【TAROの日記】

2004/02/24(火) 09:46

「マネ」するマーケティングの発売日から書きまーす。

「マネ」するマーケティングの発売日から書きまーす。

【TAROの日記】

2004/02/24(火) 04:41

髪を染めてみたい

髪を染めてみたいと軽口をたたいたのが始まりで・・・。
そういうことを言っている時に、なぜか近くにはそういうことにスグ反応するHさんがいたりする・・。

まったくの軽口のつもりが、アレヨと言う間に髪を染めることに・・。
ほんの少しだけだけど、髪の色が変わってしまった岡本です。

【おすすめの本】

2004/02/24(火) 04:40

「ダメ!」と言われてメガヒット 宇都宮滋一 (著)

「ダメ!」と言われてメガヒット
宇都宮滋一 (著)
東邦出版 ¥1,429

マンガがどうやってヒットしていったかを追いかけた本。
マンガ版「プロジェクトX」だね。
でも、「プロジェクトX」ほどの物語ではない。
案外、安直なケースもあるから・・。
個人的には、武居さんが出てくるのがうれしかった。
50年代赤塚マンガにはまった人たちにとって、武居さんは伝説。
この本で「レッツラゴン」が赤塚の最高傑作と位置づけられてるのがうれしかった。
私の2冊目の本でも「レッツラゴン」に触れている。

この本の見所は、やっぱり編集者との関係。
マンガというのは、本当に共同作業だは・・。
ただ、この本を見ていると、ただのサラリーマンのような編集者ではダメなのがよくわかる。
目の前のことに体全体で取り組む姿勢が感動的・・。

【ビジネス万有引力の法則】

2004/02/24(火) 04:38

「自分なら、どうするか?」

いつも元気な人たちとばかりつき合っているわけではない。
元々がマイペース&フワフワなので、暗い世界は縁が少ない方だとは思う。でも、商売がら楽しい元気の世界だけとはいかない・・。

これから3月の決算がピークを迎える。
企業それぞれ悲喜こもごもだ。
こういった決算の多い時期はいつも以上に社長達の顔が浮かぶ。
調子のいい人たちはいい。
心の中で「今年もがんばったね!」と一人一人に声をかけている。

気になるのは調子の悪い社長さんのことだ。
中には、もう絶壁も飛び越えているのに、それでも植物人間のように生きている人もいる。
こういう人たちのことを考えるとき、いつも思うことがある。

自分ならどうするか?

(さらに…)

【おすすめの本】

2004/02/17(火) 04:31

「無境界」 ケン・ウィルバー (著) 吉福 伸逸 (訳)

「無境界」
ケン・ウィルバー (著) 吉福 伸逸 (訳)
平河出版社 ¥2,000

「こんな本を紹介して良いのか?」とも思ったけれど、このメルマはコアな方々が多 いので良いでしょ。
この本は、今回のメルマのテーマとは逆である。

人は、狭まる方に行きがちだが、そうではない。広がることこそアイデンティティなんだという本。

分野は違うけど、この人の言う「無境界」とダグラス・ハーディングが言うことは似ているなといつも思う。

その似てると思う事を一言で言うと、「マルコビッチの穴」
あれ?かえってわからなくなっちゃうな・・。
まぁ、いいや・・。

きっと、この本はわかりません。
でも、心臓がゆれると思います。

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページトップヘ