月別: 2013年6月
【TAROの日記】

2013/06/21(金) 08:48

アウトバーン

1991年版『アウトバーン』を聞きながら通勤する。

どうしても70年版のオリジナルが頭にあるので、微妙な違いに反応してしまうけれど、これはこれでいい&後半の車が往来するシーンのところは、さすが1991年版と唸ってしまう。

この音楽、BPMは40くらいだろう。
今の音楽の常識からしたら、とても遅い。

しかし、BPM=40くらいだというのに、スピードは80kmくらいに一番合う感じがした。
この遅いと速さの同居はたまらない。なんとも言えない快感を呼ぶ。

おそらく、この感じは、私たちがドラムンベースを初めて聞いた時の快感と共通なのだろう。

ただ、相矛盾したものの同居というのは20世紀的だ。
今は、21世紀。いつまでもポアンカレの法則でもない。

では、これからは何か?

同様に相矛盾したものの同居だと思う。
ただし、用意された相矛盾ではなく、広がりの出会いみたいなもの。
それも広がりの定義は次元を超えたものになってくると思う。
それは専門家という仕事がコモディティーになる時代だろう。
さて、私が生きているうちにどこまで進むか?
とても楽しみだ。

【TAROの日記】

2013/06/20(木) 08:43

石器時代

最近よく思うのだけれど、21世紀に入ってから、やっぱり大きな断層があったんだな~と思う。

おそらく、この断層の効果は、これから大きく旋回を開始し、特に専門家をイジメにかけることになるのだと思う。

しかし、専門家と言われる人たちで、それがわかっている人ってどれくらいいるのだろうか?
まー、今、守るものがある人たちにそれを言うのは酷というものか・・。

これから私たちの目の前には偉大な素人が現れる。・・というか、すでにどこかにたくさんいる。
彼らの特徴はメタ学習の徒だ。
だから、自分が知っているだけの論は振り回さない。

最近、アベノミックス関連の礼賛本、批判本を見ていると、どっちも見たいことだけ見ているなーととても思う。
私たちはあいかわらず肩書きに弱いけれど、あの肩書きってやつは、彼らの限界性を示しているだけなのだ、本当は・・。

でぇ、そんなことを思っていたら、20世紀までが石器時代に思えてきた。
知識の石器時代である。

そして、これから、マホメットが現れる・・と思う(もちろん一人じゃない)。
みんな(私を含む)が目をつぶっているところに一撃を強打する者が現れる。

私は、それを知的に期待する。
そろそろ、戯言は一掃するべきだと思うんだよ・・。

【TAROの日記】

2013/06/19(水) 08:41

胃のイニシエイション

ここ数日、朝起きると少し胃が重いので、朝飯を抜いている。
すると、今のくらいの時間になると腹が減ってくる。
胃には良いかもしれないけど、なにか食べたい衝動にかられる。
ここは我慢だと思いつつ、酒も弱くなったし、今までの食事パターンは最早昔のものなのだと感じている。

今回の胃のもたれの原因もわかっている。
家で、土日に飲んで、ついでに月曜もちょっと飲んだからだ。
前日に飲むと朝の胃が少し重く感じるのはここ数年の現象として定着してきていたけれど、それがさらに進んだのだろう。

しかし、こういう体質変換に合わせたイニシエイションってなぜないのか?
例えば、50歳になったら、最後に丸一日どんちゃん騒ぎをやるイニシエイションとかがあって、主だった人に招待状を出す。みんなお祝いを持ってやってきてくるから、そのお金と自分のお金で放蕩を尽くす。

・・・・・・というイニシエイションをやって、翌日から、「あれは楽しかった・・・」と言いながら、粗食生活に突入する。
どこかで誰かにお酒に誘われても、「あ、もう橋を渡ってしまいまして・・・」と言うと、「あ、そうですか・・」なんて言われて、「そりゃー、寂しいでしょう。たまには一杯やりたくなりませんか?」なんて聞かれて、「いやー、そりゃもう、そうですよー」なんて返しつつ、「でもね、世の中の仕組みはよくできていますよー。あれ以来、身体が軽くって・・」というような感じで、老境に入る準備的会話が日常会話になっていく・・・・というような。んーーーー、悪くないな~。

勝手に自分でやるかなーー?
賛同者がいたら合同でやるのもいいな。出席者も多くなるし、イベントとして楽しくもなる。

【TAROの日記】

2013/06/18(火) 08:27

砂金採り

宇宙は考える以上に奇妙であるばかりではなく、考えられる以上に奇妙だ・・。

家の中で、犬が大便をしてしまって、妻が騒いでいる景色を見ながら、このホールデンの言葉が降ってきた。

どうして、この言葉が降ってきたか?

私の頭の中で起きた一瞬のことを全部説明はできないけれど、景色を見ながら、

・犬には、やっぱり意思があるのではないか?
・しかし、現在は石器時代の人間と同じ状態で
・意思は無意識の下に平伏している
・だから、私たちの定義する意思とはちょっと違う・・
・ということは、石器時代の人間は今の犬くらいで・・・・・・・・・・・

などとバカなことを一瞬で思って、ホールデンの言葉でエンド。

この間、一秒くらいと思う。
この一秒をこうして顧みてみると、人間はくだらないことをずーっと考えているんだな~とあらためて思う。

でも、その大量のつまらないことの中に、時々、おもしろいアイデアとかが含まれるのだろう。
だから、毎日やっていることは、砂金採りに近いのだと思った。

大量のくだらないものを考えたり行動しながら、人生はそれなりに進んでいく。
んーー、これは神業といえるかもしれないな・・。

【TAROの日記】

2013/06/17(月) 08:33

仲間の引退で・・

昔の山の仲間が退職だそうで、そのお祝いをやることになったらしい・・。
もう、みなさまとは20年以上会っていないので懐かしい限りだ。
でぇ、お祝いの場所は、某山の頂上で、現地集合なんだそうだ。

すごーーーく久しぶりの、おそらく25年以上ぶりに連絡してきた昔の仲間は、「お久しぶりーー」も何もなく、要件だけ言って電話を切った。
なんだか、昨日まで一緒に山行をしていたような普通さで、あっけにとられつつ、まー、昔の遊びの仲間とはそんなものなのだと思った。

ところで、現地集合と言われたが、指定の山には、ずいぶん行っていない。
最早、登山口までどうやっていくかさえ忘れた。
そして、所要時間だってわからない。
でも、昔馴染みの山なので、おそらく適当に入るんだろうな~と考えている。

考えてみると、最近は家族登山しかしていないので、一人の山行はちょっとうれしい。
山は、あうんで通じる相棒と行くか、または一人が良い。

そんな山行は久しくしていないわけで、んーー、楽しみである。

ところで、この退職するおじさんは、最後に、私の家で酒盛りをしてから20年。その間、まったく会うこともなかったのだけれど、退職したらインドに住むという。そこで、勝手にインドに遊びに行けると、一人ほくそ笑んでいる。

そういえば、タイに定住を決めた人もいるし、私のグローバル化は自動的に進んでいる。
別に、私自身が海外に住む必要なんてないのだ・・。

でぇ、ネパールもほぼ毎年行こうとしているし、今回モンゴルに行ったら、モンゴルもそういう場所になることを想定しているので、一気に広がる感じかも?

なぜか、全部アジアなのが気になるが、できたら、トルコとギリシャ、モロッコ、パリも入って欲しい。
誰か住む人はいないものか・・?

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページトップヘ