【TAROの日記】

2017/11/27(月) 08:56

大改革?

自民党の圧勝で、やっと懸案の所得税改革がはじまるようだ。

その考え方は、「まーそうねー」ということで同意はしておくが、どうにも違和感が取れない。

所得税改革の主な内容は、多くなってきた自営業者(フリーランス)と給与所得者の不公平。
そして、年金受給者で、給与所得もある人の控除二重取りの問題。

昔、年金収入は給与所得だった。
だから、昔の所得税法ならば、今問題になっていることは起きていない。

昔、「みなし法人課税」という制度があった。
だから、昔の所得税法ならば、今問題になっていることは起きていない。

だいたい、自営業者と給与所得者の不公平の問題なんて、「みなし法人課税」が廃止されてから、ずっとそうだったわけで、そのことは私も2003年に書いた本で指摘をしている。

もちろん、時代の変化に応じた改革は必要で、過去に年金収入を給与と分離したのはそれ相応に理由があることは了解している。

それでも、なんだか解せないのはどういうことだろう?

いろんな理由があるけれど、基礎控除を38万円から50万円にする・・とか言っているあたりに、その解せない気分の大きな理由があるように感じる。

え? それで改革・・って思うのだ。
そして、だから、今回の改革って昔に戻すみたいな感じじゃん!と言いたくなるのだ。

それに、増税ありき・・ってのもミエミエ。
決して、「みなし法人課税」を復活ってことにはなるわけはない。

結局、税制を根本から変える気なんてないのだ。
役人の寿命を縮めたくもないだろうしね・・。

でも、消費税のときとは違う。
根本的制度はできている。
ただ、その根本に乗っかって、紛れもない改革をすればいいだけだ。

そしたら、答えはほぼ一つじゃないかなー?

セコセコしたことやってる姿には、歴史上のいろんな日本人が見えちゃうよな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページトップヘ