カテゴリー: TAROの日記
【TAROの日記】

2018/04/10(火) 09:11

フジロックでボブ・ディラン

この話を聞いたときには、「うそ!」と思わず言ってしまった。今でも信じられない。

ケンドリック・ラマーで驚き、ボブ・ディランで呆然。今年のフジロックは、大量の人で溢れそうだ。
しかも、ディランはノーベル賞までもらちゃっているのだ。これは音楽好きを超えてムードが広がりそう。

さて、そんな状況で、ディランをどう聞くか?
これは大いなる悩みだ。

フェスのディランを見れるだけで夢のような話だが、いざその場が提示されると困る。
フェスだから、この間のライブのような演出にはならい・・と勝手に考えれば、ステージ前に行きたいが、彼の年齢を考えるとそうならない可能性も大きい。それなら、ちょっと後ろでもいいわけで・・・・・。でぇ、どうしたらいいんだ?と思い悩み、最近は悩むのがめんどくさいので、どうでもよくなってくる・・・。

昨年は、ビョークで悩んだ。最後の最後まで悩んで、結局ステージ前に突っ込んだ。
当たり前だが大成功。突っ込んで良かった。大事な大事な思い出になった・・・。

・・・ってことは?
でも、この間のオーチャードホールみたいのだと、どうするんだよ!!

でも、オーチャードホールとの大きな違いがある。
お客さんだ。
フジロックのステージ前に、あんな客が集まるわけはない。

・・・ってことは?

おそらく、私は突っ込むのだ。

後、3ヶ月・・・・・・・。悩みに悩んで、結局、その場で決めるんだろうなー。
直近、ビートニクスを椅子に座って見ると決めたオカモトの悩みは深い。

 

【TAROの日記】

2018/04/09(月) 09:25

○○へ行ってみた。

多少予想していたけれど、想像以上の状況だったので、唖然とした!
店頭にいたスタッフの女の子に「悲惨だねー」と声をかけると、ニヤーと笑いつつ自虐的な話を聞かせてくれた・・・・・。

帰宅してから、ネットで情報を集めてみる。
提灯記事ばかり・・・・・・・
さすがに、ここまでかよーとこれもびっくり。

そういうわけで、行った場所は○○にしておく。
いろいろ書こうと思ったけど、それもやめておく。

しかし、人間って、どうしてこういうバカなことをしてしまうのか?

これって、決して他人事ではない。
中小企業も金額が小さいだけで、よくやっていることだ。
そして、その小さい金額でも致命傷になる時がある。

個人的興味は、意思決定の過程だ。
どんな状況、流れで意思決定がされたのか?
それがとても興味深い。
ある程度の想像はできていて、ほぼ間違いないと思うけれど、その確認をしたくてしかたがない(それはかなわないけど・・)。

人間は、変な虚栄心さえなければ、基本的に誰もが優秀だと思うんだけどな~。

 

 

 

 

 

【TAROの日記】

2018/03/29(木) 08:40

日常に戻るのは大変だ

いつもの調子に戻すのは簡単ではない。
やっていることが多いとなおさらだ。

こういう場合焦ってはいけない。
・・と言って、時間もかけていられない。

しかし、さらに仕事も降ってくるので、厭世気分になりそうになる。

特に、今回はきつい。
おそらく、今までよりも日常でやっていることが大量になっているうえに、仕事も大量になっているからと思われる。

そして、さすがに、これは限界点に来ているなーと感じる。
欲が多いのは悪くないが、リソースには限界がある。
そこんとこの塩梅は、比較的うまく折り合いをつけてきたつもりだ。

しかし、欲望が大きくなっているらしく、バランスが悪くなってきている。

そこで問う。
「迷いを欲望で埋めていないか?」

「単に、刺激を求めていないか?」

ちょっとそういう面もある。
でも、多くは否。

「では、やらねばならぬ」

んーー、そういうことね・・・・・・。

 

 

【TAROの日記】

2018/03/07(水) 08:45

セブンイレブンのコーヒー②

・・・・・・ということで、下のセブンイレブンにコーヒーを買いに行った。
手をつけるのが億劫な仕事が残ったので。それに取っ掛かる前にコーヒータイムを決め込む。

クレジットカードのポイント交換でナナコのポイントがお得だったので、ナナコを手に入れたけど全然使わない。そのナナコを手にしてコーヒー購入に向かう。

そして、一口。
なんでー、変わんないじゃん!

セブンイレブンのコーヒーには、独特の雑味がある。私はこれが嫌いだ。そして、それが全然消えていない。
セブンイレブンのコーヒーは、世間的には美味しいことになっている。
でも、本当なのだろうか?
それとも、私の舌がバカなのか?

この問題にはいつもぶち当たっているが、微妙に結論が出ない。
そういえば、一昨日、食べログ見てたら、私の周辺で大変評判の悪いサ○○が、結構な点数を取っていた。某コンサルタントや飲食雑誌も特集で扱っているアレが、良いビジネスモデルには私には思えない。そして、さらにマズイと来たもんだ。一応、工夫しています・・ってことになっている顧客対応も、勘違いの代物にしか思えない(行った人の話を聞いての印象です)。

そういえば、そういえば・・・と、もう一つ、そういえば。私はマクドナルドの無料コーヒーは割と好きだった。それなりのうえに、無料だったのだから、よくもらいに行った。
クリスピードーナッツも、ドーナッツは残念だが、コーヒーはまーまーだった。正確に言うと、アメリカーナにすると美味しかった。コーヒーを買うと、いつもドーナッツの無料券をくれたけど、あれは迷惑だった(まー、使うことはないので、そこまで言う必要もないんだけど・・)。

私のナナコは、3万円近くのポイントを残し、使う当てがない。ソフトクリームを買いにたまに行くけれど、120回くらい行かなきゃいけない。”雑味コーヒー”を一緒に買っても85回。何年もかかりそうだ・・・・・・・。

 

 

 

 

 

【TAROの日記】

2018/02/27(火) 08:46

1億円

新記録を出して、1億円。
誰もが「それは、ちょっと多いんじゃない?」って思うだろう。

まー、金額はいい。
我々素人は、相場もわからないし、努力の価値も見積もれない。

でも、仕事柄のせいもあるけど、直感的に思ってしまう。
「この人、大丈夫かな~?」

仕事では、1億円なんてそれほどのお金ではない(大きいけど・・)。
でも、生活の1億円は大金だ。
そして、そんな金額に縁のない人が、それを突然手にすると余程じゃないとやられる。
イケイケドンドン時代の日本は、農家などの土地をたくさん買収して、道を作った。
お金は大量にばらまいて不幸な人を作った。
私の脳裏には、そんな不幸な人たちの顔が何人か浮かぶ。

もちろん、誰もがそうなるわけではない。
なる人は、絵に描いたように不幸になるし、ならない人は何も変わらない。
そして、その差がどういうものかは、それなりにわかっているつもりだ。

今回の人がどっちかはわからない。
だいたい、そんなことを考えるのは余計なお世話。
だから、以後考えるのはやめる。

この間、私に「○○円まで、個人の貯金が貯まりました」と報告に来た人がいた。
うれしそうだった。
本当に、がんばっていると思う。
ジワジワと進む。才能がない者にはこれが一番。そして、ジワジワの数字は底堅くて強い。
でも、きっと才能のある者も同様だ。
1億円の人は、才能の人なのか、努力の人なのか、両方の人なのかはわからない。でも、同じだ。ジワジワがいい。

ところで、税金である。
きっと手取りが振り込まれて、びっくりして、その後、申告でびっくりして、更に地方税の納付書が来て死ぬんだろうな・・。

使いすぎには注意しましょう(これにて、余計なお世話終わり)

 

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページトップヘ