月別: 2016年3月
【TAROの日記】

2016/03/25(金) 08:58

タイヤ交換

昨年の春、タイヤ交換を忘れて一年中、スタッドレスタイヤで走っていた(バカだね~)

そんなこともあって、一昨日タイヤ交換をした。おそらく例年より早いと思う。

今日、結構な雪が降った。
そのため、ノーマルタイヤでの走行不能。
妻の車がまだスタッドレスなので、会社まで送ってもらう。

ところが、田舎の自宅から車で街中に入ってみると雪はほぼなし。
妻に、「自分の車でこれたじゃない!」と言われる。

でも、家の前は凄い雪だったのだ。
この雪が街中にあるとすれば、ノーマルタイヤなんて無理と思うのが普通。

今日は、妻が15:30に迎えに来るので、その後は家に帰って仕事の予定。

来年は、再び、タイヤ交換を忘れる可能性大。

【TAROの日記】

2016/03/24(木) 08:31

侵入

ネット以後、勝手に侵入してくるものが多くなった。
当初は、珍しいのもあって歓迎されたが、少しずつ嫌がられるようになり、今に至っている。

今では、ちょっとした侵入にも過敏になってしまった私たちが、ある。

そうなると、反動的な動きも活発化するわけで、侵入したがらないsomethingが魅力度を増し、人々は侵入するものを益々疎ましく思うようになった。

そして、ここまでは予定通りの展開だ。
しかし、予定通りと言っても、対応できている者は少ない。
元々、魅力がないものが魅力度を増すことはないし、侵入になれてしまったものはそれがやめられない。

そんな景色がはじまって数年経った。
そして、迎えた2016年は、妙な無反応社会の入り口に立っている感じがする。
その社会の雰囲気とは逆に、相変わらずが相変わらずしているので、地続きに見えてしまうが大きな断層があったのだと思う。

こんな感じはこれから数年続くのだろう。
ベールが剥げた時、どんな景色が見えるのか?

その景色の一部は左前になってしまった仏教周辺で見えている感じがしている。

【TAROの日記】

2016/03/23(水) 08:36

「ダメだね~」

ビンテージのギターを持つとギターがうまくなる・・という。
理由は、シビアだからだそうだ。
今のギターは小さなミスを見逃してくれる設計になっているが、ビンテージでは奏者の一挙手一投足がダイレクトに音に影響するという。より純度が高いのだ。

お付き合いもあって、オーダーしていたギターが届いた。
お付き合いと言っても、そんなものはきっかけでしかなく、欲しいから買うわけで、待望の一本である。

いつも釣り物を買っている身としては、ギターのオーダーの”たしなみ”がわからず、いろいろアドバイスを受けつつ選択したが、結局、「何に使うか?」がキモだとわかった。

でぇ、「何に使うんですか?」という究極の質問に、「カッティング専用機」と私は答えた。
さすがに、ギターもたくさんあるので、専用機があってもいい・・という軽いノリだったわけだが、この専用機がシビアなのである。
・・というか、目的のカッティングに関してとてもシビアなのだ。
別に、ソロとかリフとか弾いている分には、ネックが魅力的な秀逸な一本・・というところなのだが、カッティングでは牙をむく。

来たばかりのギターは、カッティングを弾く私に言う。
「ダメだね~」

むむむむむむむ・・・である。

彼は何度も言う。永遠に言う。
「ダメだね~」

私がやり方を変えるまで言い続ける。
「ダメだね~」

んーー、最近、カッティングにはそれなりの自信を持っていたんだが、全然、ダメだ。
結局、私は現代ギターに甘やかされていたというわけである。

それについては、実は、薄々わかっていた。
よーく自分の音を聞くと、欠点はアリアリで、でも、まー、そんなに目立たない。
だから、「まーいっか!」でやってきた・・というか、そういう態度で生きてきたのだ。

しかし、シビアな世界では、そんなものはチャンチャラおかしいわけで、ただ「ダメだね~」を連続で言われることとなる。アーメン。

昨日からカッティングの矯正に入った。
昨日の夜は2時間やり、今日も朝からあーでもない、こーでもないとやっている。
そして、原因はわかった。
だから、道は見えた。
しかし、修正し定着させるにはしばしかかる。
最初からシビアではない場で過ごすと矯正は大変だ。

人間はいつでも楽をしたいわけだが、本当はシビアな者の方が優しい奴なのである。
「ダメだね~」の声をどれだけ減らせるか、そしてゼロにできるか・・・。
私の左手は当分Cm7しか押さえないと思う。

【TAROの日記】

2016/03/22(火) 08:41

逆算の必要性

先週も、1週間いなかった。
まー、フツーである。
別に、毎度のことで何も言うことはない・・・はずなのだが、どうも中身が違う。
時間としての1週間は同じなのに、その中身はとてもバタバタしている。

しかし、何があったのかを反芻してみると、別段特別なことはない。
やっぱり、いつもと同じで、何も変わらない。
さらに、先週の出張に関して言えば、ずいぶん時間に余裕があったように思う。

仕事の後に行った落語では寝た。
良い睡眠になった。
お金を払ったのに落語が聞けない・・ということよりも寝たのがうれしかった。
それだけ疲れているのである。

今、とても時間を欲している。
それもゆったりした時間を欲している。
過剰な私の活動は、そろそろギアチェンジの時期を迎えているのだろう。
そして、今年はその最終コーナーの感じがしている。

後15年をどう生きるか?というテーマの中で、私は再び逆算の必要性を感じている。
欲望を欲望のままに・・というわけにはいかなくなってきたのだ。

面白いものである。
逆算が生き方として有効な時代があり、その時代を過ぎて欲望を欲望し、欲望もいいかげん欲望し切ると今度は欲望の在り処の探索期を迎え、そこが見えてきたら再び逆算の時代になっていたとは・・・・・・。まさに、若い頃に逆戻りである。
このような時代は過去にも生きたから経験はある。
ただ、また、アレをやらなきゃいけない・・というのは辛いな~。
でも、そうなのだ。
整理をし逆算の道を歩く。
あの若き頃の方法である。

それも今度は、あの時よりも過程が大事だ。
なにせ到達点の効用は少ない。
要は過程である。
ここで、過程の本質が見えてくる。
過程とは、結果に左右されるものなのだ。
そんな過程を、結果を期待しないで過程する、でも、結果が過程の質を決める・・という旅である。

【TAROの日記】

2016/03/14(月) 09:21

縁がない

縁というのはどうにもならない・・。

来月17日のライブは楽しみにしていたんだが・・。

縁というのはどうにもならない・・。

何度か見るチャンスはあったが、どうにも晩年の自己撞着的というか、再生産の繰り返しなところが気に入らなくて見ることはなかった。

『タルカス』を手にしたのは、中学1年生。
子どもの私は、初めてジャケ買いをした。
どうにもロックに飢えていて、でも情報はなく。
もうなんでもいいから聞きたい・・と思って買ったのが『タルカス』だった。
そこから、3rdと4thのわかりやすい内容にはまり、最後はやっぱり1stで、今では1stしか聞かなくなっていた。
さらに、ナイスにまで遡り、でもやっぱり1stだよなーと思ってから30年近く経ってしまった。

そのキース・エマーソンが小さな箱で往年の名曲をやるという(ナイス時代含む)。
まったく見に行く気がなかったキース・エマーソンのライブに「行こう」と思ったのは、こっちも年を取ったからだろう。

しかし、今日の朝、訃報を聞く。
「来月ライブなんだ」と言ったら「死んだよ」と言われて絶句・・。

私が、ライブを見ることを解禁したのは2003年。
仕事も順調に伸び、そろそろ呪縛を解くか・・と思った時のことはよく覚えている。
しかし、呪縛を解いてもすぐには本格稼働はできないので、ボウイの来日ライブは見逃してしまった。
このことは、地団駄を踏む思いだが、まー、縁がないのだ。
解禁で最初に見たのがキング・クリムゾンで、そのキングクリムゾンを昨年暮れには娘と見ている。
縁があったのだ。
でも、縁のないミュージシャンもいる。どうにもならない。
しかし、それがボウイとキース・エマーソンというのは悲しすぎる。
まー、仕方がない。

さて、追悼曲は何にしよー?
やっぱり『タンク』かなー?
今日から出張なので、帰ってきたら大音量で聞こう・・。

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ