【TAROの日記】

2017/02/20(月) 08:46

It’s not proper to jump to conclusions

英語の”お勉強”をしていると、タイトルのような言葉がよく出てくる。

ビジネス書やインターネットなどで氾濫する”偉そうな言葉”は、英語の”お勉強”でも定番の”お言葉”なのだ。

メルマを書いている身としては、気をつけなくてはならないところだ。ちょっと気を抜くと、こういう”お言葉”が出てしまう。もちろん、日常でも同じ。少し偉そうな態度が出てきちゃうと、ステレオタイプでこういう言葉を使いそうになる。そのため、偉そうにならないのが生きていく上での大事な”了見”だと思っている。

偉い奴なんて、この世にいない。いるのは、偉そうな奴だけである。そして、おそらく、偉いお言葉なんてものもない。”偉そうな言葉”だけがある。

しかし、語るのは人。時には、平凡な言葉が、とんでもない力を持つことがある。

それはそれとして、英語の”お勉強”は続く。変なビジネス書を読むよりもいいかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページトップヘ