カテゴリー: TAROの日記
【TAROの日記】

2012/05/09(水) 08:38

生態系

私が、私だけだったら、私は私ではない・・などということを朝から考えてしまった。

あいにく、世の中は、私だけではない。
だから、考えてしまったことは空論だ。

しかし、そんな空論をしてみると、私というものが”自我”だというのは勘違いで、一つの生態系なのだということに気づく。

私は、私という生態系なので、妻とか子供とか部下とか友人とか・・・・いろいろなものが含まれて私なのだ。
そして、その生態系は、開放系だから、いずでも要素の入れ替えが可能で、生態系の中心である私でさえ入れ替わっている。

ところが、その中心である私は閉鎖系だ。
だから、入れ替わりを拒否する。
一部では、この入れ替わり拒否の私を”自我”と呼んでいたりもする。

「世の中は、私の鏡」という考えは世間でよく聞くお話だ。
通常、それを説明しようとすれば、投影あたりが持ち出されることになる。そして、それは、ど真ん中に正しい。
さらに、ツキトゥドゥスあたりを引用すれば、それで十分納得が可能だ。
そこに、私という生態系という考えを持ち込んでみると、もっと納得度が増すと思う。

私の大好きな状況や大嫌いな状況、大嫌いな人物も私の生態系だ。
そして、生態系の要素の入れ替えは可能だ。
生態系は開放系だから、”自我”という勘違いがない限り、可能性も柔軟だ(無限ではない)。

調子が悪いという感覚は、この開放系の閉鎖を意味する。
“自我”と言われるものは、病なのだ。

あくまでも、私は私だ。
こんなことを書いている私は、「忘我」とか「無私」という言葉が嫌いである。
坊主が坊主らしいことを言うのは、正しいと思うが、一般人が坊主みたいなことを言っているのが嫌いである(こうした感情を、自分を棚に上げる・・という)。
あくまでも、大きな”自我”っていうことで、開放系の自我を考えている。

【TAROの日記】

2012/05/08(火) 08:32

そろそろかなー

時間がなくて困りながら、そろそろ、マーケティング関係のコンテンツを作りたいと考えている。

あの10年前くらいの中小企業マーケティング・ブームでは、本当に基本中の基本・・というか小手先のことをチャカチャカとしゃべってコンテンツにしたわけだけど、それ以後、ニーズとこっちのリソースとのバランスがあってないので、個別の相談以外で、マーケティングについて一般論を話すことはあまりなかった。
しかし、景色を見渡すと、そろそろニーズがあるかな?という感じがしてきた。

そこで、ちゃんとしたのを作りたいな~という欲求が出てきた。

ただし、時間は鬼のようにない・・・。
したがって、戯言で終わる可能性は著しく高い。
けれど、そんな気分になってきた・・ということだけご報告。

実は、最近、こうしたコンテンツ化したい気分が各ジャンルにあって、困っている。
やりたい。でも、時間がない・・というループでウロウロしている感じなのだ。

現在、気分と時間の整理中だけど、私が後やる事というのは、チャラチャラしている世の中とさらに距離を置きつつ、特定の人種(この特定の人種という部分には、具体的な言葉が入りますが、ここでは控えます。『組織コミュニケーションセミナー』参加者には自明だと思います)と相互交流を通じながら、昇華している結晶を集めて、本質価値の固まりを組み立てることのような気がしている。

サンバを踊る・・・。世間は、その心の弱さゆえに、さらにサンバを踊るだろう。
それはそれで、普遍なんだと思うし、生き物ってそういうものだ。

しかし、そんな普遍に対して潔くしないから人間なんであって、そんな人間証明をしてみよーという気分は強い。

そうなのだ。別に仕事がどうのこうのではない。
サンバがどうのこうのでもない。
ヒト科の生物が、「科」という重力に逆らおうとする業のお話なのだろうな・・。

【TAROの日記】

2012/04/19(木) 08:33

質が悪い

今朝は、妻の車で出勤する。
車のCDには、JAZZ名演100!!みたいなものが入っていた。
聞くのはこれしかないので聞きながら事務所まで出勤したものの、ナンナンダ、コノCDは?

一応、マイルスやモンクなど有名ジャズミュジーシャンの音ではある・・。
確かに、私の好きなアルバムから持ってきた音もある・・。
しかし、なんで、この選曲なのか?と?印がダンコになって襲ってくる。

こういうCDは、月並み選曲が基本だと思うけど、月並み(例:エリントンだとがAトレインとか・・)が少なくて、「これはないでしょ!」のオンパレード。マイルスなんて、よくこんなふぬけた録音を持ってきたな・・という感じで、かえってびっくりしてしまった。

・・・こんなCDに噛みつく必要は全然ないわけだけど、我が妻がこれを楽しんでいるというのは微妙である。
大げさに言えば、夫婦の価値観なんて、こんなところからずれていくんだよな。

・・・そんな気分で机の上に置いてあった今朝の読売新聞を見ると、トップ記事が「首都直下 死者9700人」。
またまた東大地震研究所のしわざである。
仕事としては、JAZZ名演100!というCDより質が悪いな・・。

【TAROの日記】

2012/04/18(水) 08:28

わかっているけど、わからない・・

朝、エスペランサ・ スポルディングのPVを見ていたら、PVの中で子供が開く古い本にサリフ・ケイタやフェラ・クティといった名前が出てきてうれしくなってしまった。
そして、彼女のベースを弾く姿がかわいい。
こんなかわいい感じのベーシストって今までいたかなー?
個人的には、ティナが大好きだけど、こういうかわいさではない。

もう十年以上も前のECDのアルバムの中に、ジョン・レノンや江戸アケミなどの名前が並んで出てくる曲があった。
あの曲で、ぐっとくるのも、この名前の出てくるところ。
人間なんて単純なのだ。

蛇足ですが、神聖かまってちゃんの『ロックンロールは鳴りやまない』でも、ビートルズやセックスピストルがわからなかった・・というくだりにぐっとくる。
くどいけど、人間なんて単純なのだ。

名前には、コンテキストがあり、そのコンテキストは人様々だけど、それでも共通点は多い。
今更だけど、コンテキストの利用というのは、非常に有効だ。
そこに、わかる人にだけわかるメッセージも込めやすい。

ところで、今日の日経新聞トップは、とんでもないコンテキストを含んだ記事である。
しかし、誰もがそのコンテキストに気づいているわけではない。
また、頭ではわかっているけど、実際のところはどうなのか・・という人がほとんどだろう。

そういえば、昔、アメリカのパルチザン向け放送を、「ただの詩だよ!」と言って放っといたのはドイツの将校達。
彼らは、その後に、偉い目に遭うわけだけど、あの放送も聞く人が聞けば、えらいコンテキストだったわけだ。
それに、普通の将校もウスウスわかっていたという記録もある。わかっていたけど何もしなかったということだ。

では、どうして?
オオカミ少年情報に飽きちゃったということだろうね。

【TAROの日記】

2012/04/17(火) 08:33

負担は3割になるとさ!!

「厚生労働省の推計によると、2025年度の会社員1人当たりの保険料(労使合計)は12年度初めより15%強増え、年収の3割を超える」のだそうだ。(日本経済新聞)

この「○○の推計によると・・・・・・・」というのが気に入らない。
官僚は毎度そうなのだが「○○の推計によると・・・・・・・」と言う。
そして、同じ事を続ける。

私たち経営者は、「考えてみるとこうなっちゃうなー」と言うときは、
・やめる
・大きく変える
のどちらかを選ぶ。

この普通のことを、この国はやらない。
国そのものが、引きこもりみたいな状態。依存人間の典型と同じようなことをやっている。

明治維新で生まれた日本という子供は、誰も頼れなくて、独立心旺盛に育った(みたいだ)。
ところが戦後の日本は、親の暴力にあいコテンパンにされて、その親は親で自分のことしか考えていないから、依存的に育った。
いずれにしても、普通には育つことなかった。
そんな案配で両極に振れた(と思う)。

そんな風に考えると、この国の先・・というのは見えている。
こんな風に考えなくても見えているが、さらに見えた気分だ。

ボウルヴィーで考えてみました。

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページトップヘ