日別: 2018年4月24日
【TAROの日記】

2018/04/24(火) 08:50

ガイガーカウンターと昔の上司

本人を見ていないので推測だが、「星野源に似ている」という表現は、犯人の特定を優先するならば、一番秀逸な表現の可能性がある。
これを、「目はちょっと謎な感じで、口元は・・・・」って言われてわかる奴はいるのか?私は絶対わからない。

「気狂い」という表現が使えなくなって久しい。バカなことを・・と思っている私は平気で使っているが、ゴダールのあの名作も昔のタイトルで呼べない・・というのは、戦中の日本と似ているなーと思ったり、キリスト教が7コードを忌み嫌うというアホなことと一緒だな・・と思ったりしている。

星野源本人が文句を言うのはアリだ。本人の言い分には「すいません」としか言えない。でぇ、そういう場合もあるから、そういう表現はアカン!と思う人がいる。だが、私には余計なお世話にしか思えない。きっと境界線の混乱が激しいのだろう。

でも、そういう人はいる。だから、仕方がない。いっそ星野源に直接確認してから・・・・・・・。
危ない、危ない!ちょっと引っ張られてしまった。境界線混乱の状況には、巻き込まれることがあるから気をつけねばならない。でも、すでに、ここでこんなことを書いているのは巻き込まれている・・ってことだな。

数年前、ガイガーカウンター女の余計な行動に、一部迷惑した人々がいた。
でも、そんなんばかりで、世の中は今みたいになった。
マスコミはダメすぎるが、その理由の一つに、どうでもいいことにいちいち電話でケチをつける奴がいる・・のも影響があるかも?・・・とうがってみている私には、昔の上司の顔が浮かぶ。

まー、こいつの仕事のケチの付け方が凄かった。
あまりのくだらなさに、みんなで天を仰ぐしかなかった。
本人は、それでも「オレは仕事ができるんだ!」と思っている。
周りは「そんなどうでもいいことに、いちいちケチをつけないで、生産的な仕事をしろよ」と思っている。
もし、それを口に出したなら返ってくる答えは見えている。反論できない理由ってのは、一番質が悪いと来たもんだ。
人権とか、プライバシーとか、傷つく可能性とか、○○の可能性とか、△△の可能性とか・・・・・・・、一部、杞憂なものを含めて、ぜーんぶ大きな声で言われれば否定できない。

表向きの正義の裏側。その底は浅い。そして、それはみんなに見えている。
でも、先輩をはじめ、誰もアイツ(上司)にそれを言えなかった。
もう引退していると思うが、今も似たようなことやってのかな?
その可能性はあるな・・・・・・。世に放たれてしまった・・ってのは困った話だ。

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページトップヘ