月別: 2018年2月
【TAROの日記】

2018/02/27(火) 08:46

1億円

新記録を出して、1億円。
誰もが「それは、ちょっと多いんじゃない?」って思うだろう。

まー、金額はいい。
我々素人は、相場もわからないし、努力の価値も見積もれない。

でも、仕事柄のせいもあるけど、直感的に思ってしまう。
「この人、大丈夫かな~?」

仕事では、1億円なんてそれほどのお金ではない(大きいけど・・)。
でも、生活の1億円は大金だ。
そして、そんな金額に縁のない人が、それを突然手にすると余程じゃないとやられる。
イケイケドンドン時代の日本は、農家などの土地をたくさん買収して、道を作った。
お金は大量にばらまいて不幸な人を作った。
私の脳裏には、そんな不幸な人たちの顔が何人か浮かぶ。

もちろん、誰もがそうなるわけではない。
なる人は、絵に描いたように不幸になるし、ならない人は何も変わらない。
そして、その差がどういうものかは、それなりにわかっているつもりだ。

今回の人がどっちかはわからない。
だいたい、そんなことを考えるのは余計なお世話。
だから、以後考えるのはやめる。

この間、私に「○○円まで、個人の貯金が貯まりました」と報告に来た人がいた。
うれしそうだった。
本当に、がんばっていると思う。
ジワジワと進む。才能がない者にはこれが一番。そして、ジワジワの数字は底堅くて強い。
でも、きっと才能のある者も同様だ。
1億円の人は、才能の人なのか、努力の人なのか、両方の人なのかはわからない。でも、同じだ。ジワジワがいい。

ところで、税金である。
きっと手取りが振り込まれて、びっくりして、その後、申告でびっくりして、更に地方税の納付書が来て死ぬんだろうな・・。

使いすぎには注意しましょう(これにて、余計なお世話終わり)

 

【TAROの日記】

2018/02/26(月) 08:57

ボードゲーム

ボードゲームが流行っているらしい・・・・・・。

我が家では、子どもたちが小さい頃、大晦日にボードゲームをやることが掟になっていた。
そのため、年末に向けてボードゲームを探すのが私の仕事。10月くらいから探索を開始し、”とっておき”を購入する・・という時間を10年以上過ごした。
何と言っても、年末の行事なので、ハズレられない。
経験を積んだ家族に、「面白い」と言わせるのは、結構大変だった。

昨年の年末は、子どもたちが大量のボードゲームを押入れから出してきて、あーでもない、こーでもない・・とやっていた。そして、懐かしのボードゲームをみんなでやることとなった。とても懐かしい時間だった。

その理由を、今日のNHKのニュースで了解した。
テレビを見ていて思った。
「私みたいな親がそれなりにいて、そういう親から育てられた子どもたちが流行らせている・・?」

本当の理由はわからないけれど、それも一因のような気がする。
世間が、ボードゲームなんて相手にしない頃から、ネット上には、ボードゲームの情報がそれなりにあった。まだネット初期の頃だったから、情報は限定されていたが、その分濃厚だったと記憶している(完全に、パソコン通信の延長でしたね)。

そうしたコアな情報を参考に、ゲームを探すものの入手不能のものが多かった。
でも、限られた情報や品揃えからでも、根性で選択していると、まずハズれることはない。結構、シンプルだけど面白いゲームがあった(逆に、複雑なのは、微妙なんものもあった)。

ゲームそのものをしたいとは、あまり思わないけど、ゲーム探索はやりたいなーという気分が湧く。今考えてみると、子どもたちが小さかった頃のあの十数年は、とても貴重な期間だったんだなーと今は思う。

なんてったって、探索というのは、面白いのだ。
そういうわけで、今も、探索は続く。
現在は、空間系ツールの探索に旅立とうとしている直前。情報収集にイザ出陣と思いながら、忙しくて何もできないでいる状況。それでも、人生は探索なので、やらないではいられない。仕事の優先順位なんて、本来、探索より低いべきだと思うね。

 

 

 

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2018/02/23(金) 08:57

恐怖

NHKで、小澤征爾のインタビュー(過去のもののダイジェスト)が流れていた。
そのインタビューで、彼が「音楽は、とても難しいんだ」とシミジミと発言しているのが印象的だった。

私は、この発言を聞いていて、自分が与えられていないものについて、ちょっと悔しさを感じだ。
専門家が「音楽は、とても難しい」という言う。私は、うなずく。でも、私は絶対にわかっていない。わからない。

しかし、同時に、それだけが音楽ではないことを小澤征爾は承知をしている。だから、そのインタビュー時に流れた、どこかの学校のコーラスをしみじみと聞いていた。
私みたいなのが聞いても、その完成度の低さは驚くレベルのものだったが、彼はそんなことはどうでもいいと考えている。それも音楽なのだ・・と思っているのだろう。

ポンと一音を出す。
私は、この件について神から何も与えられなかったので、とても雑だ。
何も考えずに、ポンって音を出してしまう。
実に、気楽で、その世界の恐ろしさを知らない。
それでも、それが恐怖の世界だということは、理屈ではわかっている(まー、あくまでも理屈だから、全然わかっていないけど・・)
そんな世界で、「難しい」と言いながら、たくさん音を出す人たちって何なのだろう?
私には、人間に思えない。

でも、私も、そんな恐怖を知っている場がある。それが仕事なのは言うまでもないが、部下たちの仕事を見ていると、この”恐怖”ってところがまるでわかっていないと思うことがある。だから、そこを教えるというのがトップの役割の一つなのだろう。

あれ? 指揮者と同じじゃん。
オーケストラの構成員は、もちろん恐怖の在りかは重々承知のプロだけど、それでも、そんなやり取りはあることと思う。

んーーー、しかし、これはとても難しい問題だ。そういえば、世間でもアマチュアの合唱レベルの仕事って実に多い。ほとんど、そんなものと言ってもいい。

んーーーーー、実に難しい。
気づいてみたら、小澤征爾と同じことを言っていた。小澤さんの言葉を聞いてたら、私は、この恐怖に初めて気づいたってことなのね・・・・・。あぜん!

 

 

 

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2018/02/14(水) 08:53

インフルエンザ

明日は、『戦略セミナー』。
約160名の方々に申し込みいただいている。

ところが・・・・・、
って書くと、私がインフルエンザになった・・と思う人もいると思うけれど、そうではなくて、約30名の方が不参加。
仕事が理由の方もいるが、結構インフルエンザで欠席・・という方々がいる。
約20%が欠席の高額セミナーって、あるんだなーと我ながら感心するが、来年からは、この時期は避けようと思った。

私のスケジュールは今年もいっぱいいっぱいで、明日の予定も間隙をヌッて入れているような状況。春以降は、やれる状況にない。
だいたい、明日のセミナーは当初昨年秋を予定していたのだから、すでに半年ほど伸びている。

冬は、インフル。秋は台風。
なかなか、セミナーがやりづらい今日この頃。
当社の定番セミナーは、毎年時期がほぼ決まっているし、他にやるとなると、リスクのある時期くらいしかないのかもしれない。

インフルエンザの皆様は、ゆっくり静養ください。
ある面、インフルエンザって、強制的に休まされるので、ちょっと楽しいところもありますが、明日は本当に残念です。みなさまにお会いしたかった・・。

できたら、第二回目でお会いしましょう。
第二回目は、実は第四回くらいを予定していた内容を急遽2回目に持ってきたほどの“旬”です。
“旬”と騒ぐのは、私くらいだけど、どういう風に“旬”なのか、そして、おそらくあまり世間的には理解されていない切り口で展開しますのでお楽しみに!

明日は、たんぽぽ話から入るよー。
本質を知ると、世間の騒いでいることの多くがバカなことに見えてきますよ。
そこら辺を楽しみにしててください。

【TAROの日記】

2018/02/13(火) 08:52

第三勢力

精進料理の良い店があると聞いて行ってみる。

小さな自宅の一部屋を開放して、趣味でやっているらしい。
お香と3年番茶の匂いが好感度を高める。

おいしい料理を食べて、全部で1000円。
お客は、私たちしか居なかったが、そのうち2組が入ってくる。一組は常連のようだった。
おそらく、私たちもこれから常連になる。

例のラーメン屋もそうだが、商売よりも品質を優先した小さな店は良い。そんなこと言うまでもないのだが、最近チラチラとそんな店が目立ち始めた。

料理は素人がコストを無視して作ったものが一番。もちろん、全盛期のすきやばし次郎のような寿司は素人に無理だが、素人のコスト無視料理にかなう料理なんてそんなにない。

料理の第三勢力は大して儲からないが、一定の常連客を掴み息の長い商売になるだろう。地方の名店が後継者のないまま閉店に追い込まれている悲しい流れの中で、希望の持てるお話だ。

さらに、この手の店の潜在力。これからの日本市場で無視のできない潜在力がある(と私は思っている)。
こうした店の向こうに新しい市場が見える。

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページトップヘ