲルが言うところの「時代がスパイラル状に発展する」ということもせいぜい2代ぐらいの時間単位なのかもしれない。

東京のお台場に船で行ってみたことがある。
その時、直感的に思ったのは江戸時代だった。江戸時代には東京湾文化というのは活気があった。
それが一時代を経て戻ってきたと思った。
時代の切り方は難しいけれど、確かに2代前が戻ってきたと考えてもいいかもしれない。

(さらに…)

【TAROの日記】

2004/03/09(火) 09:35

商工にっぽん

この間、商工にっぽんが取材に来た。
そして、今日、原稿が来た。

「なんだか、ぜんぜん違うトーンのなっちゃうのね・・」
60%ぐらいは確かに自分の言ったことだけど、何だか変・・。
第三者を通すとこうなっちゃんだなー。

と言うことは、聞き手も読み手もそのままとっていないわけで・・・。

既に分かっていることとは言え、つらい・・。
というわけで、私の記事が載ることあるだろうけど、文責ないので念のため。
あれは、取材者が私の話を解釈して書いた取材者の文章でしかありません。

【TAROの日記】

2004/03/08(月) 12:38

ブレイド

あ!そうかーーーー。
だんだん見えてきたぞー。
「仮面ライダー ブレイド」は基本線が「仮面ライダー クウガ」ではないの!
基本の流れが「クウガ」で、ツールは「龍騎」、ライダーシステムは「アギト」。
と言うことじゃないの。

これは、手抜きか集大成か?
さぁーどっちでしょう?

うちの社員は、「手抜きだ!」と言う。「いまいち」とも言う。
んーーーー、まだわからん。
集大成であることを祈る!

【TAROの日記】

2004/03/04(木) 12:27

お手伝い

資格なんていうものを持っているとめんどくさい。
この時期は税務署へお手伝いがある。

でも、このお手伝いは普段会えない人に会えるのが面白い。
年収350万円ばかりで2700万円の借金をして家を建てちゃった人や、外資系金融機関を一言でリストラされちゃった人。公立病院に勤める高額収入のドクターなどたくさんの普段会えない人が来る。

そして、思うのは、もう年齢と年収はまったく関係ないということ。
これは、お手伝いをさせられるようになって12年で一番感じること。

後は、有名な大企業の給料が思いのほか安いこと。
学校の先生の給料が高いこと
県庁の職員の給料も高いこと

何をしてるかしらないけど、民間の実体を知っているボクから見ると、公務員の給料は高すぎるよ。
何でノーリスクの人たちの給料があんなに高いの?
まったく経済の原則に合わない。
さらに退職金も高いんだよな・・。

なんてことを毎年思うのだ・・。

【おすすめの本】

2004/03/02(火) 05:04

「脱サラ帰農者たち」 田澤拓也 (著)

「脱サラ帰農者たち」
田澤拓也 (著)
文春文庫 文庫 ¥ 619

中高年の起業もブームだそうである。
中高年がめざす先には田舎暮らしとそこで行う農業も流行だ。
そういった都会人が農業をやってどうなったかを追ったレポート。
コンピューターで計算して工場での生産のように農業に取り組む人や元GM社長の佐藤さん、
残念ながら自殺してしまった人、少ない収入だけど幸せそうな人など数々の就農者をレポートしている。

田舎で農業。何となく憧れてしまうけど、実際は大変だ。
機械にかかるお金だけで凄い。
今の農業は金食い虫だ。
そこの計算ができないまま、就農していった甘い人たちに自然は厳しい。

うちも無農薬有機栽培で畑をやっている。(それなりに広い)
でも、今年は「豆トラ」というミニ耕耘機の購入を約束されてしまった・・。
農業は機械なしではできないのだ・・。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップヘ