【TAROの日記】

2017/06/01(木) 08:49

暗闇

いつも行くお店の美容師が「講演のコツを教えてほしい」と言う。私は、あんまり講演なんてしていないよ!というしつこく言うけれど、あっちもしつこく聞くので、誠意をもって私なりに答えた。

「観ること」

実に、これだけ。そう答えた。

この答えではわからんよなー。でも、これしか言いようがなくて、いつも、こんな答え方しているものだから、私はあんまり一般向けではない人と理解されているらしい(それは、当たりなので、それでいいと思う)。

『映像セミナー』が終わった。いつもの素敵な空間で遊ぶ。それはとても楽しいことだ。ただ、このセミナーで困っていることがある。会場が暗くて、様子が全然見えないのだ。だから、やりづらくでしょうがない。

どういうカメラかで演技は変わる(これから恒例になりそうなセミナーの来年のテーマ)。
同様に、参加者の目で、舞台の上の私は変わる。微細なコミュニケーションが空間を作る。それがとてもうまく行った時には、空間に存在する何もかもが高揚する瞬間がある。

ところが、会場が暗い&最近のショボショボな目の私では、その微細なコミュニケーションが起こらない。観ることが不能なのだ。皮肉なもので、髪を切られながら「観ること」なんて言っていた数日後に、これなんだからたまらない。

しかし、同時に思う。いつまで目に頼ってるんだよって・・。もう55歳。そろそろ目に頼るのはやめるべきだろう。真っ暗なところで話すなんて滅多に経験できないから、来年はそこんところを遊んでみようと思う。

追伸
18本用意したワイン、シャンパンはサンコム1本を残して、すべて飲みあげてありました。懇親会で参加者が異常におかしくなることはよくあることだけど、今回のバカさ加減は、浮いた感じがいつもと少し様子が違って、さらに、異様な躁の状態になっている人も数名。みんな、単にすごく酔っていたのね・・。

また、面白い大人の遊びをやりましょう。まずは、来年のカトマンズ・セミナーです。

【TAROの日記】

2017/05/29(月) 08:54

4日目

5月の出張の多さは異常だった。そして、今日は5月に入って4日目の出勤日だ。

しかし、午後から月一回の『まーけ塾』。事務所にはちょっと寄ったくらいのものだ。さらに、明日は『映画セミナー』である。だから、ちゃんとした出勤日は31日しか残っていない。

朝、知人の会社が倒産したのを知った。1月に、その会社に売掛金があるという人に、遠回しに「気をつけろ」と言っていたばかりなので、その知人のことよりも、売掛金の方が心配になる(人間は、そんなものである)。

ちなみに、私がその知らせを聞いてすぐに思ったことは、「人間は、案外、しんなり強い」ということ。「よく、ここまで持ったなー」と思うのだ。そして、今もそういう会社はたくさんあって、これが案外表向きの体裁は整えてえしまうものなのである。

私の忙しさ・・・というものも似たようなものかもしれない。今は、体が持っているように見えるけど、どこかで反動が来るものだ。だから、赤字企業同様にごまかしごまかしやっているのは変わらないと思う。

『VIPミーティング』が終わったら少し休もうと思う。さすがに働きすぎだ。これから『フジロック』、バンドのライブが待っているというのに、このまま突っ走るのはマズイ。50歳を過ぎてから、人生の充実度はさらに増している。楽しくてしかたがない。でも、調子に乗ってはいけない。気をつけないと後悔することになるからなー。

 

【TAROの日記】

2017/05/22(月) 09:17

うわ言

東京のマンションに、財布を忘れてきた。非常に不便である。          昨日、お気に入りのジャケットがないのに気づき、先月泊まったホテルに違いない・・と電話した。でも、なかった。一ヶ月も気づかなくて、お気に入りもくそもない。だいたいどこにいったものか?                      映画のネット予約で、日付間違いをした。これで何度目か?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きっと忙しすぎるのである。今月も、あっという間に過ぎた。だいたいもう6月である。

せっかく新潟に帰ってきたけど、明日から再び東京。帰ったら、久しぶりの『映画セミナー』(ちなみに、来年もやることになった・・)。

そして、大突貫で『VIPミーティング』の準備。んーーーー、毎年、同じようなことをしているような・・・。もう『フジロック』だ。そうえいば、バンドのライブまで約3ヶ月になってしまった。今年は、ドナルド・フェイゲンに呼ばれてしまったし、昨年を考えるとモントルーも期待だ。だいたい、今週はティグランのソロライブ。あ、チケットの入手方法がわからない。どうすればいいんだ・・。

 

 

【TAROの日記】

2017/05/02(火) 09:11

映画セミナーVer.3

どうして、こんな日程になってしまったのか・・と毎度のごとく悔やみつつ、今月は3日間の合宿セミナーと『映画セミナー』やります。先月も3日間の合宿セミナーをやっているので、悲鳴はピークです。ただし、ちょっと懐かしい・・。40代前半のセミナー開催って、こんな感じが普通でした。

悲鳴を数回、ため息を数十回。人が見たらアホにしか見えない光景を醸しつつ、昨日は上記両セミナーの準備に追われました。明日から休みのうえに、そのまま出張に行って、そのまま合宿セミナーなので、準備日は今日が最後。           しかし、『映画セミナー』はまだ半分くらいしかコンテンツができないという最悪の状態。かなりヤバイ・・。

ところで、今回も2本の映画をメインに、関連映像を見て遊びつつ、フランス哲学の入り口を彷徨います。特に、ドイツで作られた1本は、何も知らなくても楽しめますが、おそらく既存知識がないと謎の場面が多いうえに、ただの超能力映画に見えてしまうと思います。そこを60年代のフランス映画を入り口に、フラフラと知的世界をめぐり、ドイツ映画でそのメッセージを浴び、最後に娼婦○○の素敵な言葉で終えようかな・・と考えています。

こういう流れって、歴史のある古い映画館を使うからできるアイデアです。シネコンじゃ無理だな・・。ということで、今回で3回目になる『映画セミナー』です。参加のみなさまは遠い所においでいただくことになり、大変ご不便をおかけします。今回も朝から飲んで夜まで騒ぎましょう。

【TAROの日記】

2017/05/01(月) 09:00

おそらく、岩カキの話

連休初日、家の庭でバーベキューをする。当社の現社員と元社員入り混じっての乱入で、一家の主である私の許可も取らずに勝手に計画を進めていたようだ。

だから、食材は全部持ち込み。酒も持ち込み。最高の牛肉と海で釣ってきたばかりの鯛、さらに害虫除去で捕獲されたクマ、イノシシほか金沢のお土産までいろいろ並ぶ(それなのに、ワインだけは人のセラーをアテにするところは問題だ!)

私は仕事に追われ、彼らが騒ぎをはじめた11時には書斎で仕事。騒ぎ開始から2時間ほど経過してからやっと合流できた。ほとんど、ただの場所貸しである。

そして、夜の9時半までほぼほぼドンチャン騒ぎ。集団で意味のないことをワーワーやっているというのは、一日経って振り返ると、かなりおかしな感じだけど、人間には「祭り」は必要だ。

どうもこの感じだと、今後、この現役とOBのバーベキューは続いていきそうだ。夏は、旨い岩カキを肴にやることになった。

私は大学生になって東京に行った時、バイト先の有名ホテルでよくバカにされた。夏にカキを食べていたと言うと、カキは、Rのつく月しか食べることができない・・と言うのだ。Rのつく月とは、1,2,3,4月なんだそうだ。

ところが、今は、岩カキは誰でも知っている。しかし、旨い岩カキはあまりない。私が子供の頃から食べてきたものとは別物なのだ。デカイばかりでお話にならない岩カキは見ているだけで腹が経つ。

あれ?今日の話って、何の話だったけ・・。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページトップヘ