月別: 2016年2月
【TAROの日記】

2016/02/29(月) 08:30

何を削ればいいんだい?

ヒョンなことから初オペラ体験をした。
さらに、ちゃんとオーケストラを聞くのも初めてに近いので、オノボリさん気分で聞いた。
一番前の席だったのでとても贅沢な時間だった。

これは癖になる。
元々月に数本もライブや芝居、落語を見ているが、オペラやオーケストラが加わるのは間違いない。

ところで内容。
まずは、バイオリンのユニゾンの音に感動。
そのバイオリンの音にピッコロ、フルートの音が絡むのが気持ち良い。

最初はケンカしているように聞こえた管と弦の音も気づいてみたら一体化。これが凄い。最早一つの楽器だ(あのケンカは演出?それともエンジンかかる前の混沌?)

パーカッションのリズムがはじまって間もなくズレた。
さらに中間部でも数回0.3拍(?)くらい早い場面があったけれど、そういうのもいい。
多数の人間がドキドキしながらやっているのが伝わってくる。

特に、パーカッションは難しい楽器だと思った。
音数が少ないから、あれは相当つらい楽器だ。
だから、トライアングルのオフ気味な音には、すごく感心した。
あれは、相当な精神力を要すると思った(今回、トライアングルに一番感動)。

時々、リードを指揮者が取っているのか、ステージ上の歌い手が取っているのかわからないような場面もあって、もっと演奏にと詳しかったらそういうのもわかって見れたのに・・と思えた。

オペラの演出がまたいい。
私は、古臭いことを永遠続けているのだと勝手に思っていたが、ちゃんと現代人が楽しめる演出が随所にされていて、3時間半はあっと言う間だった。

こんな面白いものを今まで知らなかったというのは残念無念。
もっと凄いのが見たいという欲求が起きてきた。
こりゃ、止まらないな・・。

さて、代わりに何を削ろうか?
これが問題だ。
24時間、365日。
この分配に、毎日悩み、毎月悩み、そして毎年悩む。
それも年々悩みは深まる・・・。
新しい興味が増えちゃうのは困ったところだ。
そうでなくても、今年も新しい取り組みが多いのでなおさらである・・。

【TAROの日記】

2016/02/26(金) 08:36

それしかない

明日はバンドの練習だ。
しかし、メンバーのうち2人は来ない。
さらに、一人は終わりの1時間前に来て、私は逆に3時間前に帰る。
どうにも練習にならないのは見えている。

1年間の練習の日程は決まっている。
みんなが合意で決めている。
ところがいろいろ起こる。勘違いもしてしまったりする(私です。すいません)。
それでこうなる。
まー、どこにでもあるお話だ。

さらに、メンバー間で取り組み方に違いはあるうえに、上達の速度も冷徹に違ってくるから、フニャーっとはじめた遊びの割には、軽いストレスチックなところもある。
まー、これもどこにでもあるお話で、いつか来た道だ。

この間G+を見ていると、バンドのグチが大量に書かれているのがあって、とても共感して大笑いしてしまった。
部活のような絶対的統制がないもの・・というのは、そこらへんの塩梅が面白い。

明日は、一応、新曲を合わせる。
まだ仕上げの段階ではないから、大きな流れをつかむだけ。
そもそも、実質3人しかいない(それも3時間だけ)から、まー合わせてみるだけになる。
個人的には、7曲はほぼできていて、1曲はギターソロのコピーに苦労し、1曲は、ギターソロの暗記を放棄(覚えられん・・)、1曲はもう一人のギターのやる気待ち。そして。1曲はやるんだか、どうなんだか・・。

でも、ダラダラ同じ曲をやっているよりいい。
すごく大変だけど、楽しむにはそれしかない。

バンドの面白さは、この「それしかない」というのがたくさんあるところにある。
「それしかない」を認めてジワジワ行くのがいい。
これが一番の快楽だと思ったりする・・

【TAROの日記】

2016/02/25(木) 08:36

闘争心

すごい雪である。
個人的には、今年一番気分悪い雪である。

暖冬のうえにあまり新潟に居ないので、私が新潟のイヤーーな感じの雪を体験するのは、今年はじめてかもしれない。

さらに、気分的に、冬はもう終わったというのもある。
だから、天を仰いで思うのは、「もう春なんだから、降るなよー」ということ。もう私の心の中には、厳冬期に対する闘争心はまったくないのである。

人間は、一度闘争心を失うとこんなものである。
後は野となれ山となれ、ただ具合の悪いことが起きないように祈るだけである。

妻から「鳩時計」と呼ばれている私が、チックタックと毎日同じことをほぼ同じ時間にやり続けているココロみたいなものはそこにある。
ジワジワと前に進む気分というものは微細なもので、それを失うのは簡単なことなのだ。

でぇ、ジワジワというのは、ほとんど結果が変わらないわけだが、どこかで化けるのでじっと耐えていることの形容で、このジワジワは地味だけど、相当な闘争心がないと続かない。

ぱっと花火を上げるのには、闘争心などまったくいらないけれど、ジワジワというのは闘争なのだ。
何と戦っているかといえば、そりゃ、この世界に私を投げつけた奴に決っている。

でぇ、そいつに対する闘争心は煮えたぎっているわけだけど、雪に対しは何もない。今年はもう負けるだけである。そして、怨嗟の気分を表出するだけだ。オレの闘争の邪魔をするな・・と思うだけで、それはやっぱり負けているのだ。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2016/02/24(水) 08:37

『マンスリーCD』

ここ数週間、過去の『マンスリーCD』を聞く苦行を強制されている。
もう10年以上やっているので全部なんて聞けるわけはないが、2011年以降のものをチョイスして聞かされている。

それにしても、自分の声を大量に聞かされる・・というのは辛い。
今日も朝車の中で2011年12月の音声を聞いてきたが、もうゲップが出そうである。
さらに、来週からは2012年分に突入である。あー、あーって感じなのだ。

聞いている理由は、昨年の『20+1周年記念』の計画の中で『マンスリーCD』の一部を一般販売することになったから。
しかし、昨年は忙しすぎる・・と逃げまわり、今年は逃げられなくなってやっている。
でも、今年は、昨年よりもさらに忙しいので、結局、先送りはいけない!という毎度の当たり前を身体で体験中というところだ。

ところで、2011年の『マンスリーCD』は震災とともにはじまった・・という感じだ。
そして、結構、普遍的な経営に役立つ視点を話している。
その話は別に震災と絡める話でもないのだが、震災という悲劇があったために、より意味が立ち上がっていた。

そして、これがそのまま2016年にも役立つようになっている・・と思った。
普遍的なことを言っているのだから当然なのだが、2016年=坤の年にはよく響くと思った。

そういうわけで、過去の『マンスリーCD』をお持ちの方は聞いてみてください。
ちなみに、3,4,5月分がいいと思います。

【TAROの日記】

2016/02/23(火) 08:32

ケムール人

2月も終わろうとしている。

今のところ新潟には6日しかいない。
ブログを書くのも久しぶりだ。

東京にマンションを借りて10年以上になるけれど、最近やっと「東京の生活のようなもの」が定着をしてきたような気がする。

「東京の生活のようなもの」は「新潟の生活」とは大いにベクトルが違う。
“のようなもの”なんて言っているのはそこのところの気分がある。

その気分を一言で言ってしまえは”向上”ということになると思う。
仕事でもないし、生活でもない。
もちろん、仕事に行っているわけで、大いに仕事をし、同時に大いに遊んでもいると思うけれど、そこかしこに”向上”という要素があり、その流れを敷衍して生きているなーと思う。

「東京の生活のようなもの」の周辺を見てみると、いろいろな分野のサポーターが自分の周りに集まってきていることに気づく。
そして、そうしたサポーター込みで自分の人生になっているのだ。

晩年・・と表現したらいいのか、ちょっと違う感じもするが、壮年というのもニュアンスが違うので、ここでは晩年としておくけれど、晩年というのはこういうことなのだな・・と思う。

ガムシャラに働いてきてみたら、次のガムシャラ君たちが私をサポートしてくれていて、私はケムール人のように彼らの人生の一部を吸収して、自分の人生を作り上げている・・ってことになっていた。

なるほどー。
自分も若い頃から、人の人生の一部になっていたのかもしれない。
そして、今もそうなのかもしれない。

『ウルトラQ』のケムール人の回のラストは、当時、幼稚園児だった私に衝撃を与えたが、今は、「あーそういうことなんだ・・」という気分を与えてくれたりする・・。あの消えたおじさんは元気なのだ、きっと。

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
ページトップヘ