【TAROの日記】

2017/10/18(水) 08:51

おそ松くん

『おそ松くん』が流行っているらしい。

チラッと流行っているアニメを見たら、匂いがナンセンス全開時の赤塚不二夫みたい。原作が赤塚不二夫なんだから当然と言えば当然だけど、『天才バカボン』放映時に、『少年マガジン』の連載との乖離を経験している身としては、軽いホームドラマを連想していたので、ちょっと意外だった。

ついでに、あの『レッツらゴン』のことを思ってしまうのだけど、まー、あれが再評価されることはないのだと思う。時代を大きく旋回させつつも、それゆえに時代と共に過去のものになってしまった。

ところで、『おそ松くん』。                         キャラクターがいい。これは流行って当然だと思う。そして、ここが『レッツらゴン』の弱かったところでもある。武井が最大のキャラだったのだから仕方がない。後期『天才バカボン』のイガラシが出ることがないように、「武井の靴下くさい」も成立しない。

キャラが立つとストーリーは勝手に動き出す。キャラは命だ。そして、時代を超える。

私たちもキャラである。エクリチュールの呪縛にあってはならない。キャラがあって、ストーリーは動き出す。この件について心してかかるべきだ。

でも、この思考の順序には限界がある。無理がある。人は、環境の生き物で、社会資本を無視できない存在だ。でも、そのことと時間のことがわかっていたら、少しはやれる・・とも言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップヘ