【TAROの日記】

2017/10/17(火) 08:58

クラプトンの発言

怒涛の出張、セミナー三昧の前に読んだ記事なので曖昧な記憶だが、クラプトンが「もう、ギターは売れなくてもいいんだと思うよ」という発言をした・・とネットにあった。「最近、ギターの売上がわるいそうですが、そのことに関して一言・・」みたいな質問に答えたのだと思う。

日本の楽器屋には、私たちのようなオジサン向けに、アメリカのブランドを中心にお高いギターがたくさん吊られている。おそらく売れ筋価格は30万円くらいだと思うので、いい商売だなーと眺めているけれど、事情は大変のようだ(アメリカについては・・)。

まー、だいたい新品価格30万円のギターなんて、詐欺みたいな商品が多い(これは、ギターに限らないお話ですよね)。某新興(もう新興じゃないか・・)メーカーのギターに関しては、100万円以下はカスとまで言われていて、実際に弾いてみるとそれは十分に納得できる。

現在の実態はわからないけど、今のところ日本は予算のあるオジサンに適当なものを売って成立しているように見える。しかし、そんな日本もそのうち状況は悪くなっていくことだろう。

そして、大手・・・の未来は、きっとない。あの天才は、そこまで読んだわけではないけど60年代初頭には、さっさと会社を去っているわけで、まー、そういうことなのだ(早過ぎだけど・・)。

しかし、そんな状況下で、私はじっと待っている。ただただ待っている。約3年後にオーダーしたギターに着手してもらえることを首を長くして待っている。3年後着手ということは手に入るのは約4年後。「その間、俺はどうしたらいいんだ?」と聞いても誰も答えてくれないので、フラフラと楽器屋を彷徨い、隙間を埋めようと必死だ。

お店には大量のギターがあるというのに、胸キュンするのは大昔のギターと鬼のように高いギターばかり。コリンズさんは死んじゃうし、腕の良かったルシアーはピークを過ぎちゃうし、良いものは希少だ。

人口減社会の景色って、結構わかりやすい。大量生産な方々には厳しいけど、腕を磨いているプロには冗談みたいな話なんだろうな・・。

おそらく4年は待てない。今持っているギターの中には素晴らしいものが最低5本はあるというのに・・・・・。人の欲望ってのは、品質に関して無限なのだ。

そう、無限なのだ・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップヘ