月別: 2012年7月
【TAROの日記】

2012/07/31(火) 08:29

フジロック帰還

いやーーーー、凄かった!!

・・・・とクリシェな言い方しかできませんが、いやーーー、凄かった!!!!!

これで、私の一年に一回のお正月も終わり、後は、ガンガン働くだけですね。
細かい感想などは、google+の方に書いています。

驚いたのは、人ですね。
例年以上の人の入りは、ストーンローゼスのせいなのかどうかわかりませんが、初日から異常。
どうも、正式な数字は言えないくらいの恐ろしい入場数だったようです。

フジロックの景色は、一つの成熟の景色で、日本という国の部分でもあります。
下手をすると海外旅行よりもお金がかかるイベント、さらにセレブでもなければ、楽でもない・・。
かなりMでないと耐えられないシーンもあるわけですが、そこに、延べで12万人(本当はもっと入っているらしい・・)。
これを豊かと言わずになんというのでしょうかね?

さらに、斑尾のジャズフェスティバルが個人的な野外フェスの私には、野外フェスでは、ミュージシャンが手抜き演奏をする・・というのが常識になっていましたから、フジロックでの各ミュージシャンの本気度には毎回驚きます。
通常のライブよりも、凄い!!というものが何本もあるのですから、見てる方はたまりません。
個人的には、今回は3日目のジャック・ホワイトとレディオヘッドの圧倒的なパフォーマンスに気が狂いそうになりました。大番狂わせなく、凄い奴が凄かった・・という感じですね。

期待していなかったレイ・デイヴィスとコストロは、きっちり良い仕事をしてくれたのが印象的でした。
フェラの息子とメタルボックスな二人は、まーまーなパフォーマンスながらも、私の積年の夢をかなえてくれたし、スペシャルズは、一気に高校時代まで気持ちを戻してくれました。
奇妙君も、ヒカシューも、主役のいないトリオの二人もとてもよかった・・。
心残りは、見れなかった数組と、ジィムス・ブレイクとtoeで寝てしまったことかな?
おまけで陽水の『氷の世界』が聞けたのもオツでした
後、好き勝手なことは、google+で書いています。

さて、来年はどうなるか。今から楽しみーーーーーー。

そして、昨日遊びから帰ったばかりなのに、今日から再び出張。
「何が、お正月よ!」と言う妻に深々と頭を下げることしかできません。ごめんね!

【TAROの日記】

2012/07/19(木) 08:31

意外にも、仕事に追われていない・・

別に仕事は減っていなくて、むしろ、さらに増えているけれど、少し余裕がでた。
前倒しで、ガンガンかたづけた賜である。

1年に2回くらい、こうした真空状態がやってくる。
とても、うれしい瞬間だ。

この状態になるときには、決まってイベントの前である。
海外旅行はその典型で、今回だとフジロックだろう。

人間は、忙しい、忙しいと走り回っているが、どこかでまだ余力を残しているものらしい。
だから、イベントが入れば、ちゃんと前倒しでやってしまう生き物だ。

もちろん、やることは無限で、終わりはない。
少し余裕ができたといっても、机の中をほじくり返せば、亡霊が出てくるのはみえている。

だから、この余裕というのは、実はモラトリアムでしかない。
そして、手をつけられていない大きな仕事が浮上してくる。
結局、あー、あーである。
その中には、死ぬまでにやれるのか?というものまであったりする。
まさに、あー、あーである。

明日は、車で湯沢まで行き、車をデポして東京。
暑い東京でヘトヘトになるまで働いたら、湯沢に戻って、苗場に向かう。
3日間は、祭りである。
机でばかり仕事をしている奴が、身体性をいくらか取り戻すイニシエーションである。
戻れば、また、余裕なんて消えた生活が待っている。人生だな〜

【TAROの日記】

2012/07/18(水) 08:25

プロ

右目がよく見えなくて医者に行く。

3時間も待たされ、とても対応の悪いにーちゃん(医者)に「なんだか、こいつは全然ダメだな〜」と思いながら、めんどくさいので、突っ込みどころ満載の所を言われるがままに「はいはい」言って帰ってきた。

結局なんでもなかった。
年と言うことだ。
パーツの一つが、だいぶ古くなってきたということなのだろう。

そういうわけで、また、折り合いをつける部分がでてきてしまったわけだが、身体の折り合い以前にも、折り合になんていろいろなところでつけてきたわけで、「まー、仕方ないね」と今のところは思っている。

視力が落ちているということで、めがねの処方箋を作ってくれたが、言われるがままにこの処方箋でメガネを作ることはないな。
彼(医者)は、オレの右目のことだけ解決しようとする。それで、そういう結論を出したようだ。
しかし、50歳にもなると、そこら辺の他者の気持ちのありどころがよくわかってしまう。そこんところを本人に突っ込む気はないが、透けて見えてしまうので、彼の言うことを聞く気はない。

それなりに生きてくると、自分で工夫をする・・しかないということがたくさんわかってきて、どんどん判断が増える。
世の中のプロという名の人が、いい加減であることもたくさんわかるようになった。
所詮、私たちの世界は、外部世界に自己の意志を投影した内部世界でしかない。だから、そこら辺は心持ちでしかない。そして、多くのプロとは私たちの内部世界の産物でしかない。

マスコミを見ても、バカかーと思うようなシロウト理論を振りまく自称プロは多い。
いや、むしろ、そういう人が大手を振っている。
本でもなんでもそうだ。

私たちの内部世界の産物は、いつの間にか、イメージだけではなく、私たちのかなり深い内部世界の投影になってしまっているのだろう。つまり、アマチュアよりも悪いのだ。

それでも、そんな中にも、私たちの内部世界を超えたプロはいる。
出会いは運だ。
案外隣りにいたりするものだが、彼らは静かにしているのでわかりずらい。
まー、仕方ない。本当のプロというのはきっと孤独なのだよ。そうでなければ、やれないもんね。

今度は、この目医者の重鎮先生に見てもらおう。彼は、人の目はあやふやだという原則をよくわかっておいでだから・・。

【TAROの日記】

2012/07/17(火) 08:36

頭はフジロック

・・・である。
後約2週間だからしかたない。

そろそろ、具体的に調べ始めると、意外な伏兵が密やかにラインアップされていることに驚く。

一番びっくりしたのは、ジョー・ウォーブル&キース・レビン。
知らない人には、記号だが、知っている人間には涙ものだ。

これは、昨年のサマソニでのPILに対する返答ではないか!!
昨年、密やかに下北でもライブがあり、その時も天に向かって叫んだけど、日程が合わず断念。

それが見れるのだ・・。

わからない人には迷惑な話だと思うが、オレは、今、とても興奮している。。

・・・というような伏兵がいくつか。
とにかく、たまらない。

レディオヘッドはもちろんいいが、やっぱり、こういうところのチョイスがフジロックの良さである。

私たちは、20歳くらいまでに聞いた音楽で、だいたいの好みが決まってしまうという。
だから、どういう時代に生きたかは重要で、自分ではどうにもならないところがある。

そういう点で、余計なお世話を言うようだが、80年代に青春時代だった人たちを不幸に思うし、70年代後半に青春時代だった自分を幸せに思う。なにせ、73年から79年が小6~高校生である。これは、21世紀から音楽史を俯瞰しても凄いことだ。

もちろん、音楽に興味がない人には、そんなものは幸せでもなんでもないし、別に、60年代の音楽体験も90年代の音楽体験も、同様に素晴らしいことであって、自分の体験をひいき目に見ているところはある(しかし、私は欲張りなので、60年代と90年代にも青春時代を経験したかったと思っている)。

それはそれとして、そんなこと(音楽以外でも)が、自分を規定してしまっているという事実には驚く。
私の枠組みは、そんな私と関係ないところで決まっている。
もちろん、そこに自分の力は働く。でも、背景がなければ、アクセスはできない。

79年に、3枚のレコードが入った缶を友人が貸してくれた。
そこから出た音の凄いこと。あの体験を何の文脈もなくただ体験できるためには、最低限、高校生~大学生くらいでないと無理だ。
この時代の高校生~大学生は、出生数の少ない世代だ。今は、伝説となったこの時の音のing体験をした人は、それほど多くはないのだ。
それが、親父になって再度体験できるとなるとさらに限られる。

人生がどうにもならないことが多いとしても、こういうことも少なからず散りばめられている。
人生は、それだけで凄いのだと思う。たかが、音楽でそんなことを思うのは大げさに見えるかもしれないけど、そう思わせてくれる音楽ってのも素晴らしいと思うのだよ。

【TAROの日記】

2012/07/12(木) 08:53

国民の生活が第一だって・・・(笑)

『国民の生活が第一党』だって・・・・・。
極まった感じだなーーーーーーーぁ。
私のような政治に一切興味なし男に、こうして興味を持たせるとは大したものだ。

私たち周辺の常識に、「社長、がんばります!!」とか「御社のために力を尽くします」などという者はダメな奴の典型だ・・というのがある。
こういうことを知らない人は、「どうして?」と思うかもしれないけれど、ここで説明してても仕方ないので、ここでは、この件については論理的に説明が可能とだけ言い放っておく。

そして、そういう常識を持ち合わせている私たちには、「国民のため」という言葉はいつも空虚に聞こえているわけだけど、それを党名にしてしまうのだから、すごいわ・・・・・・・・・。

mustをcanできないで今日まで過ごしてきた小沢君に相応しい党名だと思うね。

2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページトップヘ