【TAROの日記】

2016/12/28(水) 08:32

年末のまとめ②みたいな文書だ・・。明日も続くのか?

昨日は、今年最後の『まーけ塾』だった。

『まーけ塾』も16年。
時期によって参加者(って言うか、どちらかと言うと”メンバー”という表現の方が正しい)は微妙に変わってきたけれど、16年前からのメンバーも今でもいる。まー、長くなった。
最近は、東京、名古屋、北海道、、長野、新潟、地元の人たちで定着している感じだ。そして、この1年は参加者が多かった。新幹線が開通したせいもあるだろうけど、北海道から毎月来るような人も現れて、それなりの空気の変換が起きたのかもしれない。

逆に、過去には、開始時間までだれも来ない・・とか、参加者一人なんて時もあった。
開始時間までに誰も来なかった時は、これ幸い・・と帰ろうとしたけれど、一人現れて、仕方がないので決行。終わりの頃にはそれなりの数になっていた。

参加者一人の時は面白かった。一人しかいないから自ずと世間話的に進む(いつもそうだけど、それ以上に・・)。そして、その一人の人が居場所がなさそうで困った顔をしているのが面白くて、調子がどんどん出てきたのを覚えている。残念ながら、この時も、終わり頃にはそれなりの人数になっていて、普通のペースに戻ってしまったけれど、あのまま一人相手にやってたら、面白かったと思う。

こんな思い出話を書いているとキリがないなー。
なにせ、面白い話はいっぱいある。それをネタにしても一日やれると思う。
そういう意味では、ここにも小さな歴史がある。

いろんなことが、ボチボチとダラダラと続いている。
私の場合、はじめたもののほとんどが、そのまま恒例化していく。その恒例が積み重なっていくうちに、超多忙な人になってしまったのかもしれない。
でも、それぞれの”恒例”は時間とともに歴史を積み上げていく。
最近、そこが面白いと思えてきた。当初は気づかなかった効果だ。

ところで、歴史ってなんだろうか?
私一人の過去の人生は歴史とは言わない。
二人集まると、微妙だ。ちょっと歴史と呼べるかもしれないがどうなのか・・。
そして、通常、歴史という言葉を使うのは、ある程度の集団からだろう。

歴史は一人では刻めない。
んーー、本当にありがたいことだ。
この感謝の気持ちはどう表現したらいいのやら・・・・・・・・。
おそらく、表現方法はないな。

でも、歴史って言葉にもう少し意識的になろうと思った。
歴史って、歩んだ道とかではなくて、共闘であり共感なのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページトップヘ