月別: 2014年8月
【TAROの日記】

2014/08/29(金) 08:36

上達システム

うれしいことがあった。

家で、「あーよかった、よかった・・」と言っていると、長男が「親って大変だな~」と言う。
そこで、私は言った。
「オレだって、親は初めてやってるんだ。何回もやれるものじゃないから、試行錯誤なんだよ。お前も、あんまり初心者を悩ませるなよ!」

人生でやることは、重要なことほど、一回きりの初めて勝負・・・ということになっている。
基本的に、失敗は許されないように見えてしまう。

しかし、人生の多くのことは、失敗して上達していくシステムになっている。
だから、失敗の利用度で、その人の成長度が決まる。

おそらく、一回きりの初めての勝負も同様で、根本的には上達システムが稼働しているはずだけれど、当事者にはそれがわからないので、一喜一憂することになる。
本当のところは、結果に一喜一憂しないで、上達システムを正常に稼働させておくべきなのだ。

ところが、上達システムを稼働し続けることは、案外難しい。
そこには、ある種の根性がいる。
私は、現在も、あることがうまくいかず、気分が少し悪いのだが、根性で、上達システムを稼働させている。少し気を抜けば、負けてしまうのだけど、とにかく根性である。

大人の私は、根性システムの精緻な因果を理解しているから、「ここで根性」とそれでも思える。
しかし、子どもたちはこのシステムをどうやって知っていくのだろう?
言ってもわからないしね・・。

【TAROの日記】

2014/08/28(木) 08:29

物語

詐欺にあった話を聞いた。
その詐欺のことはどうでもいいのだけれど、詐欺のパターンというのは、魅力的な物語の提示からはじまる。

物語の重要性はいろいろなところで語られるようになった。
日本人が、そして人類が「大きな物語」を失ったあたりから、物語の別の利用法が目立ってきて、今に至っている・・と大雑把には言えるだろう。

私は、印象群のひとつとして物語を捉えている。
だから、エサの一つだ。
そして、これは、エサの一つなのだから、とても強力である。

宗教や詐欺、一部のマーケティング、セラピーなどで利用されるのはそのためであり、ヒトラーや連合赤軍が使ったのもそのためだ。

しかし、「大きな物語」を失った時、私たちは問われたのではないだろうか?
物語なしで生きよ。そう問われたのだと思う。

物語は強力で重要だ。そのすべてを否定するつもりはない。
しかし、私たちは物語を選択した段階で死んでいるのではないか。

本来は、逆なのだ。
私たちが選択するものではないのだ。

考えてみると、仏陀はそれを言ったのだと思う。

【TAROの日記】

2014/08/27(水) 08:33

近くにスーパー

事務所の近くに巨大なスーパーの建設が始まっている。
まだ建築ははじまったばかりなので詳細はわからないけれど、この地域で最も規模の大きなものができるように見える。
いろんなテナントの建物も出来始めていて、完成は野次馬根性丸出しで楽しみである。

このスーパーの出現で、売上が確実に落ちると考えられるところが3つある。
そのうち2つは同じ経営で、その影響も大きそうだ。

しかし、商売というゲームを、勝ち負けのゲームとして行ったら、とてもツマラナイものだなーと思う。
このスーパーの出現で、何かが変わるのかといえば、大して何も変わらない。
買い物する場所が少し変わるだけのうえに、かえって巨大なために不便になるだけかもしれない。

・・そんなこんなで、新スーパーの計算が狂えば、いい思いをするのは誰もいないことになる。

もちろん、この打ち手の先には、M&Aなどの打ち手が待っていて、それこそゲーム理論的な展開がされている可能性もあるから、この巨大スーパーの表向きの出現だけで考えられるわけではない。

しかし、ツマラナイものはツマラナイ。
新しい何かが出てきてワクワクする・・なんていうのは地方では1990年代に終わってしまっている。
もちろん、その後も新たなものは出現したし、それなりのものある。
でもね、ここまで来れば、単なる勝ち負けゲームかゲーム理論的戦略でしかないわけだから、それなり・・ってこともないことでしょう。

・・と言いつつ完成を楽しみにしているというのも、モンティパイソン的な神経かもしれない。

【TAROの日記】

2014/08/26(火) 08:26

復活モンティパイソン

復活モンティパイソンのライブを録画しておいたのを見た。

面白い者には面白い。わからん奴にはまったくわからない。・・という毎度の王道ネタがステージで炸裂。
これを見て笑っているのは、かなり変なんだろうな・・と誰もが自覚しつつ笑っているのだろう。

数年前に、いとうせいこうや松尾貴史が、モンティパイソンをみんなで楽しむ会・・みたいな?ライブをやったことがある。
昨日見た録画では、その松尾貴史やいとうせいこうが解説で出演していた。

松尾貴史がゲバゲバ90分とモンティパイソンは放映開始が数日しか違わないと番組の解説でも言っていたけれど、その話を聞くまで、私はずっとゲバゲバ90分は、モンティパイソンを真似ているのだ思っていた。

この2つが同時に、世の中に現れたというのは凄いことだと私のような者には思える。
1969年のあの時に、どうして、こんなのがイギリスと日本で生まれてしまったのか・・?

でぇ、それは、その後、笑う犬の生活とか今のライフに続く。

いとうせいこうが、確かテリー・ギリアムだったかな・・?に会った時に、「あなたがたの影響を私はとても受けました」と感謝の言葉を言ったら、「それはすまないことをした。謝る」と言われたと番組の解説でも言っていたけれど、世界中に、影響を受けた奴らは大量にいる。
もちろん、私も謝って欲しい一人だ。

【TAROの日記】

2014/08/25(月) 08:33

疲れた身体で遊びの話をしつつ身体的話

5年ぶりに、サマソニに行った。
そのため、先々週の土曜日から出張。そして、昨日帰ってきた。
疲れすぎて、声も出ない感じである。・・が、バンド練習もしたから、遊びすぎなのかもしれない・・。

ロバート・プラントは、意外にもよかった。
事前に、NHKでやったライブを見ていたので、期待していなかったが、いきなりツェッペリンのオリジナルアレンジではじまっちゃったんだから、たまらない。
ただ、私の周辺の客層は、有名曲しか知らんような子どもたちで、イマイチ盛り上がりにかけていたかな・・。

&有名バンド陣をいくつか見たけど、んーーーという感じだった。
良かったのは、ヴィンテージトラブルと矢野顕子だった。
ヴィンテージトラブルは次の新譜に期待だし、矢野顕子のバンドのドラムはとても気に入った。

自分のバンドはというと、かなり良くなった。
しかし、アマチュアの悲しいところで、練習不足が祟る場所は確実に祟るようになっている。必然なんだけど、それに遭遇すると「あーあー」と思う。ただの練習不足なんだから、何回もやればいいだけなんだけど、そこがアマチュアである。

個人的にも上記の通りだけど、右手は完全に復活した。
その分、左手でイライラするけれど、それでも2年半もかけて、右手が元の感覚に戻ったのは嬉しい限り。努力のしがいがあったというものだ。

まだ半身なれど、片方が元に戻ると、少し状況がスローで見えてくる。
演奏に余裕が出る・・という現象は、こんな身体感覚で起こる。

まだ少しだけど、「見る私」も感じられるようになる。
ただし、そうなるとイライラも増える。ダメな私を見ることになるから仕方ない。
でも、、このスローな感覚がいい。
仕事も同様で、好調なときは、この感覚がある。

本の原稿が最後のダッシュにかかっている。
書き終わっているけれど、今回は事例の挿入でここから時間がかかる。
スローな感じで、一気に終わるといいなーと思う。
今日からダッシュである。

2014年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページトップヘ