月別: 2012年11月
【TAROの日記】

2012/11/30(金) 08:25

コショウと♭5とタバスコな気分

朝、ラジオでチェッカーズが鳴っていた。
次女がそれを聞いて「ダサい!」と言っている。
妻は、次女に、「それでも、私たちの時代にはすごくヒットしたんだよ」と主張している。

私は、チェッカーズを知らない。
まともに聞いたことがないのである。
しかし、その知らない私がラジオのチェッカーズをチェッカーズと認識するのはなぜだろうか?これはこれで不思議だし、凄いことではある。
だけど、個人的には、このダイアトニックな感じは受け入れ不能。日本の流行歌(はやりうた)のほとんどを受け入れ不能なのも、そこに理由があったりする。

ラーメンにはコショウを入れないと気が済まないし、スパゲッティーにはタバスコをかけないと気が済まない。どういう理由かわらかない。別に、入れて特別うまくなるわけでもないのだけど、物足りないのは確かだ。
まー、いつの間にか入れるようになって、癖になったのだろう。

朝、ハーモニック・マイナーのスケールで遊んだ。
しかし、指が勝手に♭5に伸びる。これは、最早、肉体化している感じで、心の中で「おいおい」と思うのだけど、どうにもならない。♭5は、明らかに、私の中のコショウでタバスコなのだった。

ところで、次女が「ダサイー」という理由だ。
奴が演っている音楽は、基本的にストレートなロックとか木村カエラ的なものが多い。
林檎さん(@次女)とかも混ざっているけど、そんなにメンドーなものはやっていない。

この間、彼女がやっていた木村カエラだって基本的にダイアトニックだ。
しかし、♭6のCがなんとも言えない効果を醸し出している。そんで、♭7と続く。この塩梅が胸キュンである。
ついでに、イントロのE→E△7→E7と下がっていくところも、青春な人たちにはたまらないだろう。癖になるのは間違いない。
それで、現在16歳には、チェッカーズはダサく聞こえるのかな?

しかし、もう一周すると、今度は、チャッカーズその他流行歌的なものの方がカッコ良くなる時代が来るのかもしれない。
そして、次女が母になった時、娘に、「木村カエラはダサいよー」と言われてしまうのかもね。

【TAROの日記】

2012/11/29(木) 08:31

iPhone5をNTTでLTE

SIMフリー派のiPhone利用者にとって、今回のiPhone5発売は、当初、混乱だった。

まず、ソフトバンク、auでもテザリングが可能になっちゃった。
そもそも、SIMフリーのiPhone(香港製)を買って、NTTで使った一番の理由がテザリングのため。
それが日本の正規iPhoneでできてしまえば、今更、SIMフリーの意味はない・・。

さらに、NTTでナノSIMに交換しても、LTEができないときた。
これでは意味がない。
そんなわけで、iPhone4Sのままで過ごすことに決めていた。

ところが・・・である。
LTEが可能だという話をgoogle+で聞き、先にリスクを追ってくれた人も周辺に現れ、私も挑戦してみた。

結論から言えば、なんてことはない。
簡単にできてしまった。

よくわからないが、NTTはiPhoneのフリー派をちゃんと意識している。
ナノSIMを出してくれたのだから、それは当然。
しかし、LTEはできないとアナウンス(私はアナウンス自体の事実は知らない)。
ここら辺には、なんらかの遠慮等があるのかね?
でも、それなら、そもそもappleはSIMフリーのiPhoneなんて出さなきゃいい・・と思ったりもする。複雑な事情が、ソフトバンクとの関係であるのかな?

LTEが力を発揮するのは、映像だろうから、実は、私には何の関係なかったということに、LTE化してから気づいているような状態だけど、まーいい。やっぱり、最新を最大の力で使いたいもんね・・。

【TAROの日記】

2012/11/28(水) 08:34

寒い

新潟も雪が降りはじめた。
今日は、うってかわって晴天だけど、かなり寒い。
酷暑と残暑がウソのように寒い。それが、妙に不思議だ。

あれだけ暑いことに辟易したのに、今は、「あー、寒くなってしまった・・」と言っている。
人間なんて、いつも文句を言っているということなのだろう。

そもそもが多少の不足感がないと生きていけない。それが人間なので、文句をいう事も悪いこととは思わない。
しかし、この不足感を原動力とする猿とそんなもの関係ない他の動物とどっちがいいのかなー?という哲学的問題は、こういうことを考えはじめるとつい浮かんでしまう。
まー、どっちもどっちなんだが、急に寒くなったりすると、そんなこと関係なしに対応している動物を少し尊敬してしまう自分がいるのも否定できない。

寒さ、なんとかならないものかなー。嫌だなー、雪。

【TAROの日記】

2012/11/27(火) 08:56

ビートルズは呉越同舟である

23日に『レイン』を見た。
あの『エドサリバン・ショー』でのビートルズの初演を再現しつつ、後期のビートルズもやってしまおうという贅沢な内容・・・・・・・なんだが・・。

はっきり言ってダメである。
定番のメロディーに乗てみたりもしたけれど、まー、そんなものだった。
しかし、こんなものにでも会場は大きく盛り上がる。
それが腹立たしくて仕方がなかった(余計なお世話ですけどね)。席が1階の一番後ろのハジで本当に助かったよ。

ただ、レノンもどきが、あの『give peace a chance』の姿で出てきた時は興奮。
ステージ側的には、当然のごとく、みんなで合唱を目論んでいたけみたいだけど、会場はそれに乗らず、私は一人、それに乗って騒ぐのであった。

最後は、『ヘイジュード』の合唱で終了。
その景色が途中で嫌になり、さっさと会場を後にする。

ビートルズは、いつでも呉越同舟である。
そこが、また良いところだったりもするんだけど、んーー、ビートルズが懐メロとして売上げを上げるというのにはとても抵抗を感じた。

ミーターズやプロコロハルムが、一部のオリジナルメンバーだけど、でっち上げ的にやってくるのは、そんなに抵抗がなくて、懐メロとして受け入れてしまうんだけど、ビートルズはなぜ?
もちろん、オリジナルメンバーがゼロのコピーバンドという理由が一番の理由だとは思う。しかし、何か違うんだよな・・。

あ、そうか、そこも呉越同舟だからだな・・。

【TAROの日記】

2012/11/16(金) 08:27

彼は、発達課題をクリヤーしたのか?

ボンボンは、自分の今までやってきたことが、ずっと通用すると思いがちである。
それは、ボンボンに限らず、普通誰でもそうだけど、ボンボンは、50歳を過ぎても、何の学びもないらしい。

でぇ、重要な役職についたら、ウツ・・・・・・・・。

まー、そんな奴は多いみたいで、まだウツになるのはマシなのかもしれない。
良い年して、いまだに、かーちゃんから小遣いをもらってる重心がフワフワの親父は、無責任全開で日本をおもちゃにした。あれから見れば、敵前逃亡はかなりマシである。

しかし、「マシ」というのが価値観の重点になったらおしまいというのに、再び、この何ら発達課題をクリアーしていない50代親父に風向きが向いてきたというのは、ナントモハヤ救いのない話しである。

周りがなんと言おうと、一見優しげに見える今のおっちゃんは、最後に、ウルトラCをやっても目的を果たしたという点では、大したもので、それは消費税を通した時にも感じたところだ。

でも、それで、再び未成熟な奴にバトンが回るというのはどうなのか?
ま、今も混乱だから、何でもいいといえば何でもいいけど、さらに極みに向かっているで背筋が寒くなる。

その未発達親父がテレビで、次期政権での経済政策について語っていたが、本当にこんなことを信じているのか・・?

彼は、再び、「こんなはずではなかった・・」とつぶやくのだろう。
しかし、それは、彼自身の力不足でしかない。

あ、政治も、ビジネスもなーーーんにもかわらんは・・。

2012年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページトップヘ