月別: 2015年2月
【TAROの日記】

2015/02/27(金) 08:35

再び、ほくほく線

ほくほく線が混んでいる。
異常である。
鉄道オタクらしい人たちがウロウロしている。
平日だというのに、人が多いので困っている。

来月14日の新幹線開業で、ほくほく線を通る『はくたか』という特急がなくなるので、ほくほく線上は最後のイベント中だ。
そんなの関係ない単なる出張者である私には、喧騒は災難に近い。
ほくほく線が混むのはお盆と年末年始に限られていたので、こっちには心の準備もできていない。
いつものように、なんとなーーーーく乗り換えると、そこは喧騒だったという感じ・・。

数日すると、ほくほく線は記憶になる。
数年すると、ノスタルジーになる。
乗車駅なども変わる。最早、今まで使っていた直江津駅を使うことはない。家から駅の駐車場まで、そして、駐車場からまでの景色もノスタルジーに変わる。

ずいぶん通った。
1997年から18年間。乗った回数は500回くらいか?
その前には、長野経由の信越線時代があった。あさまという特急で東京へ行った。約4時間。
長野まで普通列車で行って、長野新幹線に乗り換えていた時期もあったから、今度で3回目の移動方法の変更になる。

私が乗るのは後1回。
東京に行くときに、ほくほく線を使って、帰りは、新しい新幹線になる。
乗り換え駅である越後湯沢に行くのもフジロックの時だけになる・・・。

【TAROの日記】

2015/02/25(水) 08:32

今年は春が早い。
雪国の春の陽気は、優しい空気が残雪の冷気と混ざり合って独特の浮遊感を与えてくれる。
まー、一言で言うと大好きである。
ここ数日は2月というのに、そんな陽気でワクワクしてくる。

しかし、年を取ったなーと思うのは、後何回この陽気を味わえるのかなーと言うこと。そんな考えが自然に浮かんでしまう。

長くて30回。少なければわからない。
いずれにしても、それを味わえるのも限りがある。
そんなことを考えるようになってしまった。
まー、仕方がないか・・。

しかし、そんなことを考えてしまうということは、いろいろ自然に準備もはじめてしまう性分が現れている証拠である。
そんなわけで、60歳以後の自分の仕事のポジションの模索をはじめている。意図的ではない。自然にいろいろ思いついちゃって、そのうちのいくつかは具体的な動きをはじめたり、はじめようとしてたりしている。

どうなっていくかはわからないけど、まんざらではない。
あー、こうなるのねーという感じ。

今年は、「震」の年。
新しいことはじめていく年だ。
そんなことはまったく意識はしていなかったけれど、自然にそうした方向に動いていくのが面白い。

Dファクトリーのあるチームでも、集団でそんなことが起きている。
なぜか、みんなで新ステージに上がるようなシチュエイションが同時多発的に起きている。

おそるべし、「震」である。

【TAROの日記】

2015/02/23(月) 08:31

ほくほく線

寒い雪の中を走るけれど名前は「ほくほく線」という・・・。
立川志の輔が、「ほくほく線」を紹介するときのネタである。

その「ほくほく線」に乗るのも後2回。
来月には新幹線が開通する。
東京までの時間はそれほど変わらないけれど、乗り換えがないのがいい。
それに、「ほくほく線」は風と雪に弱かったので、これでかなり安心できる。

新幹線が通る頃には、東京に行く仕事なんてなくなってるよなーなどと言っていたけれど、おかげさまで、そんなことをほざいていた時以上に忙しくて、東京にも比較的頻繁に行っている。

これからは、突然、東京に行って、すぐに帰ってくる・・ということも可能で、そういうことも増えるかもしれない。

今年は、開通を記念して映像セミナーを行う。
5年ぶりだろうか・・?
やろうと思っている映像の一部に手に入らないものがあって、企画どおりにできるかハラハラしつつ、とにかくやる気でいる。
『まーけ塾』絡みでもなにかやるような予定があるようなないようなで、一応新幹線開通に合わせたことはやるつもりでいる。

さて、東京が精神的に近くなることはいいことか、悪いことか・・?
開通してみないとわからないけど、今は便利になることがうれしいな。

後ちょっとである。
後2回である。

【TAROの日記】

2015/02/13(金) 08:42

再び冬

タイのクラビに遊びにいったせいもあり、すでに気分は春。
しかし、外は雪雪雪。

今年の冬は12月にたくさん降って焦った割には、その後は暖冬に近いような感じで楽だったというのに、後半に来て降っている。
別に毎年のことで、一喜一憂しても仕方のない事だけど、冬は早く終わって欲しい。
窓の雪景色を見ていると、「これから本番」みたいな降り方しているので嫌になっちゃうけど、これがきっと最後だね。

年末から続いた躁的気分は一段落して、おかげで今書いている本はもう少しで最終章突入。
よし今日から書こう!とホテルで一人合宿をしてから、3か月半、忙しすぎてまったく書けなかったけれど、年末から書きはじめたら自分でも驚くような早さ。まだ書きはじめて2ヶ月が経っていないけれど、ほぼ終わった感じ。出張や病気がなかったら、すでに終わっていた可能性もある。

明らかに書くのが早くなっている。
今なら何でもいけそうな感じだ。
それも今回はまったく構成を考えないで、その日の天啓(?)で書くことに決めていた。
だから、苦労を覚悟していたのだけれど、蓋を開けてみると超順調。
アイデアに詰まることゼロ。
イッタイナニガオキテイルノカ・・?

・・・・と思っていたら、ここに来て体調不良。
まー、全体調整なんだろうなー
いろいろ仕事を動かしてしまっているんで、こまったなー

【TAROの日記】

2015/02/12(木) 08:37

え、2月の中旬・・・・・?

いろいろあった。
タイにも行った。
病気もした。
もちろん、仕事は鬼のようにした。
そして、気づいたら2月も3分の1。
完全に浦島太郎である。

日常生活というのはいい。
とにかくいい。
しかし、現在の私はそこに戻ろうとしている最中で、今は入り口が見えてきた程度である。
ついでに、明日を残してまた出張。
さすがに辛い。

しかし、忙しかろうと、重い病気になろうと、私の躁の状態は続いていて、身体が動かせなくて困っている間は、躁的気分が好きな音楽の方向に全力でダッシュ!
バンドのメンバーの人達がだけが知っていることだけど、google+で選曲、コピーに異常に勤しんだ。面白かった。
今日は、朝からモダン・ラヴァーズと無防備都市を熱唱してしまったぞ・・。
フラワーマンのカッティングもちょっとやってみた。

仕事の方も鬼のように遅れを取っているけれど、きっとすぐに追いつく。
そう思えるくらいに躁的エネルギーは続いている。
病気で止まると思ったけど、止まらないわ・・・・・・・・・。
おそらく、本は今月中に書き終わる。
これも最短記録になる。

ところで、昨日は、「雷天大壮」の原稿を書いた。
そして、次の「沢天夬」についても書いた。
ちょっと怖いなーーーー。

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  
ページトップヘ