カテゴリー: 苦しめTAROお仕事LIVE
【苦しめTAROお仕事LIVE】

2017/11/21(火) 08:54

本来的時間性

正気の沙汰ではないなーと思う。どうにも仕事が多すぎる。

もう、ここ10年くらい業績を気にしたことはない。8年くらい前から経営計画を立てるのもやめてしまった。「経営計画の本や財務の本を書いていたり、それに関連したセミナーもやっているというのにどういうことだ!?」という声もありそうだが、私の中で矛盾はない。

要は、”本来的時間性”の問題でしかないから、経営計画というのは、便法でしかないと思っている。”投企”のための手段としては次元が低いのだ。

だから、私がセミナーで伝えていることは、より本質的な計画の立て方になる。その内容の簡易版は、1冊の本でも紹介している(本だけでは、実行はかなり難しいとは思うが・・)。

さらに、私たちの想像力には限界がある。ワタシ的に言うと「人はいつも泰然自若を決め込んでいる」。だから、あらゆる情報はムダになる。いわゆる「わかっちゃいるけど、やめられない」というやつだ。

そんな生き物が、いわゆるご都合主義で数字を舐め舐めするのは、時間に対する冒涜だろう(時間のムダってことではない)。

そういうわけで、「どうにも仕事が多すぎる」という私の状況というのは、意図的ではない。むしろ事故に近い。でも、私の意思はうごめいている。私が「ワタシ」しようとしたら、大きな事故にあった・・とでも言うのが正しいだろうか?

私の標語「人生、後ろ向き」ってことをピュアにやってたら、「怠けるんじゃない!」って言われて今に至った・・という言い方でもいいかもしれない。

あー、なんでこんな事を朝から書いてるんだろ?

今でもジュクジュクとはびこるプラス思考的な考え方や計画主義に石が投げたかったのか?                                   まー、それはあるだろうけど、そういう程度の低いものを相手にしなくなって10年以上が経つ。いつの時代でも、皿だけ回して人を踊らせている奴というのはいるもので、それはどうでもいい(彼らを『ビジネスDJ』と呼んでいます)。

では、なぜか?                               おそらく、先週の『VIPミーティング』のラストに関連して、こんなことを言いたくなったのだと思う。この件については、ニュースレターにも書く予定(ただし、お披露目は来年6月になります。さらに、難しい文章になりそうなので、どこかでフォローします)。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2017/10/30(月) 08:38

台風通過(したらしいな・・)

恒例『ワイガヤ・セミナー』の予定を中止・・
だって、月曜に台風が関東直撃の可能性があったのだから仕方がない。でも、今、東京は晴れだそうで・・・。んーーー、できたなー。

中止を木曜日に決めて、急遽、日曜日(昨日)に帰還。今、新潟にいる。ちなみに、新潟は強い雨と風の中にある。
たった1日の新潟だけど、やることだらけなので、1日でも貴重だ(明日は、再び、東京)

秋の予定はかなり難しくなってきている。それは数年前から心配しているところだけど、結局、過密スケジュールの調整は簡単にできるものではなく、秋も予定が続く、というか秋は超ラッシュである。できることなら、春に移動したいものがいくつかあるけれど、なかなかできない。

とりあえず、中止の『ワイガヤ・セミナー』は、来年の春にスケジュールを組みます。該当の方々よろしくお願いします(なお、来年分との合同になります。日程が取れないのでお許しを!)

なお、行く場所は、山形か宮城を、場合によっては新潟を考えています。目的は同じなので、どこになるかは状況次第です。企画完了次第、対象の方々にはご連絡します。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2017/09/29(金) 08:54

『ネパール・ワークショップ』

本日、『ネパール・ワークショップ』の仮予約をいただいた方々に、詳細のご案内をメールで差し上げます。

サポート体制万全のトレッキングを絡めたワークショップになるので、お値段は比較的高いです。参加は19名限定。移動中の宿の関係でこれ以上は無理です。モンゴルの時より競争率高いかも?

ただし、今回は仮予約段階では埋まっていないので(告知してなかったせいかな?)、少人数で濃い体験をする・・というものになるかもしれません。そうなると、かなりお得ですね。

『ネパール・ワークショップ』は、山の中での「オティウム」。そして、システムからの脱却がテーマです。

なお、仮予約の方々のご案内の後、他のお客様にも順次ご案内しますので、参加ご希望の方は早めにお申し込みいただいた方がいいと思います。よろしくお願いします。

追伸
それと、待望の企画を具体的に始動します。時期は、再来年になりますが、『戦略セミナー』と絡めた展開を考えています。私、個人的に興奮しています。磯野波平より1歳上の私は、波平のようにはなれないようです・・・(ちょっと残念、かなりうれしい・・)

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2017/04/17(月) 08:58

見逃した

土曜日に、会社の模様替えをした。

忙しすぎて、ナマ返事していた結果、とんでもなく気に入らない模様替えになっていた。・・というわけで、ナマ返事の主の私に全責任があるが、仕事の筋としては悪すぎる。おそらく、途中「おや?」ということがあったはずだ。業者には楽な仕事だったことだろう。

事務的な仕事ならば、誰もできる。業者の言いなりもバカでもできる。それだけはあってはならないのだが、本来の仕事もあるし、上司は飛び歩いていて捕まらないし、そういうことになりやすいのだろう。

しかし、違いというのは、実にそこにある。見逃さないこと。それが全てだ。だから反省仕切りである。私が全てを見逃したのだ・・。

考えてみると、以前は模様替えは社内でやっていた。そっちの方がずっとセンスが良かった。ところが、どこかで楽をしたくなるらしい。誰かに頼めば、簡単にいいものができると思ってしまう。

今回も、入口ではそれを感じた。そして、一度はストップした。しかし、「まー、いっか・・」と思って、ゴーのサインを出した。今考えれば、あの時の予感が正しかった。楽する気なえなければ、見逃さなかったんだよな・・・。

結構な金額を捨てた。もう戻ってこない。さて、これから頭を使って”やり直し”に入る。またお金がかかる。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2017/03/09(木) 09:12

ある”回答”

昨日は、臨時の個別相談を一件受けた。相談者は、同業の経営コンサルタント。同業者が同業者に相談するのは変に感じるかもしれないが、当社のお客様には、同業者は案外多い(どこもそうなのかなー?)。

その相談内容はさておいて、相談者にはコンサルタントという職業の職業感を少し考えてもらった。そして、私の持っている”回答”を言って、それを前提に、彼が打った手の良さ、悪さを判断してもらった。

しかし、そこで一番明確になるのは、良し悪しではない。過剰と不足が明確になる。

多くの答えは誰もが知っている(もちろん、新しい戦略構築とか新規ビジネスの立ち上げなどは別)。その知っていることは、いつも空気中に浮遊していて、後は掴むだけ。でも、これを掴むためには、程よいアプローチが必要になる。

しかし、これがとても難しい。とてもとても難しい。そして、その一番難しい所に配慮することなく、世の中は、過剰が闊歩し、不足の叫びがとどまらない。

世の中の多くのコンサルタントと称している人たちには、不安がある。だから、いつも過剰だ。そして、それを受け取る経営者側には、いつもある種の未完了感があり、「もっともっと」と言う。これとても不幸な関係で、もちろん未来は暗い。

昨日の私の”回答”は、彼の長い人生に重要な種になったと思う。おそらく、彼の旅はこれからだ。

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページトップヘ