月別: 2014年3月
【TAROの日記】

2014/03/31(月) 08:41

親の心、子知らず

・・という言葉は、よーく知っている言葉。
そして、「そりゃそうだわね・・」と思っている言葉。
しかし、本日の朝、初めて実感したかもしれない。

それを考えると、子供としての私も親の心なんてテンデわかっていなかったなーと思う。
もちろん、子の心についても親はわかっていないわけで、そのわかんない同士の塩梅を親子関係というのだと思う。

それにしても、自分が高校を卒業して東京で一人暮らしをはじめたのは、ついこの間のような気がするのが恐ろしい。
その間、ずいぶんいろいろなことがあって、そのうち生意気にも世帯なんてものを持ち、妻と子ども、そして親と6人暮らし。それが一人ずつ減っていって今日より3人。後一人も2年後だ。

なんでも増えるのは楽しい。
デカくなっていくのも楽しみだ。
そんな登る生活は終わりに近づき、降りるプロセスに入る。

しかし、それは本当に降りるプロセスなのか?

イニシエイションの原理を考えれば、そうじゃないわな・・。
どう考えてもそうじゃない。

おそらく、さらにはじまるのだ。
んーー、そうなんだな~

【TAROの日記】

2014/03/19(水) 08:58

いんすとーる

昨日は寒かった。
しかし、なぜか薄着だった。
おかげで風邪をひいた。

おそらく、テレビが桜の開花予報を報じていたせいで、無意識に薄着を選択。
外は寒いというのに、自らのおかしな行動に気づくことなく、一日、「寒い、寒い」と過ごす。
こうして、今年もこの時期に軽い風邪をひく。
毎年やっていることである。

でぇ、こうしてブログにでも書いておくと、反省が定着するのでは・・と見込んでのカキコである(カキコという表現は、消滅したな~)。

しかし、定着というのは本当にむずかしい。
人の自動運動というものは、基本、生きるためにある機能だけど、その機能はまったくもって万能ではない・・というか、神はプリインストールされたものを人の意志でアンインストールさせ、新たなプログラムをインストールするように仕組んだのだと私は固く信じている。

そこで、いろいろとその作業に没頭して云十年。しかし、見落としが非常に多い。どうしても優先順位の低いことは見逃して、やっぱり云十年。
そして、年をとってくると、いろいろ優先順位が変わるので、「風邪をひかない」なんていうことが興味の対象になってくる。

こうして、「あんいんすとーる」と「いんすとーる」を繰り返してお陀仏・・ってことなんだろうけど、それが死ぬまで意図的にやれたら、それはそれで素敵だとは思う。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2014/03/18(火) 08:48

レイヤーが上がってしまう

4月のセミナーの準備が8割終わった。
昨年で終わりにしたつもりのセミナーだったが、要望をそれなりに寄せられて今年もやることにしたけれど、最早、同じ内容は私が嫌だということで大幅に改変。おかげさまで、とても忙しい日々を送らせていただきました。

でぇ、こういうノリの場合、当社のセミナーは既に受けたことがある人たちが大量に押し寄せるのが常で、初めてこのセミナーに参加する方々は3割に満たない。3割近くは初めてで、残りは内容を知っている人達という主催者泣かせの参加者構成である。

そういうことを意識しがら、コンテンツを詰めていくわけでけれど、当然、あっちが立てばこっちが立たず・・で、かなりエイヤーとコンテンツを変えた部分もある。また、内容を深めつつ、初心者も興味を持って聞けるように工夫した箇所もあり、すでにコンテンツは完成形だと思っていたけれど、やればできるというか何とか言うか・・。さらに深めることは可能なのだな~と思った。

面白いのは、前コンテンツで重要な4本柱としたもののうちの2つがパーツになってしまったこと。
これは作成しながら笑った。
つまり、話のレイヤーが一段上がってしまっている・・ということだ。
ただ、初心者もいるから、微妙な調整で2つは柱で残った。

いずれにしても、コンテンツの内容は間違いなく一段格調が高くなってしまったので、そこをライブで状況に合わせて調整することになりそうだ。こういうのも悪くはない。

しかし改めて気づいた。
昔は、意図的にレイヤーをあげていって今に至ったわけだけれど、ここのところ『Dファクトリー』のせいもあって、強制的にレイヤーが上がってしまっている・・という事実。
まー、仕事なんていうのは、一つの勝負なので、それでいいんだけど、ドンドン、ドンドン、マイナーになっていくな~と思うのだった。まーそれもその方がいい・・というのは本音だけど・・。
ただ、仕事師としてはいいけど、世間的には片端になっていくよなー

【TAROの日記】

2014/03/17(月) 08:31

きれいは、きたない。きたないは、きれい。

・・・と『マクベス』の有名な言葉をタイトルにしていいのか?
まー、ブログだから何でもいいや・・と考えつつ、最近の外の景色に思うのだった。

雪が溶けて、そろそろ土が見えはじめる。
冬の間は、イヤーな雪も、土が見えはじめると、「あー、消えないで!」と思う。
土が出て雑草が出てくることを考えると嫌になってしまうのだ。
冬囲いも取らなければならないし、花粉症もはじまるし・・。

考えてみると、小学校で習ったドミソの和音、いわゆるCと言うコードは、同時に、Am7だったりする。
同じ音なのに、背景と文脈で、雰囲気は真逆になるのだ。
さらに、Am(-5)みたいなくらーーーいコードで、E♭△7のようなメチャ明るいスケールがピッタシはまってしまう。

さらにさらに、暴走して書くと、私は、むかーーし、Am(-5)がF7(9)でもあることを見つけて驚愕し、さらにFのマイナーペンタに、A♭のコードが隠れていて、「なんで、A♭△7が使えんるジャン」と仰天しつつ、世の中は、何でもアリなのかもしれない・・と思うようになって早云十年が経つ。

さらにさらに、ジョー・パスを知ったら、その何でもアリというのが、本当に何でもアリで、「着地点だけ気をつけろよ!」と言われてるみたいで、のけぞった。

しかし、同時に、何でもアリだから、すごーーくセンスは問われるということを知って、基礎の大切さを改めて知った。
元に戻ってしまったのである・・。

そういうことで、結局、雪があろうと、なかろうと、センスは問われるのである・・・・・・。アーメン!

【TAROの日記】

2014/03/14(金) 08:30

ベンチ再び

昨日のベンチのお話。
運動オタクの人には「何を言っているのだ!」という話だと思う。

ただ、あの台の名前がいっそのこと”カバマタサルマエル”みたいな名前なら別にどうでもいいことなのだと思う。
なまじ”ベンチ”なんて普遍的なネーミングなので、素人は困るのだ。「へ?ベンチなの・・、あーそうなの」である。

オタク同士の会話は、門外漢が聞くと記号が飛び交い理解不能である。
私もそれなりの分野でオタク度が高いので、時々、普通に話しているつもりなのに、困った顔をされることが多い。

この間、あるギター弾きと話をしていた、「ここは、”マイナスナイン”だから、まー”ディミニッシュでもいいな・・」って一言を言ったら、もう金輪際通じなくて悪戦苦闘した。楽器やってんだから、それくらい知ってろよ!と言いたいとこだけれど、オタク度の違いは言葉に表れるのだった。

でぇ、”ベンチ”。
私が知らないだけもしれないが(ちなみに、当社の社員は全員知らなくて、私の妻も知らなかった。もちろん、これで何が言えるわけでもないが・・)、私的には、結構、オタク度の高い言葉に思える。
ホワイトベースを”木馬”と呼ぶようなかっこよさもあったりする。
そう考えると、”カバマタサルマエル”では普通なのだと思えてくるのが不思議だ。

でぇ、思うのだった。
“ベンチ”は正式名なのか、”木馬”のようなアダ名なのか・・・?
オタク度の高い分野は、”ベンチ”のような普遍的言葉に展開したアダ名は多い。
“ハコ”とか”イシ”とか”サラ”とか・・・・・・・・・。

しかし、調べるのも面倒くさし、運動オタクにでも聞いてみよう。そう考えたら、ふと4、5人の顔が浮かんだ。
ただ、その顔を浮かべてみると、そんなことどうでもいい筋肉バカばかりだから、知らないかもしれないな・・。

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページトップヘ