カテゴリー: 毎日が哲学(土・日・祝祭日 休業)
【毎日が哲学(土・日・祝祭日 休業)】

2007/08/20(月) 05:11

お祭り

村ではお祭りがある(どこでもあるか・・)。
そして、役目もある。

今年も昨年に引き続きお役目があった。
今年は獅子舞いである。

セミの声とお囃子の中で獅子舞い。
「仕事がいっぱいあるんだよなー」と思いながら、獅子をやる。

こんな祭りは嫌いじゃない。
仕事さえたまってなければウエルカムだよなー。

そこでセミの声の中で哲学。
「仕事って、本当に人生の一部でしかない」

しかし、その仕事にほとんどをささげる方が収入は良い。
いろいろなことをはじめると収入は落ちる。

でぇ、収入だけが価値みたいな世界は嫌だよなー。
でも、収入は大事だよなー。

だから、後はその人のそれぞれの加減。

問題は、加減をつける能力があるかどうかね!

【毎日が哲学(土・日・祝祭日 休業)】

2005/11/30(水) 06:55

「毎日が哲学」365日目

本を書くということは、裸で街を歩くようなものである。

ついでに、こんなところに「哲学」などとウソをつきつつ、適当なことを書いているのは、裸で喫茶店に入るようなものである。

さらに、ついでに、「次は何をしようかな~」と考えながら、まだ続ける気でいる太々しさは、喫茶店で裸踊りを続けるようなものである。

と言うことで恥知らずの裸踊りは続きます。

そんなわけで最後(?)の哲学。

「冠に”無理”という言葉がくっつく行為にまともなものはない」

ということで「無理」に365日をやり続けた『毎日が哲学』は本日でエンドといたします。
大変大変ご迷惑をおかけしました。
厚顔無恥さは自らも承知のうえ。ですから、最悪です。
勘違いしてやっている方がまだかわいいというものです。

そんなわけで、明日より新シリーズ。
厚顔無恥の意味なしカキコは、これからも続きます。

とりあえずは、
最初から最後までおつき合いいただいた方も、
途中から見ていただいた方も、
「くだらねー」と言って既にこんなブログは見ていない方も、
今日だけたまたま見てしまった不幸な方も、
ひとまとめで、ありがとうございました。

                   岡本 吏郎・・・・・・・・撤収!!

【毎日が哲学(土・日・祝祭日 休業)】

2005/11/29(火) 07:38

「毎日が哲学」364日目

マッサージ付きのタクシーに乗る。
変なシートがついていて、スイッチを入れるとブルブル震える。

スイッチを入れてみたけど、まったく意味なし。
気持ちよくもなんともない。

そこで哲学。

「ベーシックなものが一番良い」

【毎日が哲学(土・日・祝祭日 休業)】

2005/11/28(月) 08:34

「毎日が哲学」363日目

エスカレーターとエレベーターのどちらにするか?
デパートに行くと、いつも思いながら結局エスカレーターに乗る。

どうも、来るのを待ったり、人のペースに合わせたりが極端に苦手・・。
一番上の階に行くにもエスカレーターを選んでしまう。

そこで哲学。

「実際に早い必要はない。早く感じればいいのだ」

追記
後2回で、このコーナーも終わりだ~。
別段、終わり方を決めてないので、普通に自然に終わると思いますけど・・。

【毎日が哲学(土・日・祝祭日 休業)】

2005/11/25(金) 08:57

「毎日が哲学」362日目

寝そけた・・・。
12時過ぎるというのに寝られない。
仕方がないので音楽聞いたり、本を読んだり。

こんな時は、
「なんで人って寝るのかな~」なんて思う。
「人生の三分の一も寝てるというのは人生的にどんなものだ?」なんても思う。
そして、いつの間にか寝てるのよね・・。

そこで哲学。

「人生とは”いつの間にか”の連続でしかない」

と私は思います。
基本的に「いつの間にか」という言葉が好きです。

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページトップヘ