【TAROの日記】

2017/04/11(火) 08:50

匂い(感じ?)

この間、外でウロウロしていたら懐かしい匂い(感じ?)がした。懐かしいのはわかるのだけど、その正体はわからない。そして、私の心の中の「待って!」をよそにその匂い(感じ?)は消えていった。

昨日の帰路、ソレが再びやってきた。今度は、ソレが何かすぐにわかった。大学を卒業して社会に出た頃の匂い(感じ?)である。そして思った。「そうか、春だ・・」

どうして、そんな懐かしい感じがやってきたのかはわからない。今となっては遠い記憶なのだけど、今そこにあるかのように佇んでいる。今にも若い頃の青い自分が飛び出してきてなにやらわけのわからないことをやり出しそうな危険な臭いまでしてきた。

考えてみれば、若い頃の私は驚くほどにわけがわからなかった。おそらく周りの人も扱いに苦労したと思う。それが、どこでツジツマがあってきたのか?それはそれは不思議だ。もちろん、今もツジツマなんてあってはいないとは思うけれど、ここまで仕事をしつづけてきたのだから、ある程度の折り合いは付けてきたってことだろう。

一つ言えることは、統計では生きてこなかった・・ということが重要な感じがする。若い頃に勉強しているから統計に詳しいけれど、その統計の結果に「否!」っていつも言ってきた。それこそが人間の仕事だと思ってたようで、統計に反逆するのが好きだった。そして、それは結果的に、いろいろと裏を書く・・ということになって今に至っている。

世界は、冷たい統計屋が支配する時代に入る。今日の日経新聞1面でも連載記事がはじまった。それを見て、私の中の反逆児が言う。「つまらんなー」

おそらく、世界は、新聞や雑誌が予測するような世界にはまったくならない。あの頃の匂いを言語化すると、そういうものだったように思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページトップヘ