月別: 2012年5月
【TAROの日記】

2012/05/30(水) 08:26

本屋にて

先週、国立演芸場の近くの本屋に入った。
考えてみると、久しぶりの本屋である。

前日には、タワーレコード渋谷店に久しぶりに入った。
それは、それは久しぶりのタワレコである。

私は、いつの間に、これほどに、本屋やCD屋に行かなくなったのか・・と驚いた。
「いつの間にか・・」というのは怖いものだ。

amazonというネット上の怪物のおかげで、ずいぶん、私の習慣は変わっていた(本屋なしでは生きられなかったはずなのに・・)。
ここについては、またどこかで考えたいのだが、そんなことを考える前に驚いちゃうことがあった。

入った本屋では、まずは、自然科学の本が並んでいた。
これが、ワクワクしちゃうくらいの棚で、私は瞬時に3冊の本に目がいった。
そして、「やっぱり、本屋には来なきゃいけない・・」と思うのだった。

この本屋の棚は良い・・と直感した私は、いろんなところを巡った。
そして、最後に、ビジネス書のコーナーへ。

驚いた。
ここだけ別世界なのだ。
一言で言うと、カスなのだ。

カスの山の中で、有名女性評論家の顔出し本が目に入った。
タイトルだけで、カスとわかる数々の本の中で、この本の帯が鳥頭さんだったので、思わず手にしてしまった。
そして、前書きを立ち読み。
実は、この人の本は初めて読んだのだが、なんだ、この本は・・・・・・・・。

ビジネス書はどういうことになってしまっているのか?
いつからビジネス書が自己愛の表出の手段と詐欺、シロウト理論の坩堝になったのかはわからない。
それにしても落ちるだけ落ちている・・・・・・だな。

でも、これが日本の部分であり、全体だ。
世の中の構造そのものだ。

私が感動した自然科学の棚は、考えてみると翻訳本ばかりだった。
渡辺昇一の『知的生活の方法』で、知的生活の大衆化がはじまったと私は思っているのだが、そのなれの果てってのは凄かったんだな。
私が好きだった心ある出版社の最近のラインもおかしくなっているし・・。

本なんて、5000冊売れればいいのだ。みんなが大振りをやめない限り、改善はないな。

【TAROの日記】

2012/05/29(火) 08:23

精神科医と”おみくじ”

昨日、精神科医を仕事とする人の本を2冊読んだ。

1冊は、告発本。
精神科医の診断は99%が誤診だ!と言う、「そんなこと知っているよ」という本(でも、精神科医が自分で言うのは意味がある)

もう一冊は、一連の素人でも本出せますよ!ブームから出版コンサルタントという仕事の人にお布施を与えて出したらしい本。あ、そんなことはどうでもいい。肝心なのは内容。んー、お布施本だけあって、自己満足な本(私も人のことなど言えないが・・)。

たまたま精神科医2連チャンだったが、この2冊を読んでわかることは、この2人の精神科医には時間がなかった。または、素人向けにあえて簡単に書いた。または、精神科医なんてのは、著者自身が言うくらいに何も知らない・・のどれかだということ。

私は、あまりの内容のお粗末さに、読むのが楽で良かったが、いったいぜんたい専門家という人って本当に専門家なのか?と思ったりもした。

けど・・・。考えてみれば、税理士のセカンドオピニオンなんてことを仕事でやっている関係上、「しんじられなーーい!」という税理士の仕事はたくさん見ているし、稼ぐ人は長い財布を使う・・などというくだらない一般化をしている税理士の本を本屋で発見して驚いたりもしているので、別に最早びっくりすることでもない・・と気持ちを落ち着ける。

でぇ、世の中の専門家にお願いがある。
「私は本物です」という人は、金額を法外に上げて欲しい(自己申告でよい)。
そうしないと専門外の分野では判断がつかない。

“おまじない”レベルの専門家には、おみくじ並みの料金で、
ちゃんとした専門家には、サービスに見合った(高い)料金を・・・。

ところで、机の上に、上記2人以外のもう一人の精神科医の本がある。
んー、まだ数ページしか読んでいないのだけれど、レベルが天と地。
どうして、こういう人の本が上記2冊と同レベルの価格なのだ!!

今の資本主義は、あまり価格機能が働いていない。お買い得とゴミがグジャグジャだ。
このままでは、悪貨が良貨を駆逐してしまうな〜。
旦那制度の復活しかないではないか・・。

【TAROの日記】

2012/05/28(月) 08:37

あらためて、反復・・ということ

やーーーーーーっと帰ってきた。
5月は、ほとんど家にいない。
明後日には、再び東京である。

なんだか、いつも似たようなことを言っているけれど、この怒濤のような仕事の反復の中で、微妙な変化はある。

一言で言うと、とても疲れる・・ということ。
マラソンの途中で息が上がりそうになるような現象が時々起こる。
マラソンのように、そこから復活してゴールとなるならいいけれど、仕事ではそのまま疲れてゴール。そして、バタンキュー。

頭の回転も確実に遅くなっているようで、移動時間の仕事がまったくできない。
やってはみるものの頭が働かないのだった。

・・・と書いていると、晩年の談志家元のマンマだな。
高座に上がると、彼はグチからはじめた。
睡眠薬をビールで飲む話を毎回聞かされながら、別に、「毎回同じ話するなよ・・」と思うこともなかったな。

しかし、このブログで同じ事をやっているのはひんしゅくものだろう。いくら読んでいる人は少ないとはいえ、それでもアップしているのだから、誰かが読んでいる。
ところが、書くことなんて似たようなことになる。
その理由は、簡単で、こういうものを書くのは一人作業だから。ここがセミナーなどとは違う。
私のセミナーは同じタイトルでも内容がかなりかわる。それは、参加者が違うから。そして、その環境の違いが私の中に変化を起こし、毎々、底流に流れるテーマが変わる。
「そんなんでいいのか」という意見もあるとは思うが、私にはそれしかできないし、それが誠意だと思っている。

ところが、こういうところでの独り言では、そういうことは起きない。
そして、晩年の談志みたいな枕話とあいなる。

まー、昨年行った『なんちゃって自己啓発セミナー』でも、テーマの一つにしたように、私たちは、ロボットみたいなものだ
誰かにプログラムされたままに、周期的に動く。そんな存在でしかない。
ここら辺のことは、押井守は映画『イノセンス』で、そして長塚圭史は舞台『アンチクロックズドワンダーランド』で挑戦したテーマだ。

ただ、彼らがそのテーマで入れ込まなかったことがあると思う。
それは、私たちには、アンインストールをする余地があるということ。
ここも、『なんちゃって自己啓発セミナー』のテーマの一つだった。
実は、インストールよりもアンインストールの方が重要なのだ。

晩年のオカモトというのが存在するとすれば、そのオカモトの作業は、そこだろう。
もちろん、今までも意識的だったけれど、それがさらに意識化されることは間違いない。

アンインストールには、時間という要素がかなり大きな要素になる。
時間と意志が変数と言い切っても良いか?

しかし、昨日は、疲れてフニャフニャしていたら、結局、酒を飲んでしまった。
どうしても、インストールが優先するのは性だな~。
ここんところもアンインストールしないとね。

【TAROの日記】

2012/05/15(火) 08:46

不思議な楽観

今日から、合宿セミナーのために軽井沢入り。
来週も全部東京だから、今月は新潟にほとんどいられない。

昨年の3月11日を思い出す。
あの時も、軽井沢でセミナーをやっていた。
日本は、あの時を境に本当に変わってしまったんだな〜と感慨深く思う。

同時に、街などの定点観測をしていると、テレビなどの悲観的な報道とは次元の違う
厚くて深い日本人のパワーみたいなものを感じる。

10年前と比べてみてもいい。
例えば、渋谷の街や新幹線の車両あたりを比べるので十分だ。
何かが違うはずだ。

それを考えると、何が起きているのだろう?と思う。
過去の日本人の作った構造に乗っかってるだけなのか?
それとも、新しい動きのなのか?
全然、そんなことと違う何かが起きているのか?

ただ、感じるのは悪い方向にはないという感じ。
むしろ、良き方向。
まだ、観察を続けるしかないけど、自分の中に不思議な楽観が芽生えている。

政治はサイテーだし、大企業もダメなのに、なぜかな−?

追記
明日より来週末まで、再び、ブログは沈黙します。

【TAROの日記】

2012/05/14(月) 07:54

睡眠預金2

自分でも「おかしいな−」と思いつつ、”休眠口座”を”睡眠預金”などと書いていた。
最早、サラリーマン時代は遠いのだな〜と思った。
そういえば、最近は、実務がないので、手形や小切手の知識、金融法務などの知識もあやふやである。

昨日の出張帰りに新幹線の中で、サラリーマン時代に働いた部署のことを思い出していたのだけど、働いていた部署の記憶があまりない。
「オレって、どこで働いていたのだ?」と思いつつ、意外な人のことを思い出したりもして、人の記憶というのは、筋道立てて思い出すことができないことをあらためて痛感する。

あのオレの過去は、最早、どこにもないのだ・・・・と思いつつ、しかし、そのどこにもないものに自分のリソースがあるという・・事実に、人という存在の面白さを感じたりするのだった。
まー、人もカゲロウみたいなものなんだな。

しかし、カゲロウではないから、リソースの確認が必要だ。
あやふやなものが自分のアイデンティティの元ということは、アイデンティティなんてどうでもいい・・ということとマメに確認しなきゃいけないよ・・という2つの矛盾した狭間で、どっちでも選べるようになっている。つまり、人は、そもそもがとっても自由な存在なのだ・・ってことになっている。

ところが、人は何かすがるものがないと不安だ。
だから、過去にすがる。あやふやでも過去は過去、リソースはリソース。
まー、それも自由だから、どうでもいいけど、そこんとこの微調整が人生を決めてるのだろうなー。

“休眠口座”を”睡眠預金”と言ってしまう私のそこら辺の過去は、今の私にはどうでもいいのだ。
それでも、私のリソースだから、私のご都合主義は、そこを利用するときもある。
しかし、使えるリソース(過去)は増えるけど、使える時間は減っていく。
今は、ちょうどその均衡点なんだろうな。
そこは、十分に利用しないといけないね。

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページトップヘ