月別: 2017年2月
【TAROの日記】

2017/02/28(火) 09:03

バルタン星人の仕事が終わる

バルタン星人の引退の時が来た。

我が家で徴税業務をはじめて約16年。最近は、徴税業務もお休みに近く埃をかぶっていた。そして、ついに正式の引退である。フォフォフォフォ・・・と言いながら徴税を続けたわけだが、子どもたちが一人二人と家を去り、最後の一人が旅立つことになった。これにて納税義務者はいない。お役目終了である。

来月、家族5人で旨い寿司を食べることになっている。もちろん、バルタン星人の奢りだ。彼がどれくらいの金持ちかはわからないが、東京の高級寿司くらいは楽勝だろう。

一旦引退のバルタン星人だが、きっと誰かが引き継ぐことだろう。思いつきではじめた遊びだが、一族の風習になっていくかもしれない。さて、誰が手を上げて引き継いでくれるかな?

【TAROの日記】

2017/02/22(水) 09:05

acting

一昨日、次のように書いた。

偉い奴なんて、この世にいない。いるのは、偉そうな奴だけである。

これを英語にしてみた。There is no great man. A man just “acting big” exists.(添削してもらったら、justの位置が変わったが、理由がよくわからない・・)

「偉い」と「偉そう」が、「great」と「acting big」になる。前者は、どっちも”being”だけど、後者は言葉のニュアンスが違う。

ただ、英語の表現の方が本質をついている感じがする。「・・・みたい」というのは、”doing”の結果みたいなものだから・・。

そんなことに気づいたら、いろんな形容詞を動詞で見ると面白いことに気づいた。単純な例を上げれば、「かわいげ」というのは、「ぶりっ子」という言葉もあるように、「acting pretty」になる。

こんな感じで、いろいろな景色を動詞にしていったら、なんてことはない。あらゆるものは「acting」であると了解する。

私の毎日は、「acting a boss」で「acting a husband」で「acting a little intellectual」・・・・・・・という状況。実のところは何もない。

でも、やっぱりある。人が無防備に出す「ワタシ」の瞬間はある。そして、その出現の発露が大好きだ。

【TAROの日記】

2017/02/20(月) 08:46

It’s not proper to jump to conclusions

英語の”お勉強”をしていると、タイトルのような言葉がよく出てくる。

ビジネス書やインターネットなどで氾濫する”偉そうな言葉”は、英語の”お勉強”でも定番の”お言葉”なのだ。

メルマを書いている身としては、気をつけなくてはならないところだ。ちょっと気を抜くと、こういう”お言葉”が出てしまう。もちろん、日常でも同じ。少し偉そうな態度が出てきちゃうと、ステレオタイプでこういう言葉を使いそうになる。そのため、偉そうにならないのが生きていく上での大事な”了見”だと思っている。

偉い奴なんて、この世にいない。いるのは、偉そうな奴だけである。そして、おそらく、偉いお言葉なんてものもない。”偉そうな言葉”だけがある。

しかし、語るのは人。時には、平凡な言葉が、とんでもない力を持つことがある。

それはそれとして、英語の”お勉強”は続く。変なビジネス書を読むよりもいいかも?

【TAROの日記】

2017/02/13(月) 08:48

準備

月曜の朝の事務所は寒い。土・日曜日と人がいないから冷え切っている。さらに、現在かなりヤバそうな雪が降り注いでいる。さてさて、事務所はいつ暖まるのやら・・。そんなわけで、今、毛糸の帽子をかぶって、ダウンジャケットを着てこの文章を打っている。

しかし・・・。こんなに事務所が冷え切っているのはおかしくないか?単に月曜日だから・・というだけではなさそうだ・まー、しかし、正確な理由を探していても、寒さはおさまらないので、暖房機が早く事務所を温めてくれることを願うだけだった。

こんな想定さえできない。それが人間だ。大雪だというのに、普通に会社に出勤し、普通に働く気になっている。普段は、何も起こらず物事は順調に進んでいるのだから、それも仕方がない。それに寒すぎるくらいの問題は障害とはいえないくらい小さなお話だ。

でも、そこら辺の自分の思考の貧困さが気に入らない。なるべく多くのことを想定し、対処しておくのがプロじゃないか?大げさかもしれないけれど、一事は万事。小は全、全は個だ。・・・ってイライラと思うちゃうのはなぜなのか?何か準備が足りていないものがありそうだ。

 

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2017/02/10(金) 08:56

前進・・。ご冗談でしょ!

BPM=134。1分間に134回のビート数を表す。1秒に直すと2.23回

BPM=136。1分間に136回のビート数を表す。1秒に直すと2.26回

ほぼ変わらない。しかし、この2つはまったく別の世界だ。

今仕上げている曲については135に境界線がある・・。たった1だけど、全然違うのである。そして、私は現在、134だと何とかできるけど、135では突如まったくできなくなる・・ということを体験中である。理想の速さである136は遠い彼方だ。

まー、世界とはそういうものだ・・という経験は何度もしている。だから、やるべきことを淡々とやるだけ。でも、この事実って、よーく考えてみると、とんでもないことだ。1秒間換算で0.03である。微差である。でも、世界って、実に、その微差が大きく明暗を支配している。

おそらく、このことに気づいている人は少ない。「はきものを揃える」とか「神、細部に宿る」とか・・いろんな言葉は知っているだろうけど、実はわかっていない・・という人が多い。

そこで、断絶が起こる。この件について理解している者ができることはせいぜい「はきものを揃える」「神、細部に宿る」といった気の利いた言葉を言うことくらいしかできない。だから理解されず、この根源に楔を打てない者が続出する。だいたい、理解している者もわかっているはずなのに誤る。人間だから仕方がない。

さて、今、脱兎のごとく仕事を進めている。全面戦争である。あまりにも広範囲に戦線を広げているので迷子になりそうだ。あー、それなのに、それなのに、仕事の隅々でも0.03問題が佇んでいる。

それを横目で見ながら、そして、ため息をつきながら、時には戻ったり、時にはスリ足になったりして、0.03を埋めようとする。その時間は膨大。なかなか前には進めない。でも、第一次世界大戦時のクルック将軍になってはいけない。

何ごとも、前に進まぬが肝心だ。

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページトップヘ