月別: 2017年8月
【TAROの日記】

2017/08/31(木) 08:49

ライブ~マダガスカル

次に、このブログを更新するのは、9月18日になるだろうか?
もしかすると9月28日まで書けないかもしれない。

9月2日は、適当に遊んでたらライブまでやることになったバンドの”発表会”(ライブとは言わないのだそうだ・・)。

そして、9月6日からマダガスカルへ行く。
出発まで出張でバタバタしているうえに、マダガスカルから帰っても時差ボケしている余裕もないくらいに出稼ぎの連続だ。

まずは、ライブから消化していくことになるが、我々のバンドは今最悪の状況にある。だいぶ音のヌケが良くなってきたなーと思っていたのに、最後の練習日の音はサイテーだった。当然、雰囲気も悪くなっている。

でぇ、その雰囲気の悪いまま、60名近くの人たちに来てもらってライブをやるというのだから恐ろしい。アーメンである。
まー、しかし、それも実力。この遊びを続けていくためには定期的に恥をかく必要がある。そうならないことを祈るけど、まー奇跡は起きないわね・・・。

そして、そういうマイナス面が大量でも、バンド遊びは面白い。ガキの頃なら、即解散みたいな状況でも、少し丸くなったオヤジたちが価値観と耳のセンスをぶつけあって、ガチャガチャやっているのは、経験できなかった“方”の会社遊びの雰囲気がある。
欠けているものがあると何が起こるか、大した知識、実力のない素人が、「シロウト理論」をぶつけあうとどうなるかの実験場である。

遊びだから続くけど、仕事ならあり得ない。その“ゆるさ”がいいのだと思う。しかし、“ゆるい”だけでは、水遊びで終わる。そこに“発表会”(ライブって呼ばせてよ!)をビルト・インしたところが乙だ。悲劇だ。冗談だ。アーメン!

まー、そういうわけで、おそらく仕事よりも辛いであろう苦行を通過し、癒やしも兼ねてマダガスカルへ行ってくる。
フランス統治時代を含めて、シャーマニズムが支配する国では、ポップ・ミュージックさえ儀式との関連で成立している。ただの旅行者が、その一旦を垣間見るのは難しいとは思うが、気にしながら歩いて来ようと思う。遠いフランスでは、マダガスカルの精霊に憑依された人たちが結構いるそうなので、そこんところは気をつけよう・・(笑)。

【TAROの日記】

2017/08/30(水) 08:53

可笑しみと悲しみ

昨日は、朝から微妙なサウンドの警報を聞かされた。でも、疲れていて全然起きることができない。心の中で「どうせ、北朝鮮だろ!ついに打ったか・・」くらいにしか思えず、爆睡。

起きてテレビを入れれば、同じことを繰り返すばかり。NHKの教育チャンネルだけが日常だったので、青虫が主人公らしい粘土アニメみたいなものを見ながら牛乳を飲む。

そして、仕事。この日は家で音声収録。そのため、お昼ごはんを食べるまで書斎で仕事をして会社へ。                              9月に入るとマダガスカルに行かねばならない。それで、前倒し仕事のため机の上は飽和状態。よくまー、こんなスケジュールで仕事をしているよなーと我ながら感心しつつ、全速力で仕事をこなして家へ。

2日はバンドのライブ。最早、この段階でできることなんてないので、粛々とストレッチ系の基礎練習。指が痛い。御飯の時間が来たので母屋へ

ビール一杯と焼酎ロックを飲んで風呂入って寝る。

・・・・という情景に『この世界の片隅に』とか『明日 tomorrow』的な匂いがしてならない。昨日って、普通の日だけど映画のシーンを生きたみたいな・・・。

きっと、それは間違いない。北朝鮮のミサイルが来ることはないだろうけど、別のアレはやってくるのだから。                          無理に前を進んでいく人間の人生には、可笑しみのようなものがあって、それを楽しんでいるところがあるのだけど、悲しみも間違いなくある。           そんなことを考えさせられる機会になっちゃったよ。でも、あの変なサウンドは気持ち悪いのでやめてくれ!

【TAROの日記】

2017/08/28(月) 08:57

サイトウ・キネン

ふっと行こうと思ってから10年以上が経つ。なかなか日程が合わず、もう縁がないと諦めていたら、今年初めて行くことができた。日程はヤバかったが、チケットが手に入ったのだから、無理やりなんとかした。待望のサイトウ・キネンの名前は『セイジ・オザワ松本フェスティバル』に変わっていた。

クラシック音楽は門外漢だ。実は、ちゃんとナマで聞くのもほぼこれが初めて。席が前から2番目のど真ん中で、少し管の音が辛かったけれど、弦の音がナマでビンビンくるので、これはこれでアリだと思った。

そして、頭でいきなりヤラれた。四分休符ではじまった・・と思ったら、さらに8分休符? でぇ、さて・・と思ったら、さらに16分休符・・・・・・? スコアを見ないとわからないけど、そんな感じだった。

ベートーヴェンって『運命』くらいしか知らないんだけど、「へー」と思った。テンションの音が目立っている・・というかなんというか、JAZZにそれなりに近い印象。案外、ベートーヴェンは、こっちの人なんだなーと思った。

そして、音のダイナミックスが素晴らしい。時々、会場の空気が見えそうになる。第一バイオリンが、蚊の羽音みたいな音を出した時はかなり驚いた(きっと、普通なんだろうけど・・)

一番感動したのは、トランペットの音。隣の部屋で吹いているみたいな音。もちろん、ミュートなんてしてない。それに、音的に、そっと吹いている感じじゃない。でも、オフな音。クラシック知らない私には、???????だった。

マーラには、『ペットサウンド』を感じて驚愕し、時々フォーカスぽくなるので、フォーカスの出自を知り、ドボルザークの#9の音(クラシックだと、増2度?)で、「あー、クラシックを誤解していました。すいません」と謝り、別にベートーヴェンだけではないのだと知った・・・・・・・・。

小澤さんのステージを見るのは2度目だけど、音のヌケの良さとみずみずしさに驚いた。年を取ると音が若くなる・・みたいな話を聞いたことがあるけど、そうなんだろうか? 同じオーケストラで別の指揮者が振った時との差は、曲が違うからなのか?小澤さん自身の音の変換みたいなものもあるだろうし、そこらへんが知りたくなった。

まずは、チケットを手に入れて、いろいろなオーケストラを見てみよう。
まさか、オーケストラの音の向こうに、アート・テイタムやジミヘンが佇んでいるとは思わなかったので、ちょっと通ってみたいと思っている。

【TAROの日記】

2017/08/18(金) 08:57

開業医

医者に行かねばならなくなった。忙しいのに困ったことだ。           どこでもいいので、ネットで探した。                     事務所近くの医者がヒット。大して口コミ数はなかったが、ネット上の評判は悪い。

そういえば、この医者には前に一度行ったことがあることを思い出した。     確かに、そんなに愛想はよくなかった。偉そうに当たり前のことを言うだけ。2時間待たされて症状聞かれて薬を出すだけ。そんな印象。でも、そんなもんでしょ。

私みたいなのは、そっちの方が安心する。医者になる人で愛想がいい・・というのは個人的にはあまり信用できない。私の知っている腕のいい医者たちは例外なく変人だ。

5つ星で絶賛されている医者も近くにあったが、こんなのは一番信用できない。だいたいデーター数が少なすぎる。5つ星じゃなかったら、おそらくこっちに行ったのにね・・。

そういうわけで、最初にヒットした医者に行ってみる。空いているかも?と予想したが、そんな予想(期待)に反して院内は大混乱。お盆明けの木曜日のせいもあると思うが、難民収容所みたいだ。

仕事をたくさん持っていったので、ざわつく待合室でお仕事三昧。そして、2時間経過(一瞬だった)、お昼をとっくに過ぎた頃に呼ばれた。

部屋に入ると、以前は無愛想だった医者が、異様に愛想がいい。「ありがとうございます」という言葉を何度も口にするので吹き出しそうになってしまった。「この人たちも大変だな~」と思った。

そういえば、先週、同窓会があった。隣に、現在、勤務医をやっている人が座った。お互いに知らない人だったけど、しばし話をした。               私は聞いた。                               「独立して開業しようと思ったことなかったですか?」            「もちろん、ありましたよ。でも・・・」

その後、開業医がいかに悲惨かという話で盛り上がった。知人の開業してしまった元外科医は、「腹切りて~」というのが口癖。                  基本的に職人なのだから、お金よりも良い仕事を選ぶという道もあったわけで、彼のつぶやきはとても悲しく聞こえる。

昨日の「ありがとうございます」も、とても悲しく聞こえた。

 

【TAROの日記】

2017/08/17(木) 09:04

最早2000時間を超えて働いてはいない・・というお話なのかも?

世の中の流れとは逆のことを言うことになるが、なんでこんなに休みが多いのか? 11日なんていつから休みになったんだ?今までなぜか気づかなかった。

休むのはいい。とても大事だ。しかし、休み過ぎはいけない。身体が戻るのに時間がかかる。ただし、大量に休んで海外旅行に行く・・というのは悪くないと思う。新しい欲望の発見につながる休みなら年に一回はあった方がむしろいいだろう。

・・・と今頃立腹しているが、遊びも含めて鬼のように忙しかった私には疲れが取れる良い休みではあった。正直4日くらいで十分だけど、まーいい。ギターの面白い基礎練習もいくつか発見できたし、9月2日のライブ用の数曲で、自分のパートを大幅にリアレンジする状況にあったけれど、それも終わった。

問題はソロパートの暗記。これが今だにあやふや。いつもは暗記はするものの、本番は適当なフレーズでごまかす手を取ることが多かったけれど、今回はそうはいかない。暗記したほうが絶対に失敗が少ないことがわかっているので、今日から毎日暗記だ。

実はもう2日くらい休みがあったほうが・・・・・。いやいや、そんなことになったら仕事が大変だ。・・というか休みに仕事をしないで、ギターの暗記に集中していたらよかったって話か・・? いやいや、それもダメだ。

つまり、やることを減らす。ということしかない。いやいや、これもダメである。

今更ながら。時間が欲しい・・・。

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ