【TAROの日記】

2017/04/04(火) 08:54

つもり

ギタリストのJulian Lageのyoutubeの映像を見た。その映像で彼は言っている。「自分のCDの音を聞くのが嫌だ・・」

「えー、あんたみたいな凄腕のプロでもそうなのー」である。自分の音はダイナミックスがまだまだ。だから音が平坦。とても満足のいくものではない・・ということらしい。

ダイナミックスって鬼門だ。私のような下手がどんなに意識してやっても、録音した音はとても平坦だ。録音機が冗談をやっているのではないかと疑うくらいに、一生懸命にやったことの成果は、録音機のスピーカからは微塵もアウトプットされない。

でも、超絶プロも同様のことを言っている。次元は違うと言えども、同じってことではないか!

自分ではやっている”つもり”。でも、できていない・・というのは悲劇だ。そして、できていないことに気づいていなければもっと悲劇だ。自分の”つもり”って、どれくらい現実になっているんだろう?そんな疑問を持つと、大げさ抜きで手が震える。人生なんて、勘違いしていなきゃ生きていけないとは思うけど、それも程度。・・とは言っても、録音して確認する以外に手がない。ただ、楽器演奏やスポーツは別として録音、録画なんてできないから、本当に困った話である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページトップヘ