月別: 2012年8月
【TAROの日記】

2012/08/31(金) 08:49

田舎

家の前で、バーベキューをした。
いつもは、庭でやっていたけど、めんどくさくなったので、家の前ですることにした。
約3時間、酒を飲んで遊んだが、誰も家の前を通らない。もちろん、車も通らない。

「今頃気づいたけど、家の前で十分だね。道も含めて全部我が家みたいなものだもんね」と妻。

田舎だから土地は安い。いくらでも買える。
でも、買う必要がない(だから、安いんだけど・・)。
むしろ、私有すると草取りが大変になる。

適当な私有地だけを持って、あとは、こっちが”私有地みたいなもの”と認識してしまえば、ほとんど自由がきく・・というのが田舎だ。
ここんところの理解が少なかった私は、田舎に入るときに、500坪の土地を買ってしまい、現在、管理に苦労している。
誰かに買われたくないというのはあったわけだけど、誰も買わないわな・・・・・・・・・・・。

仕事でも、押さえ場所というのは難しい。
余計なところを押さえて、大事なところを見逃す・・というのは必ず起こる。仕方がない・・。
しかし、減らさんとね~。

田舎暮らしも13年を過ぎようとしている。
そろそろ、わかったことを軸に、いろいろ変える時期が来たな~と思う。

【TAROの日記】

2012/08/30(木) 08:49

病人と健常者

この世の中の構造の一つを言えば、「健康な人が病気の人を見て、”あー俺もああならなければ~」とつぶやくおかしさである。
そして、健康な人は病人になろうとする。

帰省している長女も、そんなつぶやきをしていたので、いかに、あなたが思う立派な子が病気であるかを話してあげた。
おまえは、むしろ健康だ。それでいいのだ!ということである。

では、健康ならいいのか?

これはかなり微妙である。

病気の人が世の中で目立ち世界を動かしている現実に対応するには、いくらか病的であることは必要である。
「私って、健康だわ・・」と言ってお茶を飲んでいる場合ではない。

では、やっぱり病人がいいのかというとそうでもない。

病人の躁的エネルギーは、結果的に、その者を滅ぼす。

では、何がいいのだろうか?

・自分が病気だとわかっている病人(ほぼいません)
・いささか病気の問題児

・・・・くらいの周辺かな?

【TAROの日記】

2012/08/29(水) 08:30

北島三郎と49歳

北島三郎が好きな人と出会った。
そういうわけで、歌を聴きながら詩を追ってみた。

吠える波がどうのこうの、明日は魚が取れるのかどうのこうの・・・とまったく共感ができない。

ところで、失礼ですけどおいくつ?と聞くと、北島三郎好きは、49歳と答えた。一つ年下である。
私は人生のかなりの先輩だと思っていたので、びっくりした。

しかし、これは興味深い。
私がまったく共感できないメロディーと詩に、同世代の人が「好きだ~」という景色。これは、お互いの人生に何があったのだろうか?

49歳北島三郎好きは、どこで北島三郎に出会い、涙したのか?
とても興味がそそられる。

ちなみに、私は、今度カラオケで是非!と言って、きゃりーぱみゅぱみゅをお勧めしておいた。

さて、49歳のおじさんは、どう反応することか?

【TAROの日記】

2012/08/17(金) 08:24

んーーー

明後日から、ずうっといないので、しゃかりきに仕事をしている。
今日で何とか間に合いそうな雰囲気になってきて一安心。

しかし、こうして追われているせいで、もっと先を見た打ち手をやっておかなければならないのに・・という気分が強烈におそっている。

現在のようなスピードが価値の時代には、私のようなこだわり屋というのはかなり損だな〜と思いつつ、そこら辺の折り合いについても考えてしまって、結局、毎日のことをこなすだけで過ぎていく。

あれ、そういえば、今年って仕事を減らすって言っていたよな・・・。
あれはなんだったんだろー。まー毎年のことだけど・・。

そういうのも含めてじっくり取り組みたいことが増えてきているなーーー。

【TAROの日記】

2012/08/16(木) 08:28

服を売る

インターネットのおかげで、周辺情報の到達可能性が高くなった・・と当たり前のこと言って前置きにしつつ、
そんなわけで、私でも、いらない服を売ってみる気になった。
妻が時々オークションで売ったりしていたけれど(これが結構高く売れるので驚く)、まとめて業者に売るというのは簡単でよい。

遊びで6着ほど売ってみると、33,000円にもなって驚いた。
よく明細を見ると、デニムの一本が9、800円で売れている。
よくわからないけど、市場評価が高い一品だった模様。
でも、こっちが高いかな?なんて思ったものは1000円だったりして、門外漢にはわからん世界だと思った。

これをよしとして、段ボールにしまってあるいらない服を手当たり次第に30着用意。第二弾の実行である。
ところが、ほとんどが10円にしかならず、合計で8,800円。
30着もあるのに、あのデニム一本にもならんとは・・・・・・・。

妻は、オークションならもっと高く売れるのに・・と悔しがるけど、そんなことはいちいちしていられん。
これがCDやギターならいくらか相場観がある。
私はサラリーマン時代、セドリのようなことをCDでやっていたことがある。
すごく価格査定の甘いフランチャイズらしき中古CD屋があって、そこのフランチャイジーの主らしき素人おばさんの査定がとてもハッピーだったのだ。
出張で東京に行くと、エグい価格で中古CDを手に入れ、それをカセットに録音して、売りに行くと、買った値段より高く売れるのだった。規模は小さいけれど、時々市場に現れる矛盾を手にできてとても楽しかった。

市場は、流通ルートのどこかに素人が入ると、突如ほほえみを見せる。服に関して言えば、まったくの門外漢の私が、市場からやられる立場にあるわけだけど、まー、これは仕方のないことである。
なんだかんだと言っても、情報の非対称性というのはネットがあろうとなかろうと有効ということなのだよ。

2012年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップヘ