月別: 2013年5月
【TAROの日記】

2013/05/30(木) 08:27

テレビの出演依頼

最近、とても多い。
だから、どうなんだぁ・・ってことでしかないんだが、とても多い。

昔からポツポツはある。
でも、連続していると謎だ。

最近の傾向は、どうもバラエティー系らしい企画というところ。
雑誌か何かで、私達のような人種はギャラも安く便利なのだ・・という記事を読んだことがあるけれど、そういうことなのだろうと思っている。

そういえば、この間は、政府筋(という表現でいいのか?)からも依頼があった。
最近、本を書いてないし、そんなに目立ったことも最初からしてもいないし、どういうことののだぁ?????と思っている。
世の中には、私のようなツチノコよりも目立っている人は多いのにな~。

ただ、みーんなが断って、私まで話が降りてきている・・という可能性はある。
「まー、しかたないので、オカモトね」みたいな感じである。
もし、こういことなら私は案外嫌いではない。
ババを引いて人に渡すのは昔から得意技。ババを引いて一発逆転というのはスカーっとする。

しかしだよ、私は忙しい。
そして、50歳も過ぎて、自分がイニシアチブを取れない所でウロウロするのは考えただけでも嫌である。
波打ち際は危ないのだよ・・と教えてくれた師匠の言葉を思い出すな~。

【TAROの日記】

2013/05/29(水) 08:27

ユダヤ人

意外に、ユダヤ人を人種だと思っている人は多い。
ユダヤ関係の陰謀説などが書かれている本を見ても、ユダヤを人種だとする前提はよく見られる。
まー、そういう本を見るのがユダヤ認知の最初の人が多いからかもしれない。とにかく、多くの人が人種だと思っている。

私みたいなのが「違うよー」と言うと、みんなが驚く。
ヒトラーのユダヤ虐殺を例に、「いやいや、民族でしょ。だって、彼はアーリア人種の優位性とか言ってるじゃない」と誇らしげにいう人もいるけど、んーー、そういう人には、よく調べてね!と言うしかない。

しかし、陰謀説のせいか、ヒトラーのせいか・・という理由は置いておいて、私たちはそういう思い込みをする傾向にあるのだとは思う。
例えば、スキタイと聞くと民族だとやっぱり思ってしまう。
匈奴とかもそうだな・・。

まー、スキタイや匈奴はまだ広い意味での国家だったから、ひと塊のイメージが強い。だから、=民族だと思いがちなのは仕方ないところもあるけれど、日本人は特にそういうことに無頓着だ。日本だって、日本民族の単一国家なんかではないわけで・・。しかし、私はたちはどこかでそう思っている節がある。

だから、「ユダヤ人は優秀だ」というのは笑ってしまう。
でも、こういう記述は多いよな。

そういえば、日本人は危機に強いというのも笑える。
一時、テレビやビジネス書などで、そういう記述が多く見られて、つまらんなーと思っていたけど、最近は少し減ったか・・?

でも、このラベリングは逆手に取ると使える。
・・というか、そのためにラベリングはあるんだろうな。
朝、アリストテレスの『詩学』を読んでて、そんなことを思った。
そかし、どうして、そんなことを思ったのかは謎だ・・。

【TAROの日記】

2013/05/28(火) 08:33

北朝鮮とミサイル

子供が「どうして北朝鮮はミサイルを打つのか?」と聞いてくる。

ゲーム理論で説明してやろうと思ったけど、拒否られそうだったので、普通に説明をしてやった。

ただ、そこから父の暴走がはじまった(子供はかわいそうだ)。
「・・・では、誰も戦争をしたくないのだから、戦争は起こらないのか・・というとそうではない」

そして、「そんなことはない」と言って、話はクリミア戦争や第一次世界大戦や中国共産党の話まで突入。
高校1年生は、クリミア戦争も中国共産党もよくわからないというのに、ナイチンゲールは知っていたので、そこら辺で引っ張りながら、戦争は誰もしたくないのは常だけど、不可抗力で起きたりするから問題で、それは優劣の混乱から起こると言うと、結構心配な顔をしていたので笑ってしまった。

でも、笑ってられるかどうかは実は誰にもわからなかったりする・・。

魔の問題は難しい。
『ゲド戦記』の前半のテーマでもあるけれど、誰がどこで魔がさすかなんてわからなくて、もしかして、この日本はすでに魔がさしちゃった可能性はある。ま、政治家の目的が本来の所にないのだから、私が勝手に思っている「魔の第一法則」にぴったしあってたりするのだ。

さてそうすると、ゲーム理論で見るとOKでも、違うんだよな~というものは多いと思うんだが、こんな生意気を言うとナッシュに起こられるか?そもそも均衡というのは難しいものだよな・・。

【TAROの日記】

2013/05/27(月) 08:27

子供のバンド

昨日、高校3年生になった次女のバンドのライブを見てくる。

出音が一音鳴った瞬間、前よりうまくなったなーと思ったけれど、ボーカルの子の歌とギターが下手なのは相変わらず(笑)。
それでも、バンドの音になっていた。

ただし、選曲が無難だったことが大きいとは思った。
後で聞いたら練習時間がなくて仕方なかったということだけど、ほとんど練習が要らないような曲が5曲も続くと、おじさんは少し首を傾げる。&どれも曲調が一緒でさらに首を傾げ、5曲のうちオリジナルが2曲あったと聞いてもっと首を傾げた。

さらにさらに、うちの次女は、最近、父の影響でクリーンな音が好きで、持っていったエフェクターもシゲモリのルビのプレミアムだったりする(こんなの使う高校生はいないだろうな・・)。これとマーシャルの相性は抜群で、なかなか暖かな厚みのある音なんだが、もう一人の娘のギターが思いっきり歪んだ音&爆音のために、リードギターの音があまり聞こえない・・というギクシャクな感じ。
Gがちゃんと押さえられない歪みギター娘のナンチャッテ・トーンが、次女のシゲモリ音の上をかぶさっていく様には、さすがにずっこけた。

最近の高校生はオリジナルを作りたがる。
次女のバンドの前に出てきたエレピ弾き語りの子は、全部オリジナルだった。ピアノがもの凄く上手く、声もいい。最近の高校生はすごいな~と思ったけれど、残念ながら曲調がみーーんな一緒。この子にはファンもいるようで、ファンの子達の彼女を見る目が少し怖かった。おじさんが曲調が一緒だ・・などとほざくとエライ目に合いそうだけど、あれだけの曲を書くのだから、間に、それこそキャロル・キングやらリッキーやらを入れたら凄いことになっている・・と思った。

そして、うちの次女たちのオリジナルは、とってもJ-POPなどこにでもありそうな曲で、こんなの作る暇あったら、もっと基礎練習しろよ!と思ってしまった。
作曲でも何でもすればいいとは思うが、先人の音をしっかりコピーする方が重要だ。
基本も知らないで、いろいろやりたがるのは、現在の日本の普通の景色で、ビジネスの中でもたくさん見られることだ。
それをとやかく言うのはただのおじさんだけれど、みんながそんな感じだからこそ、きっちり基礎をやって、古き良きブルースなどをたくさん聞くような高校生がいたら、凄いことになっていると妄想したライブだった。

ただ親バカを承知で書くならば、次女の力の抜けたカッティングとウォームな音で丁寧に弾いているソロはうれしかった。
まー、単に親の言うことを聞いているな・・と思っただけかもしれないが、悪くない(やっぱり、親バカだ)。
ついでなので、ベースの子の最初の方も褒めておくし、練習不足が見え隠れしたけど、ドラムも高校生としては悪くなかった。キーボードは目立たないけどバンドの要だとも思った。

次回は、チャック・ベリーとかボ・ディドリーとかやってくれるとうれしいな(無理だな)。
でも、凄く目立ってかっこいいと思う。
J-POPなガールズバンドなんて掃いて捨てるほどいるからね・・。

【TAROの日記】

2013/05/24(金) 08:24

エベレストと80歳

本人は、偉い。
私が言うまでもない。

ただ、私は、本人が本人の足で登ったことよりも、80歳のおじさんをサポートする人材の豊富さとかに感動する。
どんなに本人が自分の足で登ろうとしても、一流のサポーターがいなくては無理。

80歳。
最近は、そう遠くない未来に見える。
私が80歳のときに、「これやりてー」と言った時に、一流のサポーターが集まることはない。
そりゃ、有名人のおじさんと自分を比べても仕方がないけれど、そんなことを思う。

人はそれぞれに生態系を持ち、その生態系の中心にある。
その生態系に品質があるとすれば、それは中心がすべてを決める。
もちろん、品質は比べられない。
でも、本人が自分の生態系に満足しているかしていないかというのはある。

私は、ずっと自分の生態系に満足して生きられるだろうか?

今はとても満足している。
わがままを続けてよかったと思っている。
おそらく、これからもわがままで、そのわがまま度はさらに上がるはずだ。

最近、縁なきものに無理な遠慮はいらない・・ということを発見した。
昨日書いたベンサムの運用を間違っている若者のおかげである。
よーーくトレースすれば、わからない方がおかしいのに、私は今月に入るまでまったくそれに気づかなかった。バカである。
でも、気づいてしまったのでこっちのもの。私は遠慮なく生態系を広げる。

80歳が見せてくれたものはいろいろある。
でも、そこんところが彼の一番の勲章だと思った。
自分の欲が人に迷惑をかけないどころか、サポートする人々にも満足を与えるというのは素晴らいい。

・・というかそれを欲という。
欲は、長い目で見て人を良くするものだ。
単に人に迷惑をかけ、傷つける欲は、欲とは言わないと思っている。
もちろん、人は人だから、人に迷惑をかけることも傷つけることもある。
ただ、それにはいつも一定の条件があると思っている。

しかし、そういうことを含めて、全てが変数でアメーバで無常だ。
だから、結局はどうでもいいのだとも思う。
80歳のエベレストも今日から過去だ。

2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップヘ