カテゴリー: TAROの日記
【TAROの日記】

2017/10/17(火) 08:58

クラプトンの発言

怒涛の出張、セミナー三昧の前に読んだ記事なので曖昧な記憶だが、クラプトンが「もう、ギターは売れなくてもいいんだと思うよ」という発言をした・・とネットにあった。「最近、ギターの売上がわるいそうですが、そのことに関して一言・・」みたいな質問に答えたのだと思う。

日本の楽器屋には、私たちのようなオジサン向けに、アメリカのブランドを中心にお高いギターがたくさん吊られている。おそらく売れ筋価格は30万円くらいだと思うので、いい商売だなーと眺めているけれど、事情は大変のようだ(アメリカについては・・)。

まー、だいたい新品価格30万円のギターなんて、詐欺みたいな商品が多い(これは、ギターに限らないお話ですよね)。某新興(もう新興じゃないか・・)メーカーのギターに関しては、100万円以下はカスとまで言われていて、実際に弾いてみるとそれは十分に納得できる。

現在の実態はわからないけど、今のところ日本は予算のあるオジサンに適当なものを売って成立しているように見える。しかし、そんな日本もそのうち状況は悪くなっていくことだろう。

そして、大手・・・の未来は、きっとない。あの天才は、そこまで読んだわけではないけど60年代初頭には、さっさと会社を去っているわけで、まー、そういうことなのだ(早過ぎだけど・・)。

しかし、そんな状況下で、私はじっと待っている。ただただ待っている。約3年後にオーダーしたギターに着手してもらえることを首を長くして待っている。3年後着手ということは手に入るのは約4年後。「その間、俺はどうしたらいいんだ?」と聞いても誰も答えてくれないので、フラフラと楽器屋を彷徨い、隙間を埋めようと必死だ。

お店には大量のギターがあるというのに、胸キュンするのは大昔のギターと鬼のように高いギターばかり。コリンズさんは死んじゃうし、腕の良かったルシアーはピークを過ぎちゃうし、良いものは希少だ。

人口減社会の景色って、結構わかりやすい。大量生産な方々には厳しいけど、腕を磨いているプロには冗談みたいな話なんだろうな・・。

おそらく4年は待てない。今持っているギターの中には素晴らしいものが最低5本はあるというのに・・・・・。人の欲望ってのは、品質に関して無限なのだ。

そう、無限なのだ・・。

【TAROの日記】

2017/10/10(火) 08:55

焼肉2枚

またまた、当社OBが勝手に企画して、我が家の庭でバーベキューをやった。

別に、炭を起こして肉を食べ、酒を飲んでいるだけ。こんな事の繰り返しを人は喜ぶわけで、まー、単純なものである。バーベキュー中、何を話したかも記憶にないし、「旨い!旨い!」と叫んでいた割に何を食べたかも覚えていない。        11時にはじまって、全員が帰ったのは21時くらいだから、浴びるほど飲んだのだけは間違いない。

酒は飲んだが、肉は食べられなかった。せっかく最高の肉を持ってきてもらったのに・・・。もう年である。そして、みんなも年を食った。

私が組織の新陳代謝を諦めて、もうずいぶん経つ。当社のやり方では、それで良かったと思っている。・・・というか、時代病に乗せられて、あらぬ方向に行かなくて済んだのは僥倖だとさえ思っている。

まー、しかし。みんなで年を食った景色を見る気持ちは複雑だ。このバーベキューも将来は老人会だ。                              ただし、それはそれとして、年を取ることは悪いことではない。どう厳し目に見たって、年を取れば取るほどに、人生は充実してきている。つまり、OVER波平の今も、私は上り調子にある。

では、何を恐れるのか?                           もちろん、俗に言う「七面鳥のジレンマ」が怖いのだ。楽しく過ごさせてもらって、「人生って最高だね」なんて言っていた翌日に、神の鉄槌が落ちる。それを恐れている。予測できることは、準備しているとはいえ、神はこっちの予測を超えてくるはずだ。

私たちは、結末を知っている七面鳥だけに、始末が悪い。まー、それでも、準備しつつ楽しむしかない。明日から、毎度の成田でセミナー。今回は、新しい参加者が結構多いので、またどんなドラマが生まれるか?

知らない七面鳥くんよりも、知っている七面鳥くんがいかに優位かを知ってもらって、最後には運命がやってくるにしても、「ふふふふふ」とほくそ笑む。それを可能にするための準備であり、挑戦。

七面鳥だろうが、人生をある程度コントロールできるってことは、エキサイティングで幸せなことだ。

【TAROの日記】

2017/10/06(金) 09:29

うちのスタッフがギターをはじめたお話

9月のはじめにバンド遊びの発表会をやった(ライブと言わせてもらえない)。

参加いただいた方々には、とっても盛り上がっていただけて、我々も驚くほどに楽しかった。

その後遺症・・と言ってはなんだけど、「おれ、バンドやる」とか「プロレスやりたくなった」とか、おじさん遊びの”菌”が周辺で増殖している(みたい)。
そして、その”菌”の一部は、見に来てくれた当社のスタッフとかOBにも感染中だったりする。

おそらく、そんなに強い”菌”ではないので、そのうち小康状態に入るとは思うけれど、昨日、感染したスタッフが「ギター入門セット」を持ってきた。教則本を出して「教えてくれ!」と言うのだ。

付属品がオマケなのか、ギター本体がオマケなのかわからないようなチープなギターは意外にも悪くない音を出した。セット価格10,800円としてはお買い得な音。

でも、このチープなギターと勢いだけではじめてしまったスタッフの佇まいに、私は何をすればいいのか?

仕方がないので、「最終的に、何が演りたいんだ?」と聞くと、全然知らない曲のタイトルを言う。まー、それはどうでもいいけれど、あんまり熱烈にやりたいことがあるわけでもないらしい。それで、彼とギターの佇まいが、さらに気の毒に見えてきた。

とりあえず、教則本のやっているところまでをさせてみる。
んーーーーー。目の前で起きていることは形容し難い・・。同時に、教則本の意図もわからない。世の中、こんな教則本ばかりはびこっているのだろう(ビジネス本と同じだね)。

数ページ進み『ハッピーバースデー』を単音で弾くというページに到達。あのお誕生日に歌う曲である。
楽譜を見ると、三拍子。そして、最初の「タァタ」という音が食って入る。しかし、素人は恐ろしい。ただ弾く。とにかく、自分の頭の中の記憶で弾く。楽譜もリズムもない。目の前の紙には、単に弦を押さえる所が載っているという理解。

つまり、ギターも基本からやらねばならないけれど、その前に音楽の素養ゼロ。二分休符を指差して「ナニコレ?」って聞いても、「そんなの知らない」と答える。

とりあえず、注意点を言い『ハッピーバースデー』の単音弾きの完成を目指させることにしたが・・・、いいんだろうか?

一応、クロマティクとCの3コードも宿題にした。

クロマティクはやらせてみると、指がタコの足のようにバタバタ動く。初めてなのだから仕方がないが、これってちゃんとなるのだろうか?

Cの3コードは、初心者の鬼門Fがある。でも、ダラダラ長くやって、この鬼門に遅く出会っても仕方がない。挫折するなら早い方がいい。だいたい、私は小学校6年生で弾いていたし、指の短い我が家の次女も中学生で弾いていた。おじさんができないわけはない。ただし、熱量の問題はある。

目の前の初心者とチープなギターのコンビに、どれくらいの熱量があるのか?
要はそこだ。そして、差異はどんな場合でも、そこだけなのだと思う。能力も何もいらない。熱量さえあればいいとさえ思う。

そんなことを思ったら、何人かの周辺の人々の顔が浮かんだ。みんな不器用だけど、熱量が凄いのだ。そして、だから彼らはやれている。それ以外にはない。

【TAROの日記】

2017/10/05(木) 08:47

机の上にマック

新しいマックを買った。

注文してから一ヶ月以上経ち、ちゃんと届いているけれど、ずっと箱に入ったまま机の上にあった。

正直、箱をあけるのもめんどくさい・・・・・・・・・・。

アマゾンの箱もそう。昔なら、届いたらすぐに箱を開いたものだけど、今は箱が山積みになることが多い。

お買い物がエキサイティングでなくなって久しい。
通販の箱ばかりではなく、リアルなお買い物もつまらない。
iPhone Xだって、購入してもそんなにトキメカナイ予感・・・・・・。

結局、新しいマックの箱をスタッフに渡して、開けてもらった。ついでに、セッティングも頼んで、仕事をしていると、「おおおおおー、スゲー」という声。
どうも、ずいぶん進化しているらしく、みんなで騒いでいる。

あれ?
もしかして一番おいしいところを取られた?

まー、それでも、最早、モノで喜ぶことはあまりない。好きなギターやアタッチメントでさえ、それほどトキメカなくなっている。そういえば、ライブに行っても昔ほどトキメカナイ・・。有名レストランでもトキメカナイ(というか、ハズレが多い。多すぎる・・)

そう考えると、ドナルド・フェイゲンのライブ中止は実に惜しい。エリカ・バドゥは素晴らしかったけど、でもトキメキ一歩手前だったしなー。

最近は、この日本でたくさんのビッグネームを見ることができる。でも、小学校の時見たガロや、高校の時見たセンチや、大学の時見たロキシーやパンタ、そして、社会人になってから見た宮沢昭やポンタを超えるものってあったかなー?

個人的な閾値。そして、日本人全部の閾値。これが私たちに復讐を企てて、もう10年以上が経つ。そして、人はそれをそれなりに克服してきたけど、それって抗生物質と細菌の関係みたいなものだ。だから、単に欲望を高めていっても、最後に待っているのは、欲望の枯渇。

でも、そこからいろいろ考えると、まだまだアイデアはあることに気づく。いつでも問題解決は、当たり前のことから考えていくことなんだろうね・・。

【TAROの日記】

2017/09/28(木) 08:56

磯野波平54歳

『サザエさん』の磯野波平は54歳だそうである。               私の1歳年下なのだ。

『レンタルおじさん』が密かに流行っているそうだ。メインのプレイヤーは定年後にやることがない暇なおじさん。話を聞いて欲しい若い女性に人気なのだそうだ。

50年代に書かれたマンガの波平さんはまだ現役で働いている(退職まで1年)。このシチュエーションは80年代くらいまでは通用したように思える。

『レンタルおじさん』は、仕事がない。だから、安価なレンタルに勤しんでいる。波平さんの時代なら余生ということになるが、今のおじさんたちは働けなければならない。

その差はお金の問題と金利の問題もあるだろうけど、それだけではない。時間が余って仕方がないのだ。

では、波平さんの時代の人たちはどうだったのだろうか?            当時、私は生まれていないし、70年代、80年代もまだ子供の類。あまりよくわからない。でも、当時のおじいさん達(きっと、今の私と変わらない年齢だったのだろうな~)を思い出してみると、みんな何かをやっていたと記憶している。

隣のおじいさんは、いつも畑をしていた。小学校の時には、算数を教えてもらったことがある。隣の隣のおじいさんは、竹細工を作っていて、5歳くらいの私はそのおじいさんのところによく遊びに行った。さらに、そのとなりのおじいさんには、イタズラをしてよく怒られた。威勢のいいおじいさんだった。斜め向かいのおじいさんは、帽子をかぶって毎日市場に出かけていった。話した記憶はないが、息子(・・といってもお父さん)を引き連れてさっそうと歩いていた。向かいのおじいさんは割烹の経営者だったと思われる。いつも庭木に水をやっていた・・・・・・・・。

昔も、おじいさんはたくさんいた。古き日本では身近な存在で、子供には景色の一部だった。私の記憶の彼らは、波平に近く、『レンタルおじさん』から遠い。おじいさんの概念もずいぶん変わってしまったようである。

55歳オカモトシロウは、今も現役で、引退する兆しはない。おそらく、『レンタルおじさん』はやらないし、竹細工もやらない。そもそも、本人の意識は、青年の延長にあって、「磯野波平54歳」という言葉の羅列には、違和感さえ感じない。

でも、磯野波平は54歳で、私は55歳だ。

今の私には、この言葉の意味さえわからない。

 

 

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップヘ