月別: 2014年5月
【苦しめTAROお仕事LIVE】

2014/05/29(木) 08:35

イメージ記憶

山菜採りなどに行くと、長年やっている人とやったことのない人の差は歴然と出る。

取るのが下手な人は、足元にあっても山菜に気づかない。
イメージ記憶が薄いからだ。

毎度言っていることだが、みんなが同じものを見ているわけではないのだ。

昔、父と雪山に入っていると、父が突然言った。
「ウサギだ!」
しかし、私にはまったく見えない。
雪の上の白いウサギは、冬の里山を歩きまわることの少ない私には、まったく見えない存在だと知った。

一昨日から一冊の本を探している。
今書いている本に引用したい表現があるからだ。
当社の蔵書システムはすごくよくできていて、本のタイトルなどを入れると、保管場所が瞬時にわかるようになっている。データ入力もスキャニングだけなので作業も楽な優れものだ。

しかし、唯一の入力項目である保管場所の入力間違いというヒューマンエラーがあったために、探している本が指定場所にない。
本の入力でいちいちチェックもしていられないだろう・・ということで内部検証をしていない弱みが露呈してしまった。

そこで、私のイメージ記憶で探すことにする。
手伝おうとするスタッフには、「ムダだ、俺が探したほうが早い」と言って、手伝わさなかった。
ところがない・・。ある程度の心当たりのある場所にもない。

完全に消滅してしまった・・・。不思議なことだ・・と思っていたら、今朝出勤すると、スタッフが見つけてくれてあった。
本は、私があたりをつけた場所にあったらしい。

ただし、ブックカバーがついておらず、私のイメージ記憶からは遠い姿だった。

イメージ記憶が裏目に出ることもあるのだなーと知った。

【TAROの日記】

2014/05/28(水) 08:27

指は正直

先週、半年ぶりに集まったバンドの練習風景を映像で見る。

おやじバンドの最大の欠点は、課題曲をどんどん忘れてしまうこと。
それで、練習もあまりしないから、前回、「決まったね~」ということができなくなり、期待だけは前回のままになる・・。

そのため、後で映像を見るのが毎度辛い・・のだけど、半年前のパフォーマンスがそれほど悪くなかったので、今回は、「まー、それなりになってきたかな・・」と思って見た。

結論は最悪である。
記憶が曖昧なところで、音がちゃんと出ていない。
これに尽きる。
ノリだけで勝負しているところでは、ドラムとリズムがズレているところもある。
アドリブでは、ミスタッチは常だけど、今回はかなり危うい。ここではダメだろーというところを目掛けてミスタッチなのだからたまらない。

「あらまー」である。
でぇ、深く反省した。
「いくらなんでも練習しなくちゃいけないなー」と思った。
曖昧にやっているところほど、音がちゃんと出ていない。
指は正直だ。

ただ、ノリ一発でやっていた私たちに、次の段階が来た・・・のかもしれない・・という感じも少しある。
それで、細かいタッチとトーンとかが気になるようになってきた・・。
発足当初から、課題曲の練習なんていい加減だったわけで、それでも少しずつ上達してくると、こうなる・・ということかもしれない。

でぇ、いずれにしても練習しなくてはならなくなった。
それも細かいことを気にしながら・・・・・。
あー、絶対にやりたくない道に片足を突っ込んだような・・・・・・・・・。

今朝、ある簡単なリフをじっくり弾いてみた。
すごく簡単なリフなので、一度も練習したことがない・・と言ってもいいくらいのリフだったのだけど、音の構成を理解しないままに、耳の印象でやっていたことに気づいた。そのせいで、指のタッチが曖昧になっている。
「あらららら・・」である。

しかし、こんなことも丁寧にやらないといけない・・と言って、丁寧にやりすぎるとアマチュアの演奏はつまらなくもなる。むずかしい局面だな~と思いつつ、バンドをはじめて2年半。今頃になって、課題曲をじっくり練習しようと思った。

これも仕事と似ているよな・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2014/05/27(火) 08:55

踏み絵

関連会社の『エーアンドパートナーズ税理士法人』で新たに2名の税理士が誕生しました。

別に資格を取ったからといって、本人が突然変わるわけではありません。
世間を見ても、「?」のつく税理士の方が圧倒的に多い・・という印象を持つ私としては、「それでなに?」という気持ちのほうが強いです。

しかし、それでも、人はネーミング一つで変わる。そういう力を持っています。
幸い、税理士という肩書の社会的印象は今もそれほど悪くはありません。
ですから、二人は、セルフイメージを高めて、大きく変化してくれると思っています。

資格が終着駅・・というイメージを持つ者が多い中で、二人は、むしろ、踏み絵と考えてくれていると思います。
その踏み絵がどれくらい見えるか。ここが勝負です。
どんなにカッコの良いことを言っても、日々の努力、研鑽以外に人を変えるものはありません。
だから、毎朝起きたら踏み絵が見えなくてはならない。私はそう思います。

将来、「あの日から努力の質が変わったんだよね・・」と語ってる二人を見たいものです。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2014/05/26(月) 09:26

前半が一段落

先週に久々の新刊が出て、ポールの病気も治ったということで、一段落。
気分は、今日より後半戦です。

すでに、来年のいろいろな企画も動きはじめていて、それも後半の半年で具体的になっていきそうです。
でぇ、今年は、フジロックとサマソニの両方に参戦のうえに、執筆も2冊分。
バンドのスピンオフでアコギ旅行・・という話も出ていて、・・・・・・・・、まー、死ぬほど忙しいんだろうな・・と、人生で一番忙しい局面になるのだろうな・・・と、こうやってどんどん加速していっていきつく先はどこなのかな?・・と。

そういう中での本日は狭間な日。
残っていることをお片付けしつつ、疲労しきっている身体を癒す日です。
こんな日が1週間くらい欲しいですが、それは物理的に無理な感じ・・・・。

さらに、いろんなことの精度を高めないといけないなーと思っていて、前には進まねばならないし、中身も濃くしなければならないし、「なんてことだろー」と思いつつ、でも、それしかない・・・という感じです。

さて、カップのコーヒーもそろそろ終わりそうなので、水面器に顔を入れますか・・。
仕方がないなーという感じです。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2014/05/22(木) 09:33

昨日、新刊が出ました。

10年前に書いた『会社にお金が残らない本当の理由』のバージョンアップ版の必要性は数年前から感じていましたが、忙しくて手付かずでした。
ところが、ここにきてバタバタと税制が変わり、もはや、待ったなし。
あの本で提案した考え方そのものの変更が必要になりました。

そこで、書いたのが今回の本です。
ただし、10年前の本の焼き直しだけでは面白くないということで、【運と実力】の関係というビジネスを行ううえで、見逃してはならない『構造』について語ることを主目的としました。

構造主義者オカモトの構造シリーズの第一弾になります(レヴィ=ストロースの構造主義からは近からず、遠からずです)。
以下、テーマを「経営計画」、「易経」と変えて、構造主義の考え方を明らかにしていきます。

できましたら、お付き合い下さい。

今回の本は、ダイヤモンド社から発刊した『実学 中小企業のパーフェクト会計』が2011年ですから、3年ぶりになります。
しかし、この手のいわゆるビジネス書は2007年の『稼ぐ超思考法』以来。なんと、7年ぶりです。

本のタイトルは、『長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営
ちょっと長いタイトルですね〜。
そして、つまらなそうなタイトルです。

でも、「実に、オカモトらしい・・・・・」という本になったと思っています。

『長く稼ぐ会社だけがやっている「あたりまえ」の経営』Amazonでのご購入はこちら>>

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページトップヘ