月別: 2018年4月
【TAROの日記】

2018/04/26(木) 08:56

おもちゃ

久しぶりに、おもちゃ(電子機器)を買った。
でも、最近は忙しすぎて箱から出すのも面倒くさい。

そういうわけで、ずっと放っておいたけど、突然30分ほどの時間が出現。少し人生をおもちゃに捧げることにして、箱から出してみる。つないでみる。かまってみる・・・・・・・・。

・・・・・・・・・

もう、全然わからない。
これは使えるようになるのか・・・・・?

・・・ってことが最近多すぎる。
おかげで、おもちゃは買わないようにしているが、その吸引力は凄い。抵抗できない。今回のおもちゃも1年は我慢した。でもついに転んでしまった。
んーーー、買わなきゃよかった・・と後悔しつつ、打開策を模索する。

早く寝なきゃいけないのに、夜中にyou-tubeを徘徊した。
今回のおもちゃは、あまり使用方法の映像がない。こんな程度のものは、使えて当たり前という雰囲気・・・・・・・。イライラが頂点のまま、とりあえず寝ることにする。

翌日夜、おもちゃの始末をつけないとどうにも落ち着かない。再びかまってみる。
あれ? 直感的に使える?
何が起きたのか?
よくわからない。
細かいところは無視すれば、とりあえず実用にはなる。・・どころではない、これはかなりの優れものだーーーーーーーーーぁ!!

しかし、これもいつも来た道。
この後、私はきれいさっぱり使い方を忘れる予定。
そして、おもちゃは粗大ごみとなる。
アーメン!!

追伸
バンドメンバーのみなさんへ

久しぶりの土曜日の練習には、コイツを持っていきます。
ニコニコしながら自慢げに、新兵器を使う私を見てやってください。

みんなが「どうせ、今日しか使わないんだろうなー」と心の中でも思っていても無視です。本人は、本番で使う気バンバンです。そのために曲ごとのパッチまで作っちゃいました。ただし、その保存したパッチを順調に取り出せるかはわかりません。メモはしたけど、最近の記憶力は信用できないので・・・。

電子機器って、便利そうな顔しているだけで、実は非常に不便ですよねー。パスワード忘れてしまってビットコインを2度と引き出せなくなっている人が世界中にいますが、私の電子機器の中もそんなものだらけです。
そう言えば、昨年、シーケンサーで作った「だから、お前はダメなんだ!」のループもどこ行ちゃったかなー。名作だったのに・・。

 

 

【TAROの日記】

2018/04/25(水) 09:14

景色

先週、横浜まで映画を見に行った。
小さい二番館なので、ガラガラと思っていたら大量の人。
とても驚いた・・・・・・・・。

仕事が終わってからドキュメンタリーを見に行った。
地味なドキュメンタリーを平日の夜に見る人なんていない・・と思っていた。場合によっては客はオレ一人だな・・くらいに思って中に入ると、満席。
ちなみに、この場末の映画館で、こんなに大量の人を見たのははじめてだった。いつも3人くらいが相場だったからなー。

当然のことだが、日比谷の新しいミッドタウンは大勢の人がトグロを巻いていた。平日でも凄いのだから休日はもっとなのだろう。

夜中に代官山方面を散歩していると、ブルワリーが満席で賑わっているのが見えた。道は暗くてひっそりしているので、とても対照的。一人で歩く自分をちょっと寂しく思った。

古川橋近くのフレンチはガラガラだった。
別に味は悪くない。前菜系はどれも美味。確かにメイン料理はオススメできぬレベルだけどワインもいい。店の感じもとても良い。
確か金曜日の夜のことだったと思う。

御殿山のマリオットホテルの中にあった和食店はなくなっていた。
ホテルは、御殿山ヒルズ時代よりも寂しくなった感じがする。
腹が減ったので、品川まで歩く。
品川周辺は、すごい人。飲食店はどこもいっぱいで入れない。さらに、別の場所への移動を余儀なくされる。

新潟の事務所は、税理士業務がなくなったので人は減った。でも本は増えた。大きな本棚が増設されたので、今は人よりも本が威張っているかも?

そろそろ畑の雑草がすごい。
これから梅雨になると、もっと凄いことになるので今のうちに取らないと大変だ。

混んでるとか空いているということが、心に及ぼす影響はとても大きい。ゴミ箱がいっぱいになれば気になるし、ポットのお茶がなくなれば作らなきゃいけない。机の上はきれいな方がいいけれど、仕事がないのは困る。

もしや人生の景色なんて、そんな単純なことなのかもしれない・・。

【TAROの日記】

2018/04/24(火) 08:50

ガイガーカウンターと昔の上司

本人を見ていないので推測だが、「星野源に似ている」という表現は、犯人の特定を優先するならば、一番秀逸な表現の可能性がある。
これを、「目はちょっと謎な感じで、口元は・・・・」って言われてわかる奴はいるのか?私は絶対わからない。

「気狂い」という表現が使えなくなって久しい。バカなことを・・と思っている私は平気で使っているが、ゴダールのあの名作も昔のタイトルで呼べない・・というのは、戦中の日本と似ているなーと思ったり、キリスト教が7コードを忌み嫌うというアホなことと一緒だな・・と思ったりしている。

星野源本人が文句を言うのはアリだ。本人の言い分には「すいません」としか言えない。でぇ、そういう場合もあるから、そういう表現はアカン!と思う人がいる。だが、私には余計なお世話にしか思えない。きっと境界線の混乱が激しいのだろう。

でも、そういう人はいる。だから、仕方がない。いっそ星野源に直接確認してから・・・・・・・。
危ない、危ない!ちょっと引っ張られてしまった。境界線混乱の状況には、巻き込まれることがあるから気をつけねばならない。でも、すでに、ここでこんなことを書いているのは巻き込まれている・・ってことだな。

数年前、ガイガーカウンター女の余計な行動に、一部迷惑した人々がいた。
でも、そんなんばかりで、世の中は今みたいになった。
マスコミはダメすぎるが、その理由の一つに、どうでもいいことにいちいち電話でケチをつける奴がいる・・のも影響があるかも?・・・とうがってみている私には、昔の上司の顔が浮かぶ。

まー、こいつの仕事のケチの付け方が凄かった。
あまりのくだらなさに、みんなで天を仰ぐしかなかった。
本人は、それでも「オレは仕事ができるんだ!」と思っている。
周りは「そんなどうでもいいことに、いちいちケチをつけないで、生産的な仕事をしろよ」と思っている。
もし、それを口に出したなら返ってくる答えは見えている。反論できない理由ってのは、一番質が悪いと来たもんだ。
人権とか、プライバシーとか、傷つく可能性とか、○○の可能性とか、△△の可能性とか・・・・・・・、一部、杞憂なものを含めて、ぜーんぶ大きな声で言われれば否定できない。

表向きの正義の裏側。その底は浅い。そして、それはみんなに見えている。
でも、先輩をはじめ、誰もアイツ(上司)にそれを言えなかった。
もう引退していると思うが、今も似たようなことやってのかな?
その可能性はあるな・・・・・・。世に放たれてしまった・・ってのは困った話だ。

【TAROの日記】

2018/04/23(月) 09:17

食い物について、さみだれに書いてみたら・・。

まずいギョウザ・・・というのはないと思っていた。
しかし、考えてみれば、あってもおかしくない。
中の肉が臭ければ完成である。

そんなギョウザを食べた。
後、数十メートル歩けば、おいしい有名店に着いたはずが、ものの弾みで入ってしまった。

話は変わって・・。
この間、突然約束がキャンセルになり2時間ほど時間が浮いた。
立地的に自由がきかず、仕事の道具も持っていなかったから困った。
そうなると、思ったようにはならないので少々無駄に過ごした。そして、改めて時間に余裕のない毎日を送っていることに気づいた。おそらく私の人生はかなり効率的なのだ(せわしい・・とも言う)。

でぇ、その効率的な人生に、時々、ケリを入れてくるのが食べ物である。
私の東京でのご飯が、成城石井か無印良品のレトルトカレーが多くなっているのは、ある意味で避難しているのに等しい。

ずいぶん前に、東京ではラーメンは食べなくなった。
1軒だけあった認めていた店もまずくなり、今は地元のラーメンしか食べない。
選択肢が減って悲しいが、最初から諦められるのは効率的だ。

どう考えても、外食は暗黒大陸だ。
どうして、外食だけはリスクがあるのだろう。無駄だらけなのだろう。
食べログとかもほぼ意味ないし・・・・・・。

数ヶ月前から通うようになった精進料理屋が満席だった。お昼の予約がいっぱいでもう入れないと言う。ある意味で、難民収容所だなーと私は思った。

ファーストフードはいい。
時間のない時に便利だ。
もちろん、カロリーメイトを歩きながら食べるのには負けるがいい。
そう言えば、昔カロリーメイトだけを大量に持って山を縦走したことがある。さすがに、5食目で喉を通らなくなり山を降りた。

一昨日東京駅で買ったカツ丼弁当の油はひどかった。某かつ専門ファーストフード並みなのだから、文句を百ぐらい言いたい。一応、ブランドな感じの店のものだったけど、あそこの油はヤバイと思うよ。
・・・ということで、ファーストフードでは許せることが(と言っても、私は某かつ専門ファーストフードは絶対行かない。殺されるような感じがするだもん・・)、東京駅構内専門店が売る弁当では許せない。弁当も大変だ。

某有名成り上がり飲食の財務諸表を見た。
予想通り悲惨な内容。
私のような専門家には予測のつく数字だが、一般の人に解説したら驚くことだろう。
大きな借金をして店舗展開をし、私みたいな者にケリを入れる・・・・・・。なんという経済活動なんだ?

そんな視点で、飲食以外の商売についても考えてみる。
実に、つまらない”経済活動のようなもの”がある。それも少なくない。
近づかなきゃいいのでどうでもいいけど、厭世的気分が溢れてくる。うまいものが食べたいなー。

 

【TAROの日記】

2018/04/10(火) 09:11

フジロックでボブ・ディラン

この話を聞いたときには、「うそ!」と思わず言ってしまった。今でも信じられない。

ケンドリック・ラマーで驚き、ボブ・ディランで呆然。今年のフジロックは、大量の人で溢れそうだ。
しかも、ディランはノーベル賞までもらちゃっているのだ。これは音楽好きを超えてムードが広がりそう。

さて、そんな状況で、ディランをどう聞くか?
これは大いなる悩みだ。

フェスのディランを見れるだけで夢のような話だが、いざその場が提示されると困る。
フェスだから、この間のライブのような演出にはならい・・と勝手に考えれば、ステージ前に行きたいが、彼の年齢を考えるとそうならない可能性も大きい。それなら、ちょっと後ろでもいいわけで・・・・・。でぇ、どうしたらいいんだ?と思い悩み、最近は悩むのがめんどくさいので、どうでもよくなってくる・・・。

昨年は、ビョークで悩んだ。最後の最後まで悩んで、結局ステージ前に突っ込んだ。
当たり前だが大成功。突っ込んで良かった。大事な大事な思い出になった・・・。

・・・ってことは?
でも、この間のオーチャードホールみたいのだと、どうするんだよ!!

でも、オーチャードホールとの大きな違いがある。
お客さんだ。
フジロックのステージ前に、あんな客が集まるわけはない。

・・・ってことは?

おそらく、私は突っ込むのだ。

後、3ヶ月・・・・・・・。悩みに悩んで、結局、その場で決めるんだろうなー。
直近、ビートニクスを椅子に座って見ると決めたオカモトの悩みは深い。

 

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページトップヘ