【TAROの日記】

2017/03/31(金) 08:55

meet VS find

英語の表現には、素敵なものがたくさんある。それで好きになりかけている(今だに好きではない)。

昨日、ブログに書いた「音楽に出会う」という表現を英語でも”meet music”としたら、”find music”に直されてしまった。んーーー、findだとちょっと違うんだよなー。

“It’s a piece of cake”なんて表現があるのに(ちなみに、「おちゃのこさいさい」って意味です。どっか通じてますよね)、”meet music”がないのはどうなの?

私は、贔屓にしている楽器屋のおじさん@京都に、「岡本さんは、ギター運のある人ですね」と言われたことがある。これは最大の褒め言葉だと思う。この言葉の裏には、楽器に選ばれている・・という気分もあって、正に「出会い」なのだ。

音楽もそうだと思う。私は、子供の頃から流行歌に疎い。全然知らない。同じ日本に住んでいても、世間の誰もが知っていても、知らぬものは知らぬのだ。ただ、自分でも自分のフィルターのチューニングの異様さには気づきつつも、これは私のフィルターだけの問題ではないと思っている。あっちがこっちを嫌っているのだ・・。そうなのだ!

逆に、「どうして、こんな音楽知ってるんですか?」と聞かれることがよくある。しかし、この問いにちゃんと答えられたことはない。だって、あっちが勝手にやってくるのだから。

どう考えたって、”find”じゃないんだよ!

人も道具も芸術も、全部、出会いで、それはこっちが探すだけでは出会えなくて、あっちがわの差配がとてもデカイのだ。だから、音楽を聞くこととは、その音楽に愛されていることだと思う。そして、もっともっと素敵な音楽にたくさん愛されたいって思うのだよ。

追伸

findに「出会う」という意味が隠れている可能性はあって、そこんとこは英語好きではない一般日本人にはわからないし、調べる気もないってとこが問題の可能性もある。その場合はごめんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップヘ