月別: 2013年1月
【TAROの日記】

2013/01/25(金) 08:25

やっと出た!遅い遅い税制改正大綱

1月の下旬である。
12月の政権交代だったから仕方がない・・というのもあるのだろうけど、国がグチャグチャになっている象徴ではある。
昨年の民主党政権の元でも、法案が通らないという珍現象が起きたので、慣れてしまったとはいえ、今回の改正を見ていると増々ヤバイなーと感じる。

詳しくは、来週の『週間 岡本吏郎』に書くけれど、今回の改正を一言で言えば、”パッチワーク”。
90年以後、日本の税制はずっと”パッチワーク”ではあったけど、それも極みに来たかな~という感じがする。
すでに全体の体系なんてものを知っている人はいない・・という情報はあるところから得ているけれど、本当にそうみたいだ。

面白いところでは、「給与増の税制」だ。
民主党時代から上がっていたことの延長的なものが多い改正案の中で、これはとても新政権的だ。
詳細はこれからだけど、今の大雑把な情報から判断すると、「給与の総額を増やすと国から1割の補助が出る」という制度と理解。
それも税額控除だから国からの1割の補助金は税金の対象外になる。
したがって、実質効果は1割以上になる。

さて、「給料を上げたら、増加額の1割を上げるよー」と言われて人を雇う人はどれだけいるだろうか?

補助は1年だけ。
そもそも、ムダな人はいらない。

そういうわけで、インセンティブとしては限りなく弱い。
でも、ここに新自民党政権の思考のクセがよく出ている。
「小手先の対応はなんでもやるよ!」というクセである。

結局、この税制は、たまたま人を増員する企業に対するタレ流しとなる。
当社は、昨年、何人か増員した。だから、悔しくて仕方がない。
入場が100番目のお客様にプレゼント!!みたいな税制だよな・・と思った。

こういう発想は、商売人としては禁じ手である。
典型的なやってはいけないことだ。
まー、そこがわからない商売人は多いけどね・・。

【TAROの日記】

2013/01/24(木) 08:27

デジタルとアナログ

デジタルとアナログが『機動戦士ガンダム』のスペースコロニーと地球の関係というところまでは見えていたわけだけど、それが何なの?という感は否めなかった。

しかし、昨年あたりの動きからそれが見えてきたと思う。
その件については、『週間 岡本吏郎』の来月分で書くつもり。
・・というか、このブログを書き終わったら書く予定。

キンドルを買ったもののマンガ2冊をDLしただけで読むこともない・・という状況の私には、新デジタル時代はまだ先だ。キンドルはすでに埃をかぶっている。

でも、先日、DACを発注した。
やっと、ハイレゾを自分のオーディオで聞くときが来たと喜んでいる。
今まで、DACの購入を我慢したのは、デジタル系はどんどん新しいのが出てくるので、あまり早く反応するとロクなことがないから。
きっと5年以上待った感じがするが、そもそも5年も待てたということは、まだまだ待てるということだろう・・。
そもそも買ったきっかけなんて、CDプレイヤーを直したついでである。もう少し言うと、お世話になったから・・と言っても良いかもしれない。

それでも、DACは30万円台の買い物。安くはない。
やっぱり、ハイレゾは聞きたいし、そういうものがこの世にある以上どこかで買うことにはなっていたのである。決して決してムダではない(と言い聞かせる)。

しかし、それで何が起こるのか?

同じ音源が、CD、アナログ、ハイレゾとあって、さらに、CDで数種類、アナログで数種類・・・・・・・・・。
この状況下で起こることは見えている。
きっと、アナログの45回転に向かっていく。
ハイレゾは聞かなくなる・・。
ここでも、デジタルはゴミになる予感。

スペースコロニーと地球のどちらでも住む選択肢があるならば、当然のことか・・。
では、デジタルとは何なのか?

レプリカントかもしれないな・・・・・・・・。
そんなことも、これから書くメルマに書こうと思う。

【TAROの日記】

2013/01/23(水) 08:29

物語とかStroyというのにモノ申す

相変わらず、「物語を語る」とか「ストーリーがどうのこうの・・」ということが巷で聞こえる。
まー、気持ちはわかる。

しかし、どうなのか?
この手の話は、結局、ユングの元型論から出ることはない。
そして、大きな勘違いは「物語を作る」と展開してしまう所にある。
私たちは、他者の物語を生きるしかない。
私たちが物語を選ぶのではなく、私たちは物語に選ばれる存在だ。

もちろん、どの物語に選ばれるか・・という思考は、少しだけアリだ。
だから、私たちは努力が問われる。
しかし問われるのは、あくまでも、創造する物語ではない。小さな小さな努力だけだ。

ここの順番を間違って、くだらない物語を創造することさえ、ある物語に選ばれている・・のだと気づくセンスこそが必要なのだと思う。
物語論は、注意して読みたい。

【TAROの日記】

2013/01/22(火) 08:51

壊れていたCDプレイヤー

壊れたままにしていたCDプレイヤーを重い腰を上げてなおすこととした。

しかし、結果的にはなおらない・・・というか、私と同じ状況の人が列を連ねていて部分調達が困難で、修理している人が受付ストップ。
そこで、CDプレイヤーの壊れている部分の代わりを外付けの別装置で補うことにした。

デカイ機械がまた一台増えてしまったけれど、この新方式で鳴った音がすごい。
特に、JAZZ系にたまらない音。ジョーパスのソロギターなんて涙ものである。

壊れちゃったら、それをなおすという手もあるけれど、その部分を補う・・という手もなかなか悪くないのだな~と知る。

仕事の現場では、こういう柔軟な発想がドシドシできないといけない。
しかし、スタッフの仕事ぶりをみていると、なかなかそれができないと感じている。
何が違うのか?

世の中は、修理受付ストップにただ呆然とする人と次の手を柔軟に打つ人しかいない。ただこれだけなのだ。

【TAROの日記】

2013/01/21(月) 08:33

折り合い

誰かが、この間のセミナー中に、「機械だって50年持たないんだから、人間の身体は凄い!」と言っていた。
ついでに、無理に働くは、酒は飲むは・・・・で、その酷使の仕方も凄い。

それなのに、「あー、身体が衰えたな~」などと言うのはおかしな事なのだけど、先週の『年頭セミナー』から帰ってきたら、とても疲れている。
やっぱり、いろいろ折り合いをつけなくてはならなくなってきているんだな~と感じるのだった。

しかし、目の前の仕事は相変わらず凄い。
凄まじい限りである。
さらに、最近、遊びが面白くなってきていて、今回の疲れも半分は、バンド遊びとその時の飲み会も要因なのは間違いない。

まー、いろいろな意味で、現在は、ギアチェンジ直前期に入っているのだとは思う。
目もショボショボになっているから、本来、スピードを出すのは危ないのだ。
ただ、30kmとか40kmという速度にはイライラするから、そこら辺が問題だ。

音楽の世界には、魔のBPM=40という速度がある。
この早さの練習が最も辛いのだ。
なんてったって、遅い。この遅さに合わせるには、とんでもない熟練が必要だ。
人生も熟練すれば、遅いスピードに耐えられるようになるのかもしれない

きっと、バタバタ動いているのは、初心者なのだ。
人生の初心者は、遅いリズムには乗れないか、失速してしまうかのどちらか。
きっと、そうなのだと思いつつ、さて、どうやってギアチェンをするか?
方向と具体策は見えてきてはいるんだけどなー

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ