【ビジネス万有引力の法則】

2004/03/16(火) 06:14

負ける技術

(今回は少々抽象的ですがお許しを・・)

1月の私の合宿セミナーに参加して大決断をした人がいる。

彼は、それが「見たくない現実」だとは思わなかった。
自分では、いつも見ている現実だと思っていた。
でも、そうではないことを知ってしまった。

実は「見たくない現実」は足下にある。
それも自分ではわかっているつもりでいる。
しかし、そこに「未来」という解釈が入るときすべての意味がかわる。
そして、「逃げていた自分」に気づく。

この瞬間は大きなパラダイムの転換だ。
人は一度見ないふりをしていたものを真っ正面から見てしまうと、
「勇気のある自分」と「逃げる自分」の選択しか残らなくなる。

(さらに…)

【おすすめの本】

2004/03/16(火) 05:43

小堺氏最新刊『借金バンザイ!』

・小堺氏最新刊『借金バンザイ!』
税理士は教えてくれない!「自転車操業」の極意
『借金バンザイ!(Amazon)』

(さらに…)

【TAROの日記】

2004/03/16(火) 05:24

帝国データバンクが調査に来た。

帝国データバンクが調査に来た。
別にお金も借りてないし、新規事業で取引先が増えるわけでもない。
「何で、うちに来るの?」
という感じ。

どうも、どこかの誰かが当社に興味を持って調査依頼をしてきただけで、あまり深い意味はないよう。
こっちは融資の必要も、どこかから製品を仕入れる必要もないのでお断りもできるが、調査を依頼することはあっても、受けることはないから好奇心全開。
おもしろそうなので来てもらった。

でも、何だか普通の世間話だったなぁー。
別に秘密にしていることもないので、つまらなかった。

どうも「会社にお金が残らない本当の理由」を読んだ人が、あいつは口ではあんなことを言ってるがウソつきではないかと思って依頼したみたいな感じだった。

まぁ、世の中は暇な人がいるものです。
きっと、帝国データバンクのチケットが残っていたのかな?

【TAROの日記】

2004/03/16(火) 12:46

チャリ

本日より毎朝チャリンコに乗ることにした。
本を書いてたら、子供が「行こう!行こう!」というので重い腰を上げる。

我が家は高台にあって、田圃に向かってチャリンコで駆け下りるところからスタートする。
これが実に気持ちよい。
妙高山も美しい。

子供と一緒なのでのんびり・・。
実にいい。

問題は毎日続くか・・ということ。
社員には、「雨降ったら、その日で終わるな・・」と言われてる。
くやしいけど当たりだな・・。

【TAROの日記】

2004/03/15(月) 12:23

良い天気

仕事したくない・・。

思いっきりたまる・・・。

             誰か助けてくれーーーー。

                               ブクブクブク・・。

                                                     ブクブク・・。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ