カテゴリー: 勝手に音楽話
【勝手に音楽話】

2004/09/29(水) 11:37

「Medulla」 Bjork

恥ずかしながら、Bjorkのこの新作はまだ聞いていない。
どんな内容かはすでに伝えられているので、彼女の声を焦点を当てたアルバムだということは知っている。そして、聞いた人たちからの良い評判も了解している。

なぜ、ここで、このアルバムについて書こうと思ったかは、Bjorkがコアコンピタンスを全面に出したアルバムを作ったと思うからである。

(さらに…)

【勝手に音楽話】

2004/09/17(金) 11:07

「Skylarking」 XTC

「反成功」の代表選手XTC。そのXTCが成功してしまったのが「Skylarking」。
しかし、この「Skylarking」をアンディー・パートリッジが気に入らない。(最近は考えが少し変わってきたみたいだけど・・)
その理由はプロデューサーのトッド・ラングレンとの確執にあるわけだけど、この個性のぶつかり合いが名盤を作らせ、反成功の代表選手に一時の成功を与えたというのは何だか皮肉な話だね。

(さらに…)

【勝手に音楽話】

2004/08/18(水) 01:28

「Catch a Fire」 Bob marley

誰にでも「衝撃」が走ったアルバムがあると思う。
そして、このボブ・マリーの世界向けファースト・アルバムは多くの人にとって衝撃になった。
しかし、プロデューサー クリス・ブラックウェルの思惑とは反対に最初は売れなかったらしい。
正にジワジワ売れていった名盤。

(さらに…)

【勝手に音楽話】

2004/07/28(水) 09:34

アマゾン あきらめた・・。

アマゾンは話にならない。
勝手に音楽について話そうとすると、そのCDがない。
おかげで、アマゾン連動でこのページを保持するのは困難。
もうやめた。
アマゾンと関係なしにやることにする。

だいたい、本屋は本を売っていれば良いのだ。(と言っても、最近改善の傾向にあるものの、正直、品揃えから言ったら、八重洲ブックセンターや紀伊国屋のサイトだと思うのは私だけ・・)
まぁ、所詮、大衆書店なのだから、望む方がアホか・・。
と言うことでした。

今、「ヌーベルヴァーグ」というCDにはまってるんだけど、これなんて、どこにもない。
と言ってたら、何とかタワーレコードにありました。
音楽事情はWEBが発達しても本質的なところがあんまり変わらない。しかたないけど、悲しいなーぁ。

【勝手に音楽話】

2004/07/23(金) 09:36

Peter Gabriel

このレコードはロンドンをフラフラしているときにヴァージンで買った。
まだ、日本にヴァージンがなかった時代なので、ワクワクしてお店に入ったよなーぁ。
モハメッド・アリの兄貴分という変なおじさんと仲良くなって、そのおじさんとリバプール姿のおにいさんとロンドンのパブを渡り歩いた景色とこのアルバムの音はシンクロするんだよなー。
と個人的なことを書いているけど、まぁ、音楽なんてそんなものなので・・。

(さらに…)

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページトップヘ