月別: 2013年9月
【TAROの日記】

2013/09/30(月) 08:34

価値観の相対性

土曜日に、20代の若者(大学生)に会う。
でぇ、普通に、
「君たちの時代は、お父さんのように、どこかに勤めて一生をまっとうすることはないからなー」
みたいなことを言ったら、
「え、そうなんですか?」
と、やっぱり普通に言われてしまって、とてもびっくりした。

毎年、学生の就職人気ランキングを見て、その勘違いしたランキング(仕方がないけどね・・)を笑っているわけだけれど、んーーーーーー、私たちが普通に理解していることって、ちょっと世代や世界が違うとまったく普通ではないのだ・・とあらためて思った。

最近、どういうわけか、自分の世界以外とのコミュニケーションが多くなっている。
これは私のようなものには、とてもおかしな状況なのだけど、別の価値観との出会いはそれなりに面白い。

ただ、あまりにも前提が違うので、会話に困る。
前提のすり合わせって結構難しい。
説明を始めたら、丸一日あっても足りないはずだ。
だから、前提の食い違いは、ある程度飲み込んで、表面的な日本語を交錯させることになる。
まー、一言で言えば、「わかってねーなー」ということである。

しかし、それはこっちから見たことであって、あっちから見れば、「わかってねーなー」はこっちである。
または、私はよほど、変な人物に見えているはずだ。

子供の頃、「変人」を褒め言葉だと思っていた私は、別にどう思われようと良い。
むしろ、自分の相対化ができるという点では、ありがたいことだ。

ただ問題がある。
「あんたって、わかっているね」だけでは、別に大した相対化ではないし、「言葉が通じねーな」なんてことも毎度のことなので、大した相対化にならない。

私は、もっと、こっちがギャフン!となるような相対化を欲している・・・・・・・。

追記
これから京都に1週間。
端っこの方にいるので、毎度のことだが、京都観光とは縁がない。
でも、京都の空気は好きだ。
理由はない。

でも、一番好きなのは、京都まで向かう北陸の鉄路の過程だったりする。
なぜか、このコースは創造的になる。
不思議なのだが、いつもそうだ。
だから、これから列車に乗るのが楽しみだったりする・・。

・・ということで、また当分書きません。

【TAROの日記】

2013/09/27(金) 09:03

学生街の喫茶店

『学生街の喫茶店』は嫌いな曲だった。

すぎやまこういち、という人がどういう人かは知らなかったけれど、「職業作曲家」の作った・・というのが気に入らず、そもそも、あのCSNY張りのギターが聴けない・・・・・・。

ところが、この曲は、大ヒットした。出世作になった。
私が小学校6年生の時のことである。

そもそも、このヒットがなければ、小学生のガキが、彼らを知ることはなかっただろう。
もちろん、彼ら経由でCSNYを知ることもなかったかもしれない。

やっと、アグネス・チャンとか桜田淳子とかに少し興味を覚えたガキには、基本的にアイドル指向が極端に欠けていたらしく、『明星』とか『平凡』とか買ってきたものの、アイドルにはすぐに飽きた。そんなものよりも良い音がある・・。それを発見してしまった。
そのきかっけをくれたのは彼らだった。

しかし、『学生街の喫茶店』はいけない。
あの曲で、彼らの世間的イメージができてしまったことも面白くない。

彼らには、今なら”ソフトロック”という枠組みで語れる名曲が多数。
ハーモニーもギターも秀逸だった。

私は、テレビで、マンドリンを弾く彼らに驚き、レコード屋へ走り、生まれた初めてLPなるものを買った。
その時買ったライブアルバムは、今見るとギクシャクした構成だけど、ガキが驚くには十分の出来だった。
CSNYを知らないガキには、「トゥ、トゥ~」とか「ラ~ララ~」とハモるのが、とにかくカッコ良かった。
後に、S・スティルスの1stやCSNYのライブで元ネタを知ることになるわけだが、ガキには適度な麻薬だった。

そして、あの頃、刷り込まれたギターの音が絶対基準になってしまっている。
すべての音の価値は、あの音が基準である。

マークが新譜を出した。37年ぶりだそうである。
新譜は『学生街の喫茶店』からはじまる。
アコギの音一発で勝負が決まった。面目躍如である。
こういう『学生街の喫茶店』こそ、GAROの曲だ。
40年経って、やっと本当の『学生街の喫茶店』を聞いた気分になった。

なお、同アルバムには、漣くんアレンジのマンドリンの曲もある。
悪くない。
でも、あのテレビで聞いたものが聞きたい・・・。
『4』に入っているのも、アレンジが歌謡曲でダメなのだ。
こっちも40年経ってるんだから、なんとかならないものか・・(1973年の歌謡番組の音源を持っている人いますか?)

ほとんど、日本の音楽史から無視されてきた感がある彼らが、再考されるのはうれしい。
数年前に、紙ジャケボックスが発売された頃から再考ははじまってたのだと思うけれど、今回の復活はインパクト大。

今やっているバンドのスピンアウト企画で、アコギ・バンドをやるという話がでているのもタイミングか?
メンバーの誰も知らないと思うけれど、ここは強引に『暗い部屋』をやりたいなー。

【TAROの日記】

2013/09/26(木) 08:53

必然性

50歳を過ぎたからだろうか、余計なことを排除することに気持ちがさらに強くなっている。
もともと、サンバ踊り、付和雷同、悪霊取り付き(悪霊については、今度の本に出てきます)は大嫌いな質なので、あまりムダのない、言い換えれば、面白味のない人生を生きている自覚はある。

でも、「必然性」という基準で見たら、まだまだ・・。多くのムダをやっていると思う。
それが、最近、無性に許せなくなっている。
だから、徹底的に、排除をしたいのだ。そして、「必然性」だけを残したいと思うのだ。

例えば、この仕事に、「必然性」はあるか?と聞いてみる。

答えは、直感で良い。
頭で、理屈をこねるのは、すでに、「必然性」のない証拠だ。

こういう質問もしてみる。
会社に、「必然性」はあるか?

こういう質問もある。
この人と一緒に仕事をするのは「必然性」があるか?

究極、今の家族と一緒にいるのは「必然性」があるか?という質問さえ成り立つ。

持ち物もそう。
私の書斎には、大量のギターやレコード、本が並ぶ。
これらに、「必然性」はあるか?

中学生の時に買った15、000円のギターは、今もある。物持ちは良い方なのだ。
このギターは、この間、モンゴルでも大活躍してくれた。現役なのだ。

でも、30万円近く出して買った黒のレスポール(好き者にはたまらない逸品)は、メンテには出したけど、弾くことはない。
「必然性」は怪しい。

アンディー・パートリッジのシグネイチャーという日本に数本しかないだろう変わり者の証明みたいなギターもある。
確か、36万円くらいしたはずだ。
音はいい。ハムバッキングの魅力を、フルに出してくれる逸品。
でも、これで一曲弾き切ったことはあったかどうか・・(こんど、バンド練習に持ってこ・・)。
やっぱり「必然性」は怪しい。

机の周りもそう。
「必然性」とそれ以外がぐじゃぐじゃになっている。
これを直感でエイヤーすれば、机さえなくなるかもしれない。

逆もある。
「必然性」があるのに、手に入れていないもの。
そういうものもあるはずだ。
どれも地味なものばかりだと思うけど、それを見つけるのも楽しいと思う。

若いにーちゃんが「必然性」とか言っていたらアホだけど、50歳のおじさんがコレを言うのは良い。
それも直感的に良いと思う。

でも、オカモトという男は、若い時からそういう傾向があったアホだと反省もしつつ、秋めいてきたので、そんなことを考え、少しずつ実行する腹なのだった・・。

【TAROの日記】

2013/09/25(水) 09:19

風景の変更

今日は、秋らしい気持ちの良い天気。
会社の窓から見える山もとても綺麗。
もう少しで松茸の時期なので、山に入りたくて無性に体が動いてしまう。(窓から見える山の中腹は、松茸が確実に取れる場所があります)。

・・と言っても、ここ数年は、山菜採りやキノコ取りで山に入ることはまったくない。
気づいてみると、10年はご無沙汰している。

ここのところ、いろいろなものを復活させているので、そろそろ山に分け入るのも復活時期かもしれない。
忙しいのと足を痛めているのとで、随分、好きな山からは遠ざかってしまって、ここ数年は家族登山と低山ハイクのレベルくらいしかしていない。

そうは言いつつ、ブータンの山やネパールのトレッキング(?)、ワイナピチュ・・・と日本以外の変なところは歩いていて、登山に毛の生えたレベルだけど、騙し騙しで楽しんでもいる。

おそらく、来年一年が終わると、仕事はかなり楽になってくる予定。
予定は予定だけど、時間は取られなくなってくると思っている。
だから、そろそろ、雪の山に行きたい。
高いところでなくてもいいから、無性に行きたいのだった。

少し、登山用具の整理をしてみますか。
ピッケルとか冬用の登山靴とかどこらへんに隠れていることか・・。

自分の”無性”って奴に突き動かされながら、風景が変わってくることを予感する。

おそらく、心象風景の変化が起こるのだと思う。
今までも、そうだったのだ。
ただ、最近は、そういうことに意識的だから、予感の理解が早くなっているのだ。

もう一度、理想の心象風景を作ってみよう。と思う。
なんだか、楽しくなってきたぞ・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2013/09/24(火) 08:28

2週間ぶりの出勤

約2週間ぶりの出勤。

さすがに、2週間出勤していないとおかしなものだ。
休日に一日出て、事務所で仕事をした日もあったけど、そういうのは出勤っぽくないので、やっぱり久しぶりで変な感じ・・。

でも、この2週間はものすごーーーーーーく仕事が進捗した。
新しい本の原稿は書き上がったし、溜まっていた仕事もほぼ終わった。
おかげで、昨日の夜は開放感でいっぱいだった。

どうせ、そんな開放感は一瞬のもので、また地獄の仕事ロードに突入するわけだけど、ケリがつくというのは良い。

本の原稿は、どうも書き過ぎたらしい(毎度のことか・・?)。
場合によっては280ページから300ページくらいになりそう・・と泣きを入れられたが、省略する原稿はない。

さて、まずは机の上のおかたづけからはじめますか・・。

2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページトップヘ