月別: 2012年6月
【TAROの日記】

2012/06/29(金) 08:26

本日の梅ちゃん先生

本日のNHK朝ドラは、「医者は、そこにいるだけでいい」みたいな言葉が提出され、そこから話の展開を予感させて終わった。

この言葉自体は、前にも世良正則がどこかで言っている。そして、映画『ディア・ドクター』の問題提起につながっていく予感はいろいろな回にセットされているわけだけど、これを単にドラマの展開とだけ見ることができない。朝ドラごときだが、かなり深いことを含んでいるぞ・・と思うのだった。

ところで、医療ばかりではなく、仕事の周辺でも、この「そこにいるだけ・・」という価値はほとんど崩壊している。
昔は、人との出会いで、「あの人は人物だな~」という言葉があったけれど、今ではそんな経験は皆無。いったいぜんたいどうしちゃんたんでしょ・・である。
まー、自分のことを棚に上げて、こういうことを言うのは卑怯なうえに、ワタクシももう50歳なのだから「もう少し大人になりなさいよ!」ってもう一人の自分が言っていたりするわけだから、さらに考えてしまう・・。

すでに日本人が失ったものが明々白々になっている・・というのに、むしろ理屈が闊歩している景色には、ほとほとうんざりしているわけだけど、それでも後の人生、どれだけ出会いがあるかね。そこに対する期待がなかったら、やっぱり生きてはいけないしな~。

朝から梅ちゃんを見て、そんなことを考えるのだった・・。

【苦しめTAROお仕事LIVE】

2012/06/28(木) 08:27

つまらないことを・・

仕事で酒を飲む。
酔っ払った意識で、タクシーに乗ると、アイデアが次々浮かぶ。
「俺は天才か!」と思う。

家についても調子がよくて、とんでもないアイデアが浮かぶ。
「本当に、天才か!」と思う。

ご想像通りで、その天才の仕事は、本日、一つも思いだせない。

イライラしたくないので、昨日のことは忘れようとする・・けれど、悔しくて悔しくて、どうしても考えてしまう。

でぇ、ここにもこうやって書いている。

んーーーー、腹立つは・・。

ついでに、朝、メールでスタッフから報告一本。

読みながら、「つまらない人間は、つまらないことをするなー」と思った。

つまらない人間の先は見えているので、どうでもいいのだが、そういうことに遭遇するのはやはり嫌だ。
つまらん奴は、つまらん所で、つまらん奴同士で勝手にやっていればいい・・と思う。
まー、しかし、世間様を歩いていれば、たまに遭遇はある。これも仕方がない。

でぇ、そんなことを考えるのもつまらんことで、昨日のアイデアを思い出そうとするのもつまらないことなので、無駄はやめた。

二日酔いだけは、消えないな・・。困った。

【TAROの日記】

2012/06/27(水) 08:38

強迫行為と運動

夜の田舎のジムに行く。
ふらーーーーっと言ったみたのだけど、夜中にジムに行くことがない私には、異様な光景が待っていた。

一言で言うと、イライラするほど人が多い。
あまりのざわつき感に帰りたくなるけれど、せっかくきたので、フラフラと柔軟などをすることにする。

スタジオでは、大量の人がダンスで汗をかき、ランニングマシンはいっぱいだ。
筋肉オタク系の人が数人、黙々と重いものを持っている。

難民収容所で、一人ひとりが勝手なことをしているような感じだ。

私は、柔軟をしながら、自分を棚に上げて思った。
「この人たちはどうして運動をしているのだろう?」

すぐに浮かんだのは、”強迫行為”の四文字。
最低限、自分は、そうだ・・と思った。
おそらく、ここにいる多くの人がそうだろう。

自己規制なのか強迫行為なのかの境は難しいが、それによって誰かが儲かっていれば、ほとんどは強迫行為だ。
毎度、毎度の「自己実現」などという感違いは、21世紀の典型的な強迫症だ。そして、人々の自己実現病を利用して儲けている者は多い。

しかし、そんなことを考えていると、「オカモト」という人間自体が強迫症の固まりのようなものだなーと思う。
そして、誰もがそうだろう。

結局、病とされる強迫症とは、他の多くの人の価値観よりもちょっと過剰というだけのこと。
運動しない奴からみれば、運動だって強迫症だし、仕事だってなんだって、みーーーーんな強迫症だ。
そんなわけで、夜の夜中に、病である「わたし」に気付きつつ、「それでも、やめられないよなー」と思うのだった。
だって、そもそも消費だって強迫症みたいなものなのだから、それでいいのだよ。
うちの棚には、強迫症の結果が山ほどあふれている・・・・・・・・・。

【TAROの日記】

2012/06/26(火) 08:32

昨日の件をもう少し考えた

マンガ『モンタージュ』は、そろそろピシャっとやめて欲しいマンガの一つ。
あの手の話は5巻くらいで終わるときれいだと思う。

私は、最近の長いマンガに辟易している人間なので、『モンタージュ』評価にもドライブがかかっているけど、早くきれいにシャープに終わらそうよ!と思っている。

その『モンタージュ』は、3億円事件に絡んだ陰謀が解明されていくという話だ。
そして、物語が進む中で、3億円事件の謀略の噂がさりげなく挿入される。

当時の若者を中心とした「運動」の排除のために、3億円事件をでっちあげ、その解決のためと称して「運動」の弾圧を行った・・というものだ。

これは、時代背景を考えれば荒唐無稽でもない。
現実に、公安は若者の弾圧をジリジリとやっていた。
また、そのためにスケープゴートとされた文化人、ミュージシャンも多い。
日本なんて、ついこの間まで、そんな景色の中にいたのだ。

よくビートルズは若者をノンポリ化するのに使われた・・という話があるけれど、これも笑って否定できないところがあって、田中角栄がサラリーマンに借金させて家を建てさせれば共産党の躍進はない・・と言った・・という話とも同じベクトルにあったと考えることもできる。

そして、そんな風に考えると、若者に給料を出す・・ということも一連の若者骨抜き化計画の中であったと考えてもいいかもしれない。
実際に、団塊の世代は、普通のおじさんサラリーマンへと変貌していった。

・・・・・だから、若者の中に革命機運が起きたら、今の若者差別的な状況は変わるかもしれない。
最近は、核兵器でさえ、個人で作っちゃうような人が現れているのだから、人数が少なくても脅しは可能だろう(ここは笑っておこう。笑)

ってことで、丁稚→単純労働補てん→革命運動予備軍→ホワイトカラー・サラリーマン→バブル勘違い新卒→楽しいフリーター→苦しいフリーター→プア→
といういうような循環の中にあって、再び丁稚・・というところにきていると考えるのはどうだろう?

【TAROの日記】

2012/06/25(月) 08:32

無給というか修行

NHKの朝ドラ見てたら、主人公の梅ちゃんが「まだ無給だ」という会話が出てきた。

あーーー、なるほどーーーーと思った。

先進国では、どこでも若者の就職難が問題になっている。
日本なんて、まだ甘いもので、ヨーロッパ諸国がこの件について悩みだしてからは相当な期間が経っている。

梅ちゃん先生の会話から見えるのは、戦後間もない日本では、仕事のできない(=修行中)人間は無給だったということ。
これは、今の悩みの一番の解決方法だろう。

戦後資本主義経済は、単純労働を大量に必要とした。
そして、この単純労働には、営業職なんかも含まれていた。需要はどんどん拡大するのだから、素人だろうが、数がものを言ったのだ。
そして、若者も短い期間で一人前扱いとなることができた。
あくまでも予測だけど、そんな背景で初任給をもらえるようになった。

しかし、資本主義国から単純作業は確実に減っていった。
私が社会に出た時の初任給は10万円を切っていたが、初給料は、「本当にもらっていいのか?」と自分でも疑問だったし、初ボーナスなんてなおさらそう思った。
ちなみに、学生時代にバイトで毎月16万円稼いでいた男が、10万円を切る給料を「もらっていいのか?」と思ったのだから、その貢献度と初任給のギャップはかなり大きかったといってよい。

そして、資本主義の成熟とともに、さらに単純労働は減っていった。
最早、初任給を払って若者を雇う環境はなくなったのだ。
私が就職した1984年でさえ、そんな感じがあったのだから、今は相当なことになっているというわけだ。
実際、私の経営する会社を見ても、素人の若者が行える下働き的仕事は少ないし、そういう仕事はパートさんがやっている。

でも、昔のように修行ということにしてしまえば、事情は変わる。
うちでも2人くらい雇ってもいい。
それに、単純に無給なんてことにはならない。人には人情がある。
若者もお金が動く現場にいれば、自然にお金がもらえる状況になっていくはずだ。
そもそも、飲み食いだけでもタダになるのは間違いない。

・・・・老人ギャップも若者ギャップも、戦前に戻ればいい。
それだけだ。
もちろん、そんな単純思考ではどうにもならないのが世の中。
・・だけど、こんな思考の端っこに解決策があるんだろうね。これもいつものことだ。

2012年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページトップヘ