【TAROの日記】

2018/04/23(月) 09:17

食い物について、さみだれに書いてみたら・・。

まずいギョウザ・・・というのはないと思っていた。
しかし、考えてみれば、あってもおかしくない。
中の肉が臭ければ完成である。

そんなギョウザを食べた。
後、数十メートル歩けば、おいしい有名店に着いたはずが、ものの弾みで入ってしまった。

話は変わって・・。
この間、突然約束がキャンセルになり2時間ほど時間が浮いた。
立地的に自由がきかず、仕事の道具も持っていなかったから困った。
そうなると、思ったようにはならないので少々無駄に過ごした。そして、改めて時間に余裕のない毎日を送っていることに気づいた。おそらく私の人生はかなり効率的なのだ(せわしい・・とも言う)。

でぇ、その効率的な人生に、時々、ケリを入れてくるのが食べ物である。
私の東京でのご飯が、成城石井か無印良品のレトルトカレーが多くなっているのは、ある意味で避難しているのに等しい。

ずいぶん前に、東京ではラーメンは食べなくなった。
1軒だけあった認めていた店もまずくなり、今は地元のラーメンしか食べない。
選択肢が減って悲しいが、最初から諦められるのは効率的だ。

どう考えても、外食は暗黒大陸だ。
どうして、外食だけはリスクがあるのだろう。無駄だらけなのだろう。
食べログとかもほぼ意味ないし・・・・・・。

数ヶ月前から通うようになった精進料理屋が満席だった。お昼の予約がいっぱいでもう入れないと言う。ある意味で、難民収容所だなーと私は思った。

ファーストフードはいい。
時間のない時に便利だ。
もちろん、カロリーメイトを歩きながら食べるのには負けるがいい。
そう言えば、昔カロリーメイトだけを大量に持って山を縦走したことがある。さすがに、5食目で喉を通らなくなり山を降りた。

一昨日東京駅で買ったカツ丼弁当の油はひどかった。某かつ専門ファーストフード並みなのだから、文句を百ぐらい言いたい。一応、ブランドな感じの店のものだったけど、あそこの油はヤバイと思うよ。
・・・ということで、ファーストフードでは許せることが(と言っても、私は某かつ専門ファーストフードは絶対行かない。殺されるような感じがするだもん・・)、東京駅構内専門店が売る弁当では許せない。弁当も大変だ。

某有名成り上がり飲食の財務諸表を見た。
予想通り悲惨な内容。
私のような専門家には予測のつく数字だが、一般の人に解説したら驚くことだろう。
大きな借金をして店舗展開をし、私みたいな者にケリを入れる・・・・・・。なんという経済活動なんだ?

そんな視点で、飲食以外の商売についても考えてみる。
実に、つまらない”経済活動のようなもの”がある。それも少なくない。
近づかなきゃいいのでどうでもいいけど、厭世的気分が溢れてくる。うまいものが食べたいなー。

 

【TAROの日記】

2018/04/10(火) 09:11

フジロックでボブ・ディラン

この話を聞いたときには、「うそ!」と思わず言ってしまった。今でも信じられない。

ケンドリック・ラマーで驚き、ボブ・ディランで呆然。今年のフジロックは、大量の人で溢れそうだ。
しかも、ディランはノーベル賞までもらちゃっているのだ。これは音楽好きを超えてムードが広がりそう。

さて、そんな状況で、ディランをどう聞くか?
これは大いなる悩みだ。

フェスのディランを見れるだけで夢のような話だが、いざその場が提示されると困る。
フェスだから、この間のライブのような演出にはならい・・と勝手に考えれば、ステージ前に行きたいが、彼の年齢を考えるとそうならない可能性も大きい。それなら、ちょっと後ろでもいいわけで・・・・・。でぇ、どうしたらいいんだ?と思い悩み、最近は悩むのがめんどくさいので、どうでもよくなってくる・・・。

昨年は、ビョークで悩んだ。最後の最後まで悩んで、結局ステージ前に突っ込んだ。
当たり前だが大成功。突っ込んで良かった。大事な大事な思い出になった・・・。

・・・ってことは?
でも、この間のオーチャードホールみたいのだと、どうするんだよ!!

でも、オーチャードホールとの大きな違いがある。
お客さんだ。
フジロックのステージ前に、あんな客が集まるわけはない。

・・・ってことは?

おそらく、私は突っ込むのだ。

後、3ヶ月・・・・・・・。悩みに悩んで、結局、その場で決めるんだろうなー。
直近、ビートニクスを椅子に座って見ると決めたオカモトの悩みは深い。

 

【TAROの日記】

2018/04/09(月) 09:25

○○へ行ってみた。

多少予想していたけれど、想像以上の状況だったので、唖然とした!
店頭にいたスタッフの女の子に「悲惨だねー」と声をかけると、ニヤーと笑いつつ自虐的な話を聞かせてくれた・・・・・。

帰宅してから、ネットで情報を集めてみる。
提灯記事ばかり・・・・・・・
さすがに、ここまでかよーとこれもびっくり。

そういうわけで、行った場所は○○にしておく。
いろいろ書こうと思ったけど、それもやめておく。

しかし、人間って、どうしてこういうバカなことをしてしまうのか?

これって、決して他人事ではない。
中小企業も金額が小さいだけで、よくやっていることだ。
そして、その小さい金額でも致命傷になる時がある。

個人的興味は、意思決定の過程だ。
どんな状況、流れで意思決定がされたのか?
それがとても興味深い。
ある程度の想像はできていて、ほぼ間違いないと思うけれど、その確認をしたくてしかたがない(それはかなわないけど・・)。

人間は、変な虚栄心さえなければ、基本的に誰もが優秀だと思うんだけどな~。

 

 

 

 

 

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2018/03/30(金) 08:56

事務所で『まーけ塾』

16年ぶりか?
『まーけ塾』を事務所で行った。

今まで、ほとんど貸し会議室を利用してきているけれど、一時期事務所の会議室でやっていたことがある。
別に参加人数が少なかった・・というわけではなく、むしろギュウギュー詰めな感じでやっていた。

昨日の『まーけ塾』は久しぶりに事務所で行ってみた。
新しい会議室を作ったので、試行してみたわけだが、準備の手間がはかどってとてもよい。

否が応でも昔を思い出す。
当時の参加者の多くは今もお付き合いがあるが、退職した人やお亡くなりになった人もいる。もちろん自然にご縁が切れた人もいる。

『まーけ塾』は、もうちょっとで20周年を迎える(来年?)。
早いものである。
20年・・・・・・・。
当時、30歳代の私は何を考え、何をしていたのだろう?

まだまだ試行錯誤期だった。迷走したこともあったと思う。
原理原則に忠実なのが一番ということを証明できたのは、40歳代の前半くらいなので、まだ生意気、ヤンチャ、デタラメの最盛期にあったと思う。

ところで、最近は、再び、生意気、ヤンチャ、デタラメ期に入っている。
原理原則を踏まえて、少しズラす。大きくズラす。思いっきりズラす。これがいい。ただのデタラメはダメだが、一周してきたデタラメの手応えはいい。

さて、『まーけ塾』20周年は何をするかなー?

 

【TAROの日記】

2018/03/29(木) 08:40

日常に戻るのは大変だ

いつもの調子に戻すのは簡単ではない。
やっていることが多いとなおさらだ。

こういう場合焦ってはいけない。
・・と言って、時間もかけていられない。

しかし、さらに仕事も降ってくるので、厭世気分になりそうになる。

特に、今回はきつい。
おそらく、今までよりも日常でやっていることが大量になっているうえに、仕事も大量になっているからと思われる。

そして、さすがに、これは限界点に来ているなーと感じる。
欲が多いのは悪くないが、リソースには限界がある。
そこんとこの塩梅は、比較的うまく折り合いをつけてきたつもりだ。

しかし、欲望が大きくなっているらしく、バランスが悪くなってきている。

そこで問う。
「迷いを欲望で埋めていないか?」

「単に、刺激を求めていないか?」

ちょっとそういう面もある。
でも、多くは否。

「では、やらねばならぬ」

んーー、そういうことね・・・・・・。

 

 

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ