カテゴリー: TAROの日記
【TAROの日記】

2017/04/28(金) 08:51

「神経の太さにあきれるほかない」って言うことに、あきれる・・

その表現は、昨日の日経新聞1面『春秋』で見た。              「神経の太さにあきれるほかない」                      ナントカという復興相が「まだ、東北で、あっちでよかった」と言ったというあの騒ぎに対するコメントだ。

この発言、政治家としては問題だろう。あってはならないことは私でもわかる。しかし、一人の人間として考えたら、こう考えるのが普通だ。東北の人たちには申し訳ないが、新潟でなくてよかったと私は思う。

「こういう発言が口について出るのは、かねてからそう思っているからだ」という新聞の文章を読むと無性に腹が立つ。「お前は、聖人かよ!」って言いたい。私はただの凡人だから、かねてからそう思う。当然ではないか。そして、それは大臣でもそうだろう。発言をしてしまったこの人間はダメすぎるが、そのことと新聞の言っていることは別である。

マスコミの言う程度のことに、とやかく言うのはかっこ悪いが、こいつらのこうした聖人みたいな態度、無神経が一番気に入らない。おそらく、日経新聞以外のマスコミもこんな調子なのだろう。

私は仕事をしていて、いつも自信がない。もちろん、まったく自信がなかったら仕事なんでできない。でも、何が起こるかわからないのが仕事だから、いつも小動物のように観察を続ける。つねい自分の行動を疑ってかかっている。「正しい手」が常に打てるとは限らないと思っているからだ。

『春秋』の発言の主にそれはない。そして、自分は完璧だと思っているのだ。ほんのちょとでも「自分の所でなくてよかった」と思わなかったのだ。だって、この執筆者は「こういう発言が口について出るのは、かねてからそう思っているからだ」って言っているから間違いない。

あんた達みたいな聖人だらけになれば、世の中は良くなるんだろうな。でも、ごめんね、一般人の心はそんなにきれいじゃない。その現実をちゃんと見て論評できれば、もっと良い聖人になれるぞ、きっと(笑)。あんな人達が、「こういう発言が口について出るのは、かねてからそう思っているから」なのは承知したが、オレは、経験上そういう奴を信じないことにしている。

【TAROの日記】

2017/04/14(金) 08:51

ポケモンジム

当社新潟事務所のある建物のセブンイレブンが『ポケモンGO』のポケ・スポットになった。もう親父達しかやっていない『ポケモンGO』と思っていたけど、それなりにジワジワと狭い世界で生きているようだ。

私も今朝、ジムに置いておいたポケモン2匹がヤラれてしまったので、通勤途中にリベンジしてきた。最近は、だいたい4~5匹をジムで運用。確実にポケコインを積み増している。

一番強い所有ポケモンが2629CP程度という弱小だけど、その弱小が巨人たち相手に隙間を縫っていくのが面白い。そして、そろそろ止めようと思いつつも、新しい小さな目標が思いつくと、それをコンプリートしたくなっちゃうってヤメラレナイ。これは性である。

今は、「ナッシー軍団を作る」という目標のほか、いくつかの小さな目標があって、それをコツコツとやって遊んでいる。しかし、今でも『ポケモンGO』をやっているとうのは恥ずかしいことだ。まさか、ゲームをしている時に、自分が親父であることを実感するとは思わなかった。

ところで、私が帰路に必ず寄る地方公共団体の施設がある。ここにはポケ・スポットがあって、毎回ポケモンが5匹くらい出るので、駐車場に車をつけてチョコチョコとポケモンを拾って帰ることにしている。

この駐車場、いつも車があっても1台か2台。休日は知らないが平日夕方なんてこんなものなのだろう。そして、おそらく車は施設の受付の人のものだ。その光景が私には笑える。まるで、ポケモンのジムみたいだと思うのだ。ジムにポケモンを21時間置いておくとコインが稼げるように、公共施設におじさんを置いておくと、日本円が稼げるんだなーって思ってしまうのだ。こういうことを書くと怒られそうだが、そう思えるんだから仕方ない(悪気はない)。そして、日本中にリアル・ポケモンジムがあると思うのだった・・。

【TAROの日記】

2017/04/13(木) 08:55

善兵衛さん

「善兵衛さん」と父は呼んでいた。川上善兵衛。日本で最初にワイナリーを作ってしまった明治の企業家だ。

私の家は、その善兵衛さんが作った『岩の原ワイン』の近くにある。ワイナリーには子供の頃時々連れていってもらって、山の上の方でバーベキューみたいなことをやっていたと記憶する。今ではぶどう畑の上の方には行けなくなってしまったが、ワイナリー自体がバーベキューガーデンをやっていたこともある。

『善兵衛2014』が出た。主だった酒屋やネットでは売り切れていたが、ディスカウント酒屋に置いてあった。セラーには、5年前に発売された『善兵衛2009』もある。そろそろ飲み頃だが、後3年は置いておきたいところだ。

最近、日本のワイナリーがいい。しかし、日本で最初にワインを作り、あのマスカット・ベーリーAを産んだ『岩の原ワイン』の印象はあまり良くない。大衆向けワインの『深雪花』なんて作っているからダメなんだ・・と私は思っている。

おそらく、今もサントリーの資本が入っていると思う。ボルドーのワイナリーを復活させたり、他の日本のワイナリーで名作を作っているのだから、『岩の原ワイン』もなんとかして欲しいところだ。近くに素敵なワイナリーがあったら素敵だもんな。

そういうわけで、良い年しか作らない『善兵衛』には期待が大きい。私はあまり川上善兵衛のことを知らない。慶応大学在学中の時だったかそうでなかったかは忘れたが、奨められてワイナリーをはじめたという。奨めた奴も余程だが、その奨めに乗ったやつも余程である。でも、その気狂いな感じがとても素敵だ。

この土地はとても保守的なところだ。そして、口だけの奴が多い。もちろん、人の悪口も根拠なく流布する典型的な日本の地方だ。だから、川上善兵衛には親近感が強い。若い頃父は世話になったようで、善兵衛さんから教えられていたことを時々口にしていた。『岩の原ワイン』にその精神が継がれているかは知らないが、ぜんぜん違うところでまったく違うことをやっている私という小動物には、少し何かが伝えられているかもしれない・・。

「善兵衛さん」という言葉の響きが昔から好きだ。何者か知らなかった頃からなぜか特別だ。そして、明治は意外に近いのだと思う。

【TAROの日記】

2017/04/12(水) 08:56

DVD

昨日は、家で一人だったので、DVDを見た。

映画は、映画館で見ることにしているので、家でDVDを見ることなど基本的にはない。しかし、見もしないのに、DVDだけはたくさん持っている。

ちなみに、そんな私がDVDを見たのは、5月に予定しているセミナーのため。いろいろネタ仕込みのために過去の映画の復習をしようと思った。でも、やってられない。テレビ画面は昔よりも大きいけれど、しょせんテレビはテレビ。それに、ネタ仕込み程度のためにいちいち映画を見ていたのでは時間は足りなすぎる。

ところで、昨日はピチカート・ファイブが『女性上位時代』で元ネタにしたアレを見た。有名な失敗作であり、愛と嫉妬が入り交じり、できないことを無理にやると、これだけぎこちなくなる・・ということに本人も気づいたのか、そこから音のウルトラCを発明しちゃった映画である。

50年以上が経っている。そして、本人もファンも認める駄作である。でも、それがDVDになっていて、今も見られている・・という仕事って凄いなーと思う。コンプリート癖のファンを掴んでしまったら、後は丸呑みされるのみ・・ということ。そして、今もその丸呑みは継続中なのだ。数年前にやった新作なんて、世界中でわかる人は本人だけだろうしなー。

・・ってなわけで、仕事って、愛されることなんだなーっ改めて思った。同時に、愛しすぎると、あんまりきれいに撮れない・・ということも再確認。死ぬまでに、この映画はまた見ると思う。駄作なのにな~。

【TAROの日記】

2017/04/11(火) 08:50

匂い(感じ?)

この間、外でウロウロしていたら懐かしい匂い(感じ?)がした。懐かしいのはわかるのだけど、その正体はわからない。そして、私の心の中の「待って!」をよそにその匂い(感じ?)は消えていった。

昨日の帰路、ソレが再びやってきた。今度は、ソレが何かすぐにわかった。大学を卒業して社会に出た頃の匂い(感じ?)である。そして思った。「そうか、春だ・・」

どうして、そんな懐かしい感じがやってきたのかはわからない。今となっては遠い記憶なのだけど、今そこにあるかのように佇んでいる。今にも若い頃の青い自分が飛び出してきてなにやらわけのわからないことをやり出しそうな危険な臭いまでしてきた。

考えてみれば、若い頃の私は驚くほどにわけがわからなかった。おそらく周りの人も扱いに苦労したと思う。それが、どこでツジツマがあってきたのか?それはそれは不思議だ。もちろん、今もツジツマなんてあってはいないとは思うけれど、ここまで仕事をしつづけてきたのだから、ある程度の折り合いは付けてきたってことだろう。

一つ言えることは、統計では生きてこなかった・・ということが重要な感じがする。若い頃に勉強しているから統計に詳しいけれど、その統計の結果に「否!」っていつも言ってきた。それこそが人間の仕事だと思ってたようで、統計に反逆するのが好きだった。そして、それは結果的に、いろいろと裏を書く・・ということになって今に至っている。

世界は、冷たい統計屋が支配する時代に入る。今日の日経新聞1面でも連載記事がはじまった。それを見て、私の中の反逆児が言う。「つまらんなー」

おそらく、世界は、新聞や雑誌が予測するような世界にはまったくならない。あの頃の匂いを言語化すると、そういうものだったように思う。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページトップヘ