月別: 2014年2月
【TAROの日記】

2014/02/28(金) 08:29

ブログを書くことについて

昨日、ある人から電話で言われた。
「最近のブログはいいですねー」

こう言われてうれしくないわけはないが、私は言った。
「どうも、すいません。時間がなくて、バタバタ書くのであーなってしまうんですよーぉ」

すると、相手も言った。
「そうですよ、やめてくださいよ。今日(2月27日)くらいのは、全然、いいですけど、その前の何個かは、困りますねー」

・・・・・・・・・

ブログを書くことは、毎朝、神棚にお参りしているのに似ている。
はじめるとやめられないのだ。
昔は、もっとひどかった。出張に行った時も現地で書いていた。
でも、今は、新潟にいる時しか書かないから書く日数は昔の半分以下だと思うけれど、それでもやめられない。

問題は、書く内容である。
温度管理が微妙なのだ。
特に、私は、一応、いろんな文章を有料で見ていただいている身なので、こういうところの匙加減は悩みだ。
いっそ開き直って、まとめたら本になるようなことを書くという方法もないこともないが、それをするには圧倒的に時間が足りない。

そんなわけで、いろんな中途半端な位置にいて、ブログを書いている。
その中でも時間がないというのが最も大きな重力だから、時々、書くことの温度がぐちゃくちゃになりそうになる。
だから、過去に書いたブログの内容を有料の媒体で引用して、さらに奥のことを書くなんて行為も、年に何回か起こっている。

基本、ブログは、ご挨拶だと思っている。
「今日もなんとか生きています」という報告だ。そんなものはSNSでもできるけど、私はSNSのウザったさが大嫌いなので、意地を張っている。

・・と言って、「今日は、どこどこ行ってました」とか「誰々に会いました」などと書くこともウザいと思っているので、そういうことも書きたくない。

挨拶だからなんでもいいはずなのだが、口に出して話さないことは、書くこともできないわけで、そうすると、私は、仕事と音楽と本のことくらいしか話さない片端な人なので、まともに挨拶もできす、事故って、時々、「今日のブログ良かったよ」などと言われてしまっている(こういう長い文章をダラダラ書くという方法は大好きだけど、ブログやメルマでは許せれない匂いがあって、困っている・・)。

意外に、これは悩ましいのだ。
それでも、続ける。
あまり面白くないことを書いていたら、それが私の意思なのだとご理解ください。

【TAROの日記】

2014/02/27(木) 08:30

ビットコイン

ビット・コインは、普通に考えれば、ジョン・ローのミッシシッピー計画みたいなもの・・と直感してしまうところ。
しかし、左翼的な思考があると、その反政府的なところが魅力である。
さらに、ジョン・ローの錬金術の仕組みそのものは現在も残っているわけで、ビット・コインにもその可能性を見てしまうところはある。
だから、興味は持っていた。

しかし、投資するまでに至らない。
なぜなら、今回のようなことが起こるリスクを無視できなかったから。

それが起きた。
ミッシッシピー流域に大きな台風が来たみたいなもので、膨らんだ期待はしぼんだ。

ヘッジファンドなども投資をしていたというけれど、実態はわからない。
いずれにしても小さな市場なので、大きな影響はないのだろう。

結局、某社の玄関にわざわざ行ってしまうような人たちが犠牲者だ。
フタを開けてみると、そこらで起きている金融詐欺事件と同じような景色に唖然とする。

信用というものの本質がどこにあるのかを垣間見せてくれた景色でもある。
いつでも、”まともさ”というものを基準にすればいいという話でもあり、時代遅れなどという言葉は、あんまり意味がないという話でもある。

【TAROの日記】

2014/02/26(水) 08:30

PM2.5警報

家を出る間際に、警報が出ていると言われる。
外は良い天気、春めいているというのに、景色の明るさとは真逆で不気味さが増す。

かつてロンドンの霧として有名だったスモッグが、対岸のフランスなどにどんな影響を及ぼしたかは知らない。
多数の死者を出したわけだから、対岸とはいえ影響がなかったとは考えずらい。

中国で大量死者が出るのが何年後かはわからないけれど、歴史が繰り返すとすればまだ当分先で、本気で改善をはじめるのもまだ先だろう。

境界線は、リスクヘッジだ。
昔の日本人が鬼や天狗などで象徴していた境界線は必要なのだ。
境界線がないというのは怖いのである。

ところが、ネットを代表に、私たちの目の前から境界線は消えた。
今の子供に、ネットでそれ以上先まで行くと鬼が出るよ・・なんて言っても笑われるだけだ。

しかし、論理的に、どうして危ないかを説明するのはナンセンスだ。
そこに、鬼がいるから・・と言い切ったほうが絶対的に良いと思う。

ただし、中国の鬼は、あっちにいるままではない。むこうからやってきてしまう。
境界線の消失は、境界線そのものだった鬼の流入さえもたらす。

そして、私たちは、砂山と化す(このメタファーはほとんどの人がわからんだろうけど、時間がないので、このまま押し切る)。
後は運命を待つだけだ。

【TAROの日記】

2014/02/25(火) 08:26

郵便物が未着

先月、アメリカに小さな荷物を送った。
それがまだ届いていないという。

それで思い出した。
出張のついでに直江津駅前の郵便局にお昼に行って出したのだけど、その時の窓口のおじさんの対応がとてもいい加減だったのだ。
あまりにも業務に熟知していないおじさんの相手は面倒くさいので、彼のできることを聞いて、彼の理解しているルートに乗せてあげることにした。おかげで、送料は500円。いつもよりも300円高い。

それが紛失した。
すぐに別便で対応。
特急にするため宅配を使ったので料金は1200円。
結局、いつもより1500円高くなった。

クレームするのは時間の無駄だ。
別になにが解決するわけでもない。
そもそも、こういう時の怒りは、優先順位は一瞬上がるが人生的にはとても低い。
つまり、以前も書いたけど、優先順位の低いことは神任せに限る。
私が努力をする必要はない。

あの時のおじさんの態度は基本業務をまったく知らないにもかかわらず尊大だった。
「こりゃ、組織内でも問題児だろうな・・」と思った。
だから、すでに神の信託は降りていることだろう。
放っておけばいいのだ。
そして、気づかぬおじさんには、次々いろんなことが起こるはずだ。
「事件はその人の性格のうちにあり(だったけ?)」である。

しかし、腹立つな~

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2014/02/24(月) 08:28

ここはどこだ・・

良い天気で、山が綺麗だ。
今日は妙高、火打山の絶景が目の前に大きく広がる。

そんな景色を見ながら車を運転していたら、瞬間的に、「ここはどこだ?」と思った。
すぐに、「新潟だよ・・」という声がして、「あ、家に帰ってきているんだ」と思った。

帰ってきたのは土曜日。2日前である。
そして、昨日も家で朝から晩まで仕事をした。大忙しである。
それが月曜の朝に、「あ、新潟だ」と気づくのはどういうことか?

あまりにも、変転激しく、自分がどこにいるかもわからなくなっているとは・・・・・。
さすがに呆れる。

ところで、今日はすごく忙しい。
鬼のように忙しい。
もう、叫びたいくらい忙しい。
別に、休もうとは思わないけれど、混乱しながら仕事をするのは嫌だ。
しかし、一つ一つ片付けなくては、混乱も収まらない。
ドンドン降ってくるというのも事実だけど、片付けるしかない。

この気分は、雪を掘っている時の気分とまったく一緒だ。
あー、そういうことなのだ・・。

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
ページトップヘ