【TAROの日記】

2018/02/13(火) 08:52

第三勢力

精進料理の良い店があると聞いて行ってみる。

小さな自宅の一部屋を開放して、趣味でやっているらしい。
お香と3年番茶の匂いが好感度を高める。

おいしい料理を食べて、全部で1000円。
お客は、私たちしか居なかったが、そのうち2組が入ってくる。一組は常連のようだった。
おそらく、私たちもこれから常連になる。

例のラーメン屋もそうだが、商売よりも品質を優先した小さな店は良い。そんなこと言うまでもないのだが、最近チラチラとそんな店が目立ち始めた。

料理は素人がコストを無視して作ったものが一番。もちろん、全盛期のすきやばし次郎のような寿司は素人に無理だが、素人のコスト無視料理にかなう料理なんてそんなにない。

料理の第三勢力は大して儲からないが、一定の常連客を掴み息の長い商売になるだろう。地方の名店が後継者のないまま閉店に追い込まれている悲しい流れの中で、希望の持てるお話だ。

さらに、この手の店の潜在力。これからの日本市場で無視のできない潜在力がある(と私は思っている)。
こうした店の向こうに新しい市場が見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページトップヘ