【TAROの日記】

2017/02/06(月) 08:54

おかしなラップ

ラジオを聞きながら仕事をしていたら、変なラップが流れてきた。

いわゆるJ-POP的な、「いかにもー」な感じで、とても聞いていられない。ラジオを切って届いたばかりのCDを聞くことにした。、「ラップが流行っているらしいけど、ここまで酷い品質にして広く浸透させるのは、どうなのか?」と思った。

・・・・けど、この私のような男が怒りたくなる「仕業」って、実はとても良い仕事なのかもしれない。作り手は、音楽のプロだ。そういう人があえて作っちゃった商品がアレなわけで、それはそれはよーく工夫されてアレになっているハズである。

中学校の合唱コンクールの課題曲みたいな曲が、ロックなどの形式を借りて歌われることが増えている。ハードコアがさらにさらにソフトになった(そもそも、ハードコアって、精神はソフトだと思う・・)ようなものも多くなった。「マイルドヤンキー」という言葉があるようだが、そもそも、ヤンキーって実は嗜好は元々マイルド。そして、それがさらにま~~イルドな感じになっているのだと勝手に思っている。

そして、作り手はそこんところに、ダイレクトに手を入れてくる。「実はね・・」みたいな裏はなく、直球。それも豪速球ではない。打てない球は投げないのだ。ガーターがないボーリングがあるらしいが、そんな精神である。

でぇ、こんなこと言っている私みたいなのはどんどん肩身が狭くなって、ラジオもテレビも聞けなくなる。まー仕方がない。みんな一生懸命仕事をした結果なのだから、ブツブツ言わずに自分の住処でおとなしくしているのが肝心だ。そして、外部の世界の興味はさらに低くなる。きっと年なのだ。他者から見たら、それだけのことである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページトップヘ