日別: 2017年8月31日
【TAROの日記】

2017/08/31(木) 08:49

ライブ~マダガスカル

次に、このブログを更新するのは、9月18日になるだろうか?
もしかすると9月28日まで書けないかもしれない。

9月2日は、適当に遊んでたらライブまでやることになったバンドの”発表会”(ライブとは言わないのだそうだ・・)。

そして、9月6日からマダガスカルへ行く。
出発まで出張でバタバタしているうえに、マダガスカルから帰っても時差ボケしている余裕もないくらいに出稼ぎの連続だ。

まずは、ライブから消化していくことになるが、我々のバンドは今最悪の状況にある。だいぶ音のヌケが良くなってきたなーと思っていたのに、最後の練習日の音はサイテーだった。当然、雰囲気も悪くなっている。

でぇ、その雰囲気の悪いまま、60名近くの人たちに来てもらってライブをやるというのだから恐ろしい。アーメンである。
まー、しかし、それも実力。この遊びを続けていくためには定期的に恥をかく必要がある。そうならないことを祈るけど、まー奇跡は起きないわね・・・。

そして、そういうマイナス面が大量でも、バンド遊びは面白い。ガキの頃なら、即解散みたいな状況でも、少し丸くなったオヤジたちが価値観と耳のセンスをぶつけあって、ガチャガチャやっているのは、経験できなかった“方”の会社遊びの雰囲気がある。
欠けているものがあると何が起こるか、大した知識、実力のない素人が、「シロウト理論」をぶつけあうとどうなるかの実験場である。

遊びだから続くけど、仕事ならあり得ない。その“ゆるさ”がいいのだと思う。しかし、“ゆるい”だけでは、水遊びで終わる。そこに“発表会”(ライブって呼ばせてよ!)をビルト・インしたところが乙だ。悲劇だ。冗談だ。アーメン!

まー、そういうわけで、おそらく仕事よりも辛いであろう苦行を通過し、癒やしも兼ねてマダガスカルへ行ってくる。
フランス統治時代を含めて、シャーマニズムが支配する国では、ポップ・ミュージックさえ儀式との関連で成立している。ただの旅行者が、その一旦を垣間見るのは難しいとは思うが、気にしながら歩いて来ようと思う。遠いフランスでは、マダガスカルの精霊に憑依された人たちが結構いるそうなので、そこんところは気をつけよう・・(笑)。

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ