カテゴリー: 無理に哲学
【無理に哲学】

2009/04/30(木) 05:07

リズム

洞察力もあるし、

テクニックも文句なしだった。

でも、リズムに問題があった。

           (ヨハン・クライフ)
****************

経営でも同じですよね。

リズムが大事。

極端なことを言えば、

売上げも利益も関係なし。

素晴らしいリズムを保つことが全てです。

しかし、

中小企業が、リズムを保つのは、
並大抵ではありません。

一人一人の負荷が多いうえに、
リズム感も悪いときています。

私は、あまりリズム感が良くないので、
楽器をやっても、弾けるようになるまでに、
かなり苦しむ方なのですが、

会社では、リズム感の悪いスタッフに
苦しむことが多くあります。

自分のリズム感にも
スタッフのリズム感にも
イライラすることになっているんですねー。

それでも、
リズムを保つことに、焦点を当て続けないといけない。
これは、身体の小さい中小企業ならば、なおさらのことです。

【無理に哲学】

2009/04/28(火) 05:20

バカは高いところが好き

いかなる被造物といえども、

己れの存在を否定せずして

より高いグレードの自然に到達するのは不可能だ.

(アナンダ・クーマラスワミー)

********************

「自己否定即自己実現」
と言ったのは、誰だっけ?

ド忘れてしてしまいました。

確か、このテーマについては、
ニュースレターか有料メルマの原稿に書いたので、
気になる方は、そちらでご確認ください。

ここでアナンダが言う
「より高いグレードの”自然”」というのがいいですね。

そう、”自然”なんですよね。

このことについては、
『易経』でも、”坤為地”という卦のところに載っています。

確か
「習わないでもわかる」
というような表現になっていました。

私たちは、自己否定を続けていると(続けるのは難しいけど・・)、
時々、この境地になることがあります。

それは、いつも、
「コンチハー」
と言ってくるものではないので、
困ってしまうのですが、

来る時は決まっています。

十分、自己否定ができたときです。
でも、自己否定ってイライラするから、
創造というのは、イライラの行為ですね。

それでも、前に進もうというのは何なんでしょう?

バカは高いところが好き

ということでしょう。

*******************

「自分は正しい」ということを前提とした

「学び」は成立しません。

                  (内田 樹)

【無理に哲学】

2009/04/27(月) 05:46

邂逅

人生における一大事、

人生を人生として私たちに確認させるものは、

一言で言うならば邂逅であるといってよい。

                  (亀井勝一郎)

 ・・・・・・・ 亀井さんは、こう続けます。

書物でもいい

師匠でも友人でも恋人でもいい。

誰に出会ったかということが重大だ。

 ・・・・・・・ さらにさらに、亀井さんは続けます。

もしこのとき、この人(あるいは書物)に、

会わなかったならば、

自分はどうなっていたであろうと思うことがある。

そこに生ずるのは謝念である。

人生に対する謝念とは、邂逅の歓喜である。

こうした言葉に出会った時、何も言うことがなくなります。

できたら、後段の文章を、自分で書いてみてください。

相当量の過去の映像が浮かびますから・・・・・・。

そして、間違いなく、そこには邂逅の歓喜があります。

【無理に哲学】

2009/04/24(金) 05:02

安定

人間に安定なんてないよ

             (立川談志)

しかし、だから、安定を求めても仕方ない・・ではないですよね。

人間なんだから、安定は求めればいい。

ただ、そんなものは幻想だ・・ということを知って求めよ・・ということでしょう。

家元(立川談志のこと)も、そう言いたいのではないかと勝手に思っています。

以前、ある若者が、

「どうすると、バランスの取れる生活ができますか?」

と聞いてきたので、

人間というのはね、”過ぎる生き物”なの、飲み過ぎるし、太りすぎるし、使いすぎる。

でも、それを小利口に”過ぎちゃいけない”と考えるはよくない。

・・・・・なんて生意気を言わせていただきましたが、本当にそう思いますね。

バランスなんて、極端に走ってみなくちゃわかるわけがありません。

「安定」だって求めりゃいいですよ。

【無理に哲学】

2009/04/23(木) 04:53

竹のフシ

竹にはフシがある。

そのフシがあるからこそ、

竹は雪にも負けない強さをもつものだ。

同じように企業にもフシがある。

儲かっている時は、スムーズに伸びていくが、

儲からんときが一つのフシになる。

このフシの時期が大切なのだ。

                 (本田宗一郎)

*********************

連続○期増収増益なんてのは、

別に狙わなくても良いと言うことですね。

*********************

私は、フシのない企業は、

どうも不安で見ていられないような気がする。

                 (本田宗一郎)

*********************

生意気ですが、実は私もそう思っています。
             

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページトップヘ