月別: 2013年12月
【苦しめTAROお仕事LIVE】

2013/12/27(金) 08:31

仕事納め・・・なのか?

本日を持って今年の業務は終了である。

27日。こんな早い日に仕事の一年が終わるというのは、何か変だ。
しかし、今日あたり、通勤の車がすでに少ない。

もちろん、私は明日もあさっても仕事をする。
ついでに、髪を切らなきゃいけないし、書斎などの大掃除も待っていて、普段の日よりも忙しい。
ずっと仕事をしていたいけれど、それもままならないので、おそらく、明日からはさらに超多忙になるだろう・・。

さて、本日は、恒例の『年末放談』である。
今年こそは、時間内に終わろうと一人固く誓っているけれど、準備時間もほとんどなかったので、暴走すると何時間でもしゃべっていそうである。
ただし、昨日の『まーけ塾』でいい線まで話せたので、繰り返し同じ話をするのが苦手な私は、今年は比較的穏やかに時間内に終わると勝手に思っている。

・・ということで、本日の『年末放談』でお会いしましょう。
例年通りに、ユーストリームをつかったライブになります。

そして、今年もこれにて業務終了。
なんだかんだと言っても、ケジメというのはいいものです。

みなさま、今年も、例年同様に、大変大変お世話になりました。
「人とは関係である」と言い切ったのはキルケゴールですが、まったくその通りだと思います。
『私』というのは、一見、私の固有物のようですが、そうじゃない。
私は、ある種の生態系に乗かった微生物のようなもので、その生態系は、縁ある方々があってはじめて成り立つものです。

そう考えると、この生態系に乗せていただいている私というのは幸せだな~といつも思っています。
みなさま、来年もよろしくお願い致します。

時代は、ますます面白くなってきます。

                           岡本 吏郎

【TAROの日記】

2013/12/26(木) 08:31

忘年会

妻は、これから2日ほど、忘年会があるらしい・・。

ところで、私には、忘年会はない。
そんなものいつからないかさえ忘れてしまった。
一方、妻の忘年会はどんどん増えているような気がしている(断っているのもあるしな・・)。

私の場合、飲むことに後ろ向きでも飲むことは多い。
先週も3回は飲んだ。
おかげで、憂歌団のライブの後に飲みたかったが我慢した。

この3回の飲み会は世間一般には忘年会という可能性もあるが、どうかんがえても忘年会ではない。
そういえば、先週の飲み会の一つで立て替え払いをした。
ところが、領収書紛失。
そのため、おごることになってしまった。10名分である。こんなのが忘年会のわけがない・・。

私の妻を除けば、世間的には、忘年会は減っている。
世間でも、もはや、忘年会もくそもないのだ。

まー、なんでも普通になってしまったということだ。
セブンイレブンのPBの果たした役割も大きいのかもしれない(さらに、フランフランの買収・・とか、きっとそういうことなんだな・・)。

80年代の雰囲気は95年を起点に完全に破壊されつつ、それでも根性で何とか残っているのが、忘年会とかクリスマスだった。
でも、”だった”である。
80年代は、完全に終わった。
しかし、95年が提示したことって、まだまだ未完成だ。

ところで、専業主婦のような時代と乖離した者とか田舎には、80年代の残照が色濃くあるわけで、違和感を感じつつも、これはこれでノンキで良いと思ったりもする・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2013/12/25(水) 08:30

9連休

今年の年末・年始は9連休になる。
カレンダーの関係で、当社的には、頭と尻で土日が絡む超大型連休になった。

9連はいい。
ゆっくり仕事ができる。
ゆっくり遊びもできる。
わるくはない。

しかし、今は大変だ。
営業日が少ないために、仕事はどんどん降ってくる。
それも年末なので、余計な仕事もしなくてはならない。
仕事は増えて、営業日数が少ないうえに、年末のご挨拶的仕事も加わり、パニックである。

正直、この状態はバカみたいだ。
意味があるのか?と思えてくる。
でも、乗り切るしかなくて、こうして今年も過ぎていく。

さて、今日は怒涛の予定の中で、予定の間の時間をどれだけ有効活用できるか・・の勝負の一日になる。
かなり際どい一日なるけれど、アクロバティックにやるのだった・・。

あー、早く、休みにならないか・・。

【TAROの日記】

2013/12/12(木) 08:33

冬です

すごい雪である。
一気に冬。
これから、また二ヶ月半ほどは雪との格闘か・・と思うと気持ちが滅入る。

しかし、では別のところに住むかな・・と考えると、心の奥で「でも、ここが好き」という声が聞こえる。
結局、なんだかんだと言っても、ここがいいのだ。

・・・というか、意外にも、私は故郷が捨てられないらしい。

故郷の嫌いなところは多い。
私のような者は、慣習とか井の中の蛙的発想とか裏の意図とか‥・についていけない。そういうものには、お付き合い不可という体質のため、たとえ故郷でも世間は狭い。基本、よそ者のような生活ぶりと言っていいだろう。
正直言って、居づらいところなのだ。

しかし、私の身体は、この土地の空気に合ってしまっている。
これは何ものにも代えがたい。
私にとっては、苦労があっても、ストレスフリーな気候と景色なのだ。
だいたい、冬の長靴姿は嫌いではない。

薪割りが間に合わなくなってしまったけれど、この週末は、雪が降ろうが、どんなに寒かろうが、やらねばならない。
明日からいなくて土曜には帰ってくるけど、日曜の1時位に再び長い出張なので、もう土曜の夕方~日曜の午前中しか仕事の時間はない。雪囲いを含めて、まとめて勝負。

まー、仕方がない。空気が合う限り続けるしかない。

【TAROの日記】

2013/12/11(水) 08:36

基礎期

会社の窓から一番近くに見える南葉山も白くなるし、妙高山も真っ白になり、冬がきたなーという感じだ。
昨日までいた軽井沢は比較的暖かかったけれど、昨日の大雨で一気に冬に向かっている感じ。
それでも、今日は穏やかな天気だ。

山が白くて、穏やかな景色の中にいると、「あー、今年も終わりかー」という気分が強くなる。
会社の年末会議では、みんなに言いたいことも言ったし、幹部陣には、今後の自分の考えも話したので、いろんな意味で一回ケリがついた感もある。
そして、これで、また来年も最初に戻って働くのだ。

来年で、社会に出て30年。
10年のサラリーマン生活と20年のビジネス生活。
さて、次は何か?
脱サラ後、自分を助けてくれたものは、すべて学生時代とサラリーマン時代に学んだことだった。もうそれ以上でもそれ以下でもない。基礎的な力がないものは、花火しか上がらなくて使えないから、基礎期がすべてだと痛感している。

だから、これからもそうだろう。
約32年間の基礎期がコトを左右する。
極端に言えば、今から学んでも遅いのだ。

では、これからの私にとって起業してからの20年は、単なる収穫でしかなく、意味がなかったのか?
もちろん、そんなことはない。
理論の実践ほど役に立つものはない。
20年というのは、いろいろなものを血肉にした20年で、それは基礎期の再発見期と表現するのが正しいだろう。

つまり、本番はこれからなのだ。
やっと基礎期が終わったんだもんね。

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップヘ