月別: 2015年1月
【苦しめTAROお仕事LIVE】

2015/01/21(水) 08:34

寝坊

寝坊した・・・・・・・・。

昨年の暮れからとても順調に仕事を重ねてきたけど、今日の朝でちょっと狂った。
今日の日中で挽回だ。

予定が狂うと、頭の中がクルクル回るのがわかる。
目の前の時間と今日の予定のバリエーションのマッチングが高速ではじまって、適正規模の仕事を目の前の時間に合わせてスゴスゴとやっている。「なんだか、未来の自動機械みたいだなー」と自分のことを思いつつ、こういうのは嫌いではないと思う。

こういうのをワーカーホリックというわけだけど、それのどこが悪い?
いつもそう思う。

でぇ、一応、今日朝は約2時間半ほどを失ってしまったけれど、スキマ時間で埋めていくと、おそらく2時間半の捻出は可能だ。
絶対時間の2時間半は作れないけれど、確実に効率よく動くはずだからやれてしまう。

だったら、最初からそれで予定を組めばいいようなものかもしれないけど、さすがにそれはできないな・・。
火事場の馬鹿力は、たまに使うから良いのだ。

そういわけで、これから洗面器に顔を突っ込みます。ごきげんよう・・・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2015/01/20(火) 08:32

存続

1階のラーメン屋のおじさんが朝から入り口のドアを直していた。
しかし、ネジ山が壊れていて直せない・・とぼやいている。

考えてみると、この事務所が建築中に引っ越しを決めて12年。
お互いに、事務所ができてから今日まで無事にいるわけで、建物もいろいろ壊れてくるようだ。

この建物には当初4社が入居。数年後にもう1社が加わった。
お互いの業績はわからないけれど、今日まで無事に来れたのはなによりだ。
一緒にお酒を飲む機会もないけれど、一回くらいお祝いをしてもいいのかもしれない・・。

こうした田舎ではスタートアップ企業の存続はとても難しい。
インターネットが現れて、前よりは多少マシになったけれど基本的には変わらない。
したがって、ずっと存続している企業はそれだけで貴重だ。

ただし田舎で事業をうまくやるというのは一つの王道だ。
田舎では旅人ビジネスはできない。
市場にオプションが多いからだ。
もちろん、都会の方がオプションは多い。しかし、旅人も多い。だから、旅人を市場にできる。そして、旅人にはオプションという概念がない。
ところが、田舎では誰もがオプションを持っている。旅人ではないのだから、当たり前だ。
つまり、オプション率(?)が高いのである。
そして、ネットのせいでそれはさらに大きくなった。

だから、田舎の存続企業には、優良な会社が多いのではないかと思う。
知識不足の経営者が多いで、バランスの悪さは目立つが、潜在力はあると思う。

要は、お山の大将にならないことかもしれない。
生まれ変わりというアイデンティーが唯一の存続条件だから、一般的な田舎経営者は、存続の基礎力を持ちつつも致命的な欠陥も持っていると言えるかもしれない。まー、世の中、どこでも、そんな矛盾のてんこ盛りだから、今更言うことでもないか・・。

とにかく、この建物にいる5社が今もがんばっているのはうれしい。
引っ越すところもあるかもしれないけど、これからも頑張って行きたいよね。

【TAROの日記】

2015/01/19(月) 08:34

事務所が寒い

月曜朝の事務所はとても寒い。
土日に人がいない効果は凄いと思う。

新年最初の事務所は、それ以上だった。
9日間も人がいない効果はさらに凄いのだ。

ただ、いるとかいないという話はそれだけのことだけど、寒い事務所で「人がいない」効果を体感する時、「人がいる」という意味は結構深いものだなーと思ったりする。

私たちは、24時間、「自分がいる」という状態にはない。
体外は、適当だ。
そもそも、一日中いるようなことになったら身体がもたない。
事件が起こると疲れるのは、そういう理由が一番大きいと思う。
だぁら、あまり「いる」のもなんなのだ。

しかし、「いない」とお話にならないことは多くて、そのお話にならないことはたくさん置きている。

今日も起きてから4時間ほどが経つ。
どれだけ、いただろうか?

ただ言えるのは、朝の仕事がいいのはそこだ。
朝ごはんになるまで・・・というプレッシャーと会社に行く時間・・というプレッシャーが、かなり「いる」状況を作ってくれる。
「朝早く起きると・・」系の題名読めば結論出てます本には、そういうことって書いてあるのかな~?

【TAROの日記】

2015/01/16(金) 08:41

恒例『年頭セミナー』終わる

あー疲れた・・。
ほとんど常連が占めるセミナーなので、少し防御が低かったみたいで、結構もらう羽目になった。
深く入った人が多かったのだと思うけれど、こっちの修行も足りないとも思った。

そこには、別の面での関係性の問題が隠れているわけで、なるほど、前々から課題だと思っていたことが、こんな形で出たのか・・と思った。興味本位で見れば、なかなかおもしろいし、深い。

そして、いろいろな意味で次のテイクオフがはじまったのだとも思っている。
前向きに生きれば、人はどこまでも行くのだろう。
そして、中に停滞している人がいたとしても、毎日動いているのだから、必ず”生まれ変わる”。
今回の参加者のみなさまには、そこんところを確認しておいてもらいたいと思った。

今回話した近未来像は、冗談でもなんでもなくて、かなりの確率で近い形になる。
そこまでは見えている。しかし、その影響については30%くらいしかまだわからない。
今年は、それが夜が明けるように見えてくる一年だ。

自分のことも世界のことも、少しずつ見えてくる。そういう一年なんだろうと思う。
今年は、いろんな意味で面白いよー。
楽しまないとね!

【TAROの日記】

2015/01/07(水) 01:17

ある著者の間違い・・・・・・・

ある本を読んでみた。
私は、「え?」と思った。
その著者が言っていることが大ウソなのだ。

しかし、私の記憶違いとか私の不勉強というのも考えられる。
実際、ネットで調べてみると、著者が主張することと同じこと言っているページが多数存在する。
どうも私がアホらしい・・・。

そこで、私は忙しいというのに、朝から古典2冊を隅々まで見た。

結論、著者が言う事実はない。
真っ赤な大ウソである。
それをウソだと騒いでみても、主張の要が変わるわけでもなく、それはそれで、「あ、そうねー」ということなのでどうでも良い。
笑うのは、私が見たネット上同主張の書き込みだ。

全部を見ていないが、私が見た数個のページについては引用先がない。
そのページの持ち主が自分で勉強して得た結論のように書かれている。
しかし、ちゃんと勉強していれば、そんな事実には出くわしようがないので、おそらく、その著者の引用だろう。

・・・・・・・・と今さらネット上のアホなことを指摘しても仕方はないけれど、なんだかあまりにもみっともない景色だ。だから、少し厭世観でいっぱいになった。

オカルト系の情報を代表に、過去にウソが証明されているようなものが、根拠の拠り所にされているような例は多いので、今さら厭世観を抱くというのもなんだけど、そういう根拠なき連鎖反応には嫌感でいっぱいになる。知識はある面、群衆人間のための楽しき道具なんだと思う。

ところで、その著者は、その道の専門家を称している。
それじゃー、みんな、無批判に受け入れちゃうわなー。

ところで、私は素人である。
それじゃー、みんな信じないわなー。

誰でも、シグナリングができる時代だから、そのうち、専門家というシグナリングも効果がなくなるんだろうねー。情報の非対称性もなくなってきてるし、その日は結構近いと思う。

積み上げていくしかない時代になんだろうね。

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページトップヘ