月別: 2013年10月
【TAROの日記】

2013/10/29(火) 08:38

ゆっくり

ゆっくりは難しい。

これはいろんなところで共通している。
格闘技などの動きやスポーツ、そして楽器もそうである。

とにかく、ゆっくりは難しい。

ところで、日常の仕事である。
仕事は、スピードが命だ。
早くないといけない・・・・とみんな思っている。
私のような気の短い男には、ビジネスはとても向いている・・と思うのもそこである。

しかし、ならばスピードが早ければいいのか・・というとやっぱり違う。
意外にも、ゆっくりが重要なのだ。
そして、そのゆっくりは難しい。

ただし、遅いのはダメで、遅いとゆっくりは違うのだ。
んー、言語化が難しいな~。
これってロックンロ-ルのタメに似ている。
微妙なタメって、縦ノリ少年たちは苦手としていて、私のような下手なオジサンも実はちゃんとできているか怪しい代物なのだけど、そこんところが命だったりする。

でぇ、おそらくだけど、来年からは、そこんところがとても重要になりそうに思える。
オイルショックをスタートとする第2波が終わり、第3の波がはじまる(トフラーみたいだ・・)。
そして、価値観の混乱が起こる。
今まで、うまくいっていたやり方が役に立たなくなる。
それは、前に起きた断層の景色と同じだ。
その時私たちは振り返る時が来る。
前は、先を見た。新しい知識が出現した。
今度は、おそらく違う。逆が起こりそうな予感がする。

【TAROの日記】

2013/10/28(月) 08:32

あっという間の2週間

いやはや、連休の軽井沢の話を書いてから2種間か・・・・とため息をつきながら思いました。

母の葬儀に際しては、たくさんの方々から会葬いただき、お花や香典などもたくさん頂戴し、本当にありがとうございました。
誰でも、こういうものは地味にやろうと思いがちで、私もその一人ですが、それでも、祭壇の多くの花などを見るにつけ、母に初めて自分の現状の報告ができた・・と思いました。感謝の気持ちは言葉では言い尽くせません。

そして、無事、母を送り出してからは、怒涛の出張。
あまりの時の流れのギャップに、さすがに少し気持ちが変になりそうでしたが、時間というのは確実に事象を過去に葬っていきますから、こっちの気持ちも静かに普通に戻って行きました。

父の時にも思いましたが、死というイニシエイションは、時間軸をいい意味で歪めます。
父の時は、その歪みが自分に降りてきたのがわかりましたが、今回は、妻や子どもたちに、歪みがやってきたと思っています。

言葉の雰囲気は悪いですが、歪みはとても良い意味です。
時間の流れの寸断は、あきらかに、人を成長させます。
そんなことを、今回のイニシエイションで感じられたことは、とてもうれしいことです。
そして、今、母に感謝をするとすれば、そのことでしょう。

同時に、私も家族には負けていられません。
完全に母というマトリクスから離れた私にも、本当の人生の勝負時が来ると思っています。
もちろん、勝負の相手は自分です。
相手は、性格がひん曲がっていますから、なかなかの勝負になりそうです・・。

【TAROの日記】

2013/10/15(火) 08:36

連休の軽井沢

行ってはいけない時に、行ってはいけないところに行かない。
これは私のモットーである。

やってはいけない時に、やってはいけないことはやらない。
これも私のモットーであり、私が今日まで生きてきた源泉であり、私のアドバイスにおける根幹でもある。

そんな私が3連休の軽井沢に行った。
行ってはいけない時に、行ってはいけないところに行ったわけである。

こういうしてはいけない・・ということをしている時は、家族が絡んでいるのがパターンなわけで、妻がどうしても泊まりたかったところの予約が連休の初日に取れてしまったので、行く羽目になった。

それにしても、「行ってはいけない時に、行ってはいけないところに行った」ことがほぼない私は驚いた。
すげー車である。人である。
こんなところに来て何がうれしいのか?
さらに、娘がどうしてもアウトレットに行きたいなどとほざくので話が面倒になる。

しかし、そんなところで大きな力を発揮したのがiPhoneだった。
google mapの渋滞情報がとても使えた。
おそらく、ナビにもそういう機能はありそうだが、私の安物にはない。

そして、一番力を発揮するのは、やっぱり地図。
IT機器は、詳細と全体性を同時に表現できない。
かならず、どちらか一方だ。
これでは、裏道を使うには限界がある。
これはナビだろうとiPhoneだろうと一緒。
この問題を解決できたら、凄い商品になると思うので、専門家の人にはよろしくお願いしたいところだけど、それはそれとして、今は地図が一番いい。

そういうわけで、渋滞情報を手に入れつつ、地図を屈指して、途中から渋滞から脱出。
川沿いの土手やわけのわからん未舗装路などを走破して、渋滞をやり過ごす。
脱出ゲームをやっているみたいで、とても面白かった。

考えてみれば、こんなことは、昔、普通にやっていたことだけど、事前の渋滞情報のおかげで、ピンポイントで幹線道路に顔を出せるのが強力だった。

しかしだよ、みんなが同じことをするとどうなるか?
そういう点で、今の状態がベスト。これ以上便利になってもらっては困る。

・・・・という最上級の便利までいかないボーダーには、おいしいものが多い。

渋滞をただ享受する人と裏道を探す人っていうのは、毎度の型だと思いつつ、たまには、行かないところに行くのもいいと思った。
ただし、一回で十分なので、連休に観光地は二度と行きたくない。

【TAROの日記】

2013/10/11(金) 08:31

日経新聞 マクドナルド 違和感 

今日の日経新聞のマクドナルドの広告は不思議だ。
原田さんの写真が使われている。
確かに、会長職の肩書は残っているから、表面上はおかしくはないけれど、瞬間的に、いろいろ考えてしまった。

「積極的に直営店を減らしてフランチャイジーに転換してきた原田さんをここで出さなきゃね」(笑)(笑)
とか、
「ここんとこ目立っていたし、本も出しているし、世間はそんなに事情に詳しくないでしょ!」
とか・・・・・・・。

余計なお世話だけど、そんな会話で、この写真を使ったか・・と思えてしまった。

・・・・・・・・・と書きつつ、筆が暴走しそうなので、ここでやめておこう。

とにかく、本日、朝、私に違和感を感じさせたのが、この広告だった。

しかし、他にも違和感はある。
とてもある。
まー、毎日のことだ。

マクドナルドなんかは大きいから、私のような小動物が違和感を表明してもかわいいものだ。
でも、違和感って、本来、あまり表明できない。
私は狭いサークル内では言いたい放題だけど、場所は選ぶ。

ところで、違和感とはなんだろう?
ある学者は言う。
「死への恐怖」

これだけではないと思うけど、この学者の言い切りは好きだ。
まー、そういうわけで、私はそこらじゅうで「死の恐怖」を感じている。
今日の日経新聞のなかなかでしたよ・・。

【TAROの日記】

2013/10/10(木) 08:30

ごちそうさん

新しい朝ドラ『ごちそうさん』は、今、1922年(大正11年)である。
前回の『あまちゃん』同様に、2年後の関東大震災を控えたシチュエイション。

この頃の日本は、戦後不況を脱しサラリーマンの給料増加が物価上昇を追い越し一服していた頃。
安倍ちゃん内閣が夢に見ている光景が実現し、個人消費が景気を下支えしていた頃だ。
数年前には、米騒動で大騒ぎだった日本だけど、その記憶さえ過去のもの。

そんな大正デモクラシーな時代は、『はいからさんが通る』の時代で、オムライスが生まれるような時代だった。
そして、この時代の”新しきもの”は、第二次大戦後に復刻され、私たちもその一部を享受する。

当時の日本は金があった。
だから、財政出動も楽勝。鉄道網もこの頃整備された。

この後、震災~金融恐慌が来ようと誰も思わない明るい時代であると同時に、マルクス熱がジワジワと感染をはじめた時代だった。

今は、オムライスは生まれない。
何でも翻訳なしにダイレクトに輸入されちゃうから、オムライスは誰も求めない。

そのために儲かるのはアメリカを代表とするグローバリズム。
病気の症状さえ、アメリカ発の時代だから、薬なんて売りやすくなったものである(笑)。
UFO目撃者が感染して増えるように、伝染病でもない病気が感染したかのように増える・・というのは、本来、おかしい。
「社会現象」などという便利な言葉があるが、「それってなによ!」である。

話がヅレ過ぎたのでもとに戻す・・。
今は、マルクス主義の成れの果ての思想だか主張だかよくわからないものが感染している。
震災は経験済みで、金融はまだ。
金解禁に似たことも経験済みで、結果はこれから。

朝ドラ『ごちそうさん』は、そんな目でも見てみたい。

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ